« 「エリザベート」9/26マチネ 内野トート | Main | 肌の調子を良くしてくれたビタミン剤 »

2005.10.04

「エリザベート」9/28マチネ 山口トート

9月28日 帝国劇場 マチネ観劇 S席1階M列下手

エリザベート:一路真輝 トート:山口祐一郎   フランツ:鈴木綜馬
ルドルフ:井上芳雄   少年ルドルフ:苫篠和馬

そう言えば今回の公演から舞台セットの電飾がすっかり無くなりました。頭が痛くなりそうで好きじゃなかったので良かったです。

山口トートの髪型がかわいい!両耳のあたりで切りそろえられたサイドの髪がキュートです。(笑)この日、一幕の結婚式のシーンで、表情が変だったのです。ずっと目を伏せたままで、エリザベートの方を見ていなかった・・・。

最後のダンスで階段の上から登場してきた時なんて、顔中ピカピカと光ってて、私なんてオペラグラスで見てたのだけれど、口の周りまで光っているからお化粧のラメが付いているのかと思っちゃいました。(><)(笑)実は、体調が悪くて大汗かいてたみたいなんです。幕間はこの話題で持ちきりでした。「最後のダンス」も歌いだしは少し遅れたように思えたけれど、しっかり歌ってたし、2幕ではすっかり復活してたみたいでほっとしました。

山口さん、スケジュールがハードすぎです。休みが全然無いのですから・・。こういう舞台を見ちゃうと、ちょっと心配になってしまいます。(;;)

井上ルドルフとの「闇が広がる」は本当に素晴らしくて、ショーストップ状態でした。井上君と山口さんの美しいシルエットには、本当にうっとりです。足長いな~手長いな~顔小さいな~(井上君)なんて感心しちゃいます。(笑)

私は山口さんのぴったりとした皮のパンツが、足の長さを強調してて好きなのですが(笑)「ママ、何処なの?」で、チビルド君と一緒に大きな本のセットに座っている時の角度の足が好きです。(マニアックすぎ)本当に少女漫画の世界から抜け出てきたような世界ですね~、エリザベートは!

トートダンサーズに上着を剥ぎ取られて、白いシャツになって、心臓部分を抜き取られる振りのある「マイヤーリンク」。不気味で美しくて井上ルドルフ本当に素敵・・。今回のエリザベートでは、1幕の「ミルク」や「結婚式」のシーンに出ていないので、踊りまくる井上君を見れなかったのは残念だなあと思いましたけれど、東京まで見に行けて本当に幸せでした。

カーテンコールで、一路さんに左手を持たれて、頭をぶつ真似をされていた山口さん。見ている方も、心配しましたよ~。本当に、途中でトートが変わったらどうしようかと思いましたもの。でもちゃんと最後まで素敵な声を聞かせてもらえてほっとしました。

|

« 「エリザベート」9/26マチネ 内野トート | Main | 肌の調子を良くしてくれたビタミン剤 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「エリザベート」9/28マチネ 山口トート:

« 「エリザベート」9/26マチネ 内野トート | Main | 肌の調子を良くしてくれたビタミン剤 »