« 心が軽くなったこと | Main | サダハルアオキのケーキ »

2005.09.23

ランディさんのブログ

今日のいいこと!
★愛読していた田口ランディさんのブログを再発見したこと!

ずっと愛読していたのに、最近リンクが切れてしまって、どうしたんだろう?ランディさん、旅行から帰られて体調不良に陥ってるのかしら?とか勝手に心配してました。(^^;)公式HPから探してみたら、エキサイトの方に引越しされていただけみたいで・・良かった~。

新しいランディさんのブログ
不眠に悩むコヨーテ
http://bluecoyote.exblog.jp/

|
|

« 心が軽くなったこと | Main | サダハルアオキのケーキ »

Comments

はあい ランディさんもベトナムの本を書いているけど、ニャオ、ベトナムも行ってみたいんだ~。LOHASだから。有元葉子さんの料理の本の中のおしゃべりも魅力的でますます行きたくなったんだ。実現はいつになるやら・・     (関係ない話だけど聞いて!)先日、S大学経済学部の市民講座で聴いたことなんだけど、日本の人口は2005年の歴史の中で初めて2010年から減少するんだって。その後2030~2050の20年間では2000万人も減少、高度成長期に増加した分ぐらい減少すると統計局で推計されていて。人口の減少によって郡部から市部に移動し続けた人口の歴史も変わり、市部において人口が増えるところと減るところの格差が大きくなる。人口の減る街をいかにお金をかけないでゴーストタウンにしないかとか、日本は地主が中心になって街をつくってきたけれど今後は住みたいところへ住めるお金持ちがポンと引っ越してくるようになるので自治において地主の役割を存続させる方策が必要になるとか・・<今後はもっと皆に日本はそういう局面にあることを認識して何でもやってほしい~> って説いていたんだよね。   そこでニャオはSちゃんが「今何をするか」って言っていたように、まだ人生折り返し点にいっていないとしてあせらずいろんなことを考えめぐらすことにしたんです。日々実行するをモットーに。  今日は田舎スーパーで買ってきた石川県産の刺身用サザエを焼いたらおいしかったー!やるな田舎スーパー  京料理とは別物だけどね  おやすみ

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.09.23 at 11:55 PM

shiikoさん、お久しぶりです。
田口ランディさんのブログ、やめちゃったのかな?と思っていたので、再発見のお知らせは嬉しいです。ありがとう♪

ちょうど、私も大好きだった長い付き合いの友達の最近の言動に悩んでいたので、ランディさんの言葉が胸に迫りました。

> もう悲しくて具合がますます悪くなって、寝込むほどだったのだが、とにかく執着を捨てたのだ。傷口がひりひりするが多くの関係への執着を捨てたのだ。

ここまでの思いをしても、執着は捨てるべきなのか。

>不思議だ。人生はなんて神秘的なんだろう。手放さなければ得られない。自分の両手が執着した関係で手いっぱいのときは、新しいものはなにもつかめなかったのに、手放したとたん、どんどん向こうからやってくる。
 偶然なのか、必然なのか。
 いま、だんだんと世界が違って見える。なんだか呼吸しやすい。
 生きてるってすごいことだ。こういうことってやっぱりあるんだ。


長く続いた関係を断ち切る勇気がなかなか出ない私ですが、そうすることで新しい世界が目の前に広がるのですね。つらいけど、前に進む時期が来たのかな、と思うことができました。

Posted by: 野ばら | 2005.09.25 at 12:34 PM

すっかりレス遅くなってしまいました。(><)

>ヤオちゃん
私もベトナムに行きたいなあ~っていつも思っています。ベトナムでいきたいのはハロン湾。風景写真みたいな美しい景色を期待しているの。そうそう人生に折り返し点なんて存在しないと思うよ?日々成長するのみ。そりゃあ体力的にも脳みそ的にも外見的にも、衰える部分はあるけれど、人間として生きる上での1番大切なことを心に留めて生きていけば、退化して行く部分なんて怖くないよね。心の持ち方、発する言葉、身近な人と穏やかに暮らすこと、なんてことが1番大切なんだからねえ・・。サザエのつぼ焼き食べたいです。(じゅるっ)


>野ばらさん
ランディさんのブログの中に、胸に迫る言葉を見つけられて良かったですね・・・(^^)

>>長く続いた関係を断ち切る勇気がなかなか出ない私ですが、
>>そうすることで新しい世界が目の前に広がるのですね。
>>つらいけど、前に進む時期が来たのかな、と思うことができました。
そうでしたか・・・
断ち切ることって、凄く勇気がいるし、エネルギーが要りますよね。
でもそうすることが自分の心の正直な気持なら、それを実行することは自分にとって、そして相手の人にとっても良い方向への流れだと思います。
正直な自分の気持に気づけて、良かったですね!

Posted by: shiiko | 2005.09.29 at 05:28 PM

はあい あんまりお留守で心配しちゃったよ~ でもすごく遊んでいたんだねー 気候もいいときだしよかったね。劇見る人って変だけどいい人っていろんなところで見たけどそういう仲間がいていいね。 やっぱり折り返し点なんてないかもね。北斎なんて年取るほど抜群にセンスよく色鮮やかになるもの。長生きしたから絵具がよくなったのかな?でも色って波長が出ているから70、80歳になっても感受性が衰えてなかったってことなんだよね  うっとりするからだ  ニャオ

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.09.29 at 06:53 PM

>ヤオちゃん
心配してくれてありがとう。本当に楽しかったよ。
「劇を見る人は変」というのは偏見だよ。
常識的な人も劇を見るんだよ。
このブログは、大勢の観劇ファンの友人達も見てくれているから
私を含め、読んだ人の気分を害するようなカキコは控えてね。

Posted by: shiiko | 2005.09.30 at 03:16 PM

ゴメンね カキコ  いい人のほうを強調します! おなかがすいたけど寝ますよZ~  今日、中華ランチを食べたんだけどテンメンジャンていうのかなあ。黒い発酵した豆の調味料和えの白身魚を食べたらおいしくて元気が出たんだよね  ムニャムニャ

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.09.30 at 11:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/6078548

Listed below are links to weblogs that reference ランディさんのブログ:

« 心が軽くなったこと | Main | サダハルアオキのケーキ »