« October 28, 2005 | Main | November 2, 2005 »

October 31, 2005

2005.10.31

名古屋名物「ひつまぶし」

hitu昨日の名古屋遠征はとても楽しかったです!名古屋に行くのはエリザベート再演の2002年の時以来。あの時は「天むす」を食べたのすが、昨日は「ひつまぶし」を食べました。ちゃんとした「ひつまぶし」を食べたのは初めて。有名店に行ってみようということで、松坂屋の上にある「あつた蓬莱軒」に行ったのですが、開店前から何十人と並んでいてびっくり。でもお店も広くて、開店と同時に入れました。「ひつまぶし」はとっても美味しかったです!

もともとうなぎが大好きなのですが、ちょっと焦がした香ばしさと、甘すぎないタレの絡み具合が絶品。海苔、わさび、青ネギの薬味を添えて、出汁をかける食べ方も美味しかった~。

ごはんのボリュームも満点で、その後の観劇では眠気が襲ってしまいました。美味しい物食べてから観劇っていうのも、ちょっと考え物ですね。(苦笑)見てから食べたほうが良かったかも?(^^;)

食べ終わって外に出ても、まだまだ外には大勢の人が並んでいました。凄いです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

モーツァルト!10/30(マチネ)観劇(中日劇場)名古屋楽

10月30日(日)PM12時開演 中日劇場(名古屋) 1階S席8列センター

ヴォルフガング/井上芳雄  レオポルト/市村正親 
コロレド大司教/山口祐一郎  コンスタンツェ/大塚ちひろ
ナンネール/高橋由美子  ヴァルトシュテッテン男爵夫人/一路真輝
シカネーダー/吉野圭吾  セシリア・ウェーバー/阿知波悟美 
アルコ伯爵/花王おさむ  アマデ/伊藤渚

名古屋モーツァルト!の千秋楽に行ってきました。一路男爵婦人と、大塚コンスが見たいがために・・・(笑)カンパニー全体も熱く燃えていて、完成度上がってました。井上ヴォルフももちろん熱かった!!

お目当てだった一路男爵夫人、想像していた以上に存在感があり、重々しい雰囲気でした。そして厳しい。「星から降る金」の歌声は素晴らしかったのだけれど、なぜか泣けなかったのです・・・。大阪や東京で見ていた時はこの場面は絶対泣けるところだったのだけれど、シーン全体が、威圧感に溢れていてなんだか市村パパが気の毒になる感じになってしまって。男爵夫人に関しては、一路さんはちょっとはまっていないような気がしました。歌が安心して聞けるのは嬉しいのですが~。(><)現実離れした暖かい雰囲気は久世さん、歌で泣かせてくれるのは香寿さんかなあ・・。

もう1人のお目当て、大塚ちひろコンス。若くてはちきれそうな感じが一幕ではまあまあに思えたのですけれど、2幕のコンスのソロなどは終始「怒って怒って怒りまくっている~」という感じで、あんまり繊細な女心を感じることは出来ませんでした。でも、歌はなかなか上手に歌えていたような感じだし、なによりあの若さは抜群ですね!若いっていいわ~と素直に思えてしまったのでした。(^^;)

どうも初演の最初で見てしまった松たかこコンスのイメージが強烈すぎて、松コンスと他を比べてしまう。最初のキャストを超えるのは、なかなか大変なんでしょうね。コンス自体、とても難しいキャラクターだと思うし、歌も難しそうです。大変なんだろうなあ・・演じる方は。

山口コロレド大司教さまは・・・トイレのシーンの前、馬車で揺られている時に客席に向かって両手を振っていました。これって、名古屋バージョン?なんだかかわいいんですけれど、あそこからもう遊びに入ってる~と苦笑してしまった。(笑)トイレに行くモジモジシーンは両足を擦り合わせて大変そうでした。

ヴォルフに鬘を投げつけられて、今までなら「追い出せ、蹴飛ばしてな!」と激昂してたのに、そこのシーンはなんだか淡々とクールなセリフになっていて、ちょっと物足りなかったのでした。

そうそう「ちょっぴりおつむに・・」のところでは「シカネーダ」は「シラネーダ」になっていました!吉野さんったらお茶目・・・(笑)千秋楽バージョンなのでしょうか~?井上君と吉野さんがなんだかラブラブみたいにじゃれているのが微笑ましかったです。

井上ヴォルフもますます演技に凄みが出ていて、汗を飛ばしまくって踊ったり歌ったり。ヴォルフの井上君はやっぱり好きです。(*^^*)

他に気づいたところ・・ナンネールの由美子ちゃんの最初の登場のところの衣装が、豪華になっていました。色使いとかは同じなんだけれど、細かいお花模様などが入ってて、より一層可愛らしくなっていた!フランス人形のような由美子ちゃんかわいかったです。

これでモーツァルト!は見納め。博多には行かないのですけれど、全部のキャストが見れて幸せです。(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« October 28, 2005 | Main | November 2, 2005 »