« 丹後半島、伊根浦の舟屋と天橋立 | Main | 心が軽くなったこと »

2005.09.22

京都で粟餅&町屋でお昼

awa先日の連休最後の日は京都に行きました。友人の最大の目的は「北野天満宮」「広隆寺」と「北野天満宮前の粟餅」を食べること。この粟餅のこと、私は全然知らなかったのですけれど、12代続いている「粟餅処 澤屋」というお店でした。店内でつきたてのフワフワで温かいお餅をほおばっていると、後から後から地元の人が買い求めに来ていて人気のお菓子なんだなあ・・と実感。でも持ち帰るより、お店で出来たてを食べたほうが、断然美味しいと思います。粟の食感が香ばしくて美味しかった~。

お餅を食べてから広隆寺を回り、お昼はどうしようかなあ・・と思案して思いついたのは新町にある「くろちく」が経営しているおばんざいのお店「百足屋」。町屋ブームの先駆けとして有名な「くろちく」は今では京都のあちこちにお店を出しているようだけれど、この新町の店は落ち着いた雰囲気で、女性好みのメニューが良い感じです。百足屋弁当(3,150円)を頂きました。

mukademukade2mukade3

新町通りから六角堂に寄って、三条通をぶらぶらし「よーじや」でお買い物。お風呂で使うボディタオルが欲しかったので「和紙たおる」を買ってみました。和紙?タオル?と半信半疑だったけれど、使ってみたら適度な肌への摩擦の感触が気持ち良くて、お気に入り。もちろん水にも溶けないし、長く使えそうだし、良い感じです。買って良かった~。

その後イノダでお茶をして、錦市場に寄って帰宅したのでした。今日は乗ろうと思ったバスや電車が、全て殆ど待ち時間ゼロで回ることも出来たのでした!沢山おしゃべりも出来たし、幸せです。ああ、楽しかった!


|
|

« 丹後半島、伊根浦の舟屋と天橋立 | Main | 心が軽くなったこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/6062099

Listed below are links to weblogs that reference 京都で粟餅&町屋でお昼:

« 丹後半島、伊根浦の舟屋と天橋立 | Main | 心が軽くなったこと »