« 強い意志を育てる | Main | 熊野古道と那智勝浦、玉置神社へ »

2005.09.07

朝起きたらヤモリが・・

yamori1昨日起床してすぐ、我が家でヤモリと対面!台風が接近してきたので逃げてきたのでしょうか?3階なのに・・(笑)

虫を食べてくれたりして、「家を守る」意味の「ヤモリ」らしいけれど、家の中にずっといてもらうのはちょっと怖い・・。(><)夫にベランダに追い詰めて外に出てもらいました。

yamori実はバリに旅行した時、2回ともヤモリの置物を買ってきてきて今も飾ってあるのです。バリのホテルの外の壁などには沢山ヤモリが張り付いてて、夜になるとクルクルクル・・・かな?と鳴いていました。なんだかその姿がかわいくて好きだったのです。でもなあ・・実際一緒に住むのはなあ・・やっぱり寝ていてゴソゴソ近くに来たら怖いもの・・(^^;)

上の写真、小さなのが本物のヤモリ、右下のは置物を一緒に写しいれてみました。

|
|

« 強い意志を育てる | Main | 熊野古道と那智勝浦、玉置神社へ »

Comments

うちにもバリ島で買った木製ヤモリがあります!
現地ではカワイイのに、やっぱり自宅にいるのは・・・ちょっとね(^^;)
夫の実家でお風呂に入っていると、窓にピタッとくっついていました。
東京では見かけないけど、関西では多いのかな?
バリ島という言葉を見ただけで、行きたくなっちゃった!

※BlogListありがとう~(^^)

Posted by: サザエさん改め、あま姐  | 2005.09.07 at 01:46 PM

こにゃにゃちは  こちらは今すごい風です。いつもはズボンなのに今日に限ってインド綿のスカートをはいていったから大変。自転車が慣れているからどうにか帰ってこれたけど。ハアハア   関東でもやもり出てます!隣の家の外壁にいたの。一瞬、お隣って庭になにも植えていないけどお金持ちなのかな~と思っちゃった。やもり=お金持ちってことはないかな?うちではバッタも蛾も蜘蛛もハエもそのまんまです。寿命が短いので。でもバッタは10日ぐらいいろんなところでご対面したので逃がしてあげたよ。 Sちゃん観葉植物の育て方うまいね~ ヤオは庭もかなりナチュラルすぎる。紫の朝顔がまだ毎日3,4個咲いているのがきれい。  これからゆっくりお料理するよー   ばいなら

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.09.07 at 04:54 PM

ご無沙汰してますm(__)m

ヤモリ・・・かわゆいじゃないいいいい!!
吸盤のような(?)手で「ペトッ」と窓にくっついている姿が
いじらしいっちゅーか、何っちゅーか。

超田舎住まいなので虫や爬虫類は
そこらかしこにいるんですが、その中でもヤモリちゃんラヴ(笑)

Posted by: 知姫 | 2005.09.07 at 07:27 PM

うちにもいます、ヤモリちゃん♪
玄関の窓に張りついてます。知姫さんの言うように、裏から見るとかわいいんですよね。
ちなみにうちの猫は、ヤモリを友達と思ってるのか、何時間でもじっと眺めています。。。
バリのヤモリより、日本のほうが小さいですよね。

Posted by: メイ | 2005.09.07 at 10:56 PM

>あま姐さん
バリに行きたいよね~ヤモリ、東京では私も見なかったから
宝塚は田舎だよね。田舎というより自然が沢山残ってて嬉しいのです。
落ち着くわ~

>ヤオちゃん
ヤモリや害虫を食べてくれるから、益虫だけれど
お金持ちになれるという話は聞いたことがない~(笑)
逃がさないでおけばよかったかしら。(笑)
さっき社宅のお掃除してたら、大きなカマキリに会いました!

>知姫さん
お久しぶりです!裏から見るとかわいい?
そっか~この間小さなカエルをガラス越しに見たら、手がかわいかった!
からそんな感じなんですね。ヤモリ、夫は逃がしたくなかったらしくて。
今度あったら一緒に住もうかと思ってます。(笑)

>メイさん
そうなの?メイさんちでは玄関で飼っているのね~(笑)
ネコちゃんはいたずらしないのかしら・・。
友達だと思っているなんて、かわいいわ~。

Posted by: shiko | 2005.09.11 at 12:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/5826462

Listed below are links to weblogs that reference 朝起きたらヤモリが・・:

« 強い意志を育てる | Main | 熊野古道と那智勝浦、玉置神社へ »