« September 30, 2005 | Main | October 4, 2005 »

October 3, 2005

2005.10.03

「愛情という名の支配」

「愛情という名の支配」信田さよ子 海竜社

数日前、図書館で見つけて一気に読んでしまった本。私の事が書かれているのかと思われる部分ばかりで、まさに私はAC(アダルドチルドレン)だったのだなあ・・と納得しました。

去年夫との関係が冷たいものになり、追い詰められて、ずっと感じてきた自分自身の親との関係にあった重苦しさを認識し、親子関係に問題があったことを指摘されて考えてきました。カウンセラーの所に通って心理学的なアプローチを受けたのではなく、スピリチュアル的な視点からアドバイスを受けたり、自分で精神世界系の本を読んだりしてきました。この夏、1つの区切りをつけたような気持ちになっていましたが、このカウンセラーの方の書いた本を読んで、「親の愛情を苦しく思っていた自分」を100%肯定することが出来ました。「あなたのためだ、お前のためを思って」と常に言い続けられることで、支配されつづけてきた私の生い立ち。共依存的な支配でもありそれは「自分という物を持たないで他者の世話をする、他者を正しく導くということに、自分の存在を見出して行く人たちのことで、常にその背後にあるのは『正論』という言葉です。」(P121)には、我が意を得たり、の思いでした。

今から10年ぐらい前の読んだ本の中で「子供は親のことを『彼は』『彼女は』と第三者の目で語れるようにならないといけない」というような内容に行き当たり、その時は本当に、親のこと、特に母親のことは自分自身のことのように感じられ『彼女』なんて言えないと、強く思ったことを覚えています。でもこの本の中にも「親を『まあ、可哀相なおばあさんだわ』とか、『あの人もああやって死ぬんだわ』とか思えれば、それがACからの回復である。1人の人間として見られることが出来れば、親は自分の日常生活の中のごく一部になる。強大だった親がどんどん縮小していって、ごく小さい存在になっていく。つまり親と自分のドラマの間に境目ができて、道がすーっと分かれていく。そして過去の親からされた、辛い苦しい記憶が、自分が楽になる生育過程の中にただの過去の点になるということ、これが回復である」(P140要約)とありました。

子供を支配するのは、夫婦の関係が上手くいっていないから。夫との関係を改善するのには「私はこう思う」「私はこう感じる」のように「私」を主語にして相手と語ること、これこそが大切だと筆者は言います。「相手を変えようとしない」ことが大切で「相手にイエス」と言わせようとする言葉は支配であり、コントロールの言葉なのです。

読みながら、声を出して泣かずにはいられない箇所もありました。「親から離れていい。ACだと思うとしたら、人がどう思おうと、それはACである」というような言葉にも救われました。ずっと苦しんでいたことに、やっと世間的な説明がついた気がします。「親孝行しなくては」「親を支えなくては」と苦しんでいる人が沢山いる、との箇所に、私だけじゃないんだなあ・・とつくづく感じることが出来ました。

ずっと親の支配から逃れられずに生きてきたから、今やっと自分なりに何かをしよう、と決意しているのに「何がしたいのかわからない」状態になって頭をかかえて苦しんでいる今の私。これにもすっきりと説明が付きました。「何をしたいか」ではなく「何がいやか」でスタートしたらいいとか・・。

親との関係で悩んでいる人、夫との関係で悩んでいる人、子育てで悩んでいる人、もしかしたらこの本の中に、答えを見つけることが出来るかもしれません。

そうそうこの本に先立ち「“It”(それ)と呼ばれた子」を読みました。壮絶な虐待のシーンに心を痛め、精神的にも追い詰められて辛い思いをしている子供は、沢山いるんだろうなあ・・と支配から逃れられなかった自分自身を思いました。親を介護する時になって、体の自由の利かない親に虐待する人もいると聞くと、そうなる前に自分自身の問題として、納得して消化できたことは本当に良かったと思います。この時期にこの本を読むことが出来て本当に良かったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« September 30, 2005 | Main | October 4, 2005 »