« 帰省で、一区切りつけることが出来ました | Main | モーツァルト!8/7(マチネ)観劇(帝国劇場) »

2005.08.12

新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊

久々の東京めぐりについて、いろいろ書きたい事が一杯あるのだけれど、思いついたことを少しづつ書きたいと思います。

2日目に新宿で、年上の友人二人とランチしたのですが、その時行ったお店が、なかなか良いところでした。新宿伊勢丹会館の「AEN」。夜には行ったことがあるのだけれど、ランチのほうが何となく良かった感じ。奥さま率70%の店内は、落ち着いておしゃべりに没頭できる雰囲気と、美味しいお料理が魅力的。だいたい奥さま比率が高いお店というのは、信頼出来ると思うのです。値段とかサービスとか・・。いやいや、自分が奥さまの分類に入るからかもしれないけれど。(笑)玄米か白米を選んで、尚且つお替りも自由というのもいいですね。もし夫と来たら、お替り自由に喜んでくれそう・・。

伊勢丹地下2階のBPQCも、久しぶりで行ったらアロマ系グッズが増えていて、バリ島の石鹸で有名なMASACOで石鹸を二つ買い求めました。「オレンジライスブラン」と「カナンガ」。「カナンガ」の方はバリの懐かしい香りがして、気持ちがバリに飛んでしまいます。あ~バリに行きたい!
(オレンジ&ライスブラン Orange & Ricebran 石鹸 リンク)

ランチの後は、デパートをぶらぶらしたのですけれど、新宿三越の上に大きなジュンク堂(本屋)が出来ていたのでびっくり。ジュンクって神戸発祥のお店で、池袋では良く利用していたけれど、沢山椅子が置いてあるし見やすいし、店員教育はいいし・・・で大好きな本屋さん。土曜だし人も多かったけれど、ゆっくり本が選べる雰囲気の良いお店です。三宮センター街のお店もいいんですよ!

yuuここで私は新しい本を一冊買いました。藤沢優月さんの「魔法の時間割」。「夢をかなえる人の手帳術」などで有名な藤沢さんの新刊です。見開き左のページに1つのメッセージが書いてあって、右ページにその解説の文章があり、シンプルなのに1つ1つのメッセージが胸に染みるし、どのページを開けて読んでもいいし・・。読みやすくていつも横に置いておきたくなる本です。何ヶ所も付箋を貼ったけれど、今の私自身に贈る言葉を抜書きします。


「心に描かれていることはもうできること」
「やりたい!」と思うことが未来を作るのではなく、心に浮かんだことは、もうできること。だからそれが心にうかび、文字となってあらわれてきたのかも。「心に描かれたこと」をつかまえられて、言葉にできた瞬間に、そこに向かう道はもう用意されているのかもしれません。(中略)心に描かれていることは、もうできること。だから精一杯楽しむ。そう決めると、怖くなっても進めます。
(P72,73)

|
|

« 帰省で、一区切りつけることが出来ました | Main | モーツァルト!8/7(マチネ)観劇(帝国劇場) »

Comments

今度帰ってくるときは私にも声をかけて下さいませ~。
ところで前回の『誰でもピカソ』は、井上くんが出てましたけれど、ご覧になれましたか?
こっちにいらっしゃる間の放送だったかな?
それともずれてしまったかしら?
井上君は相変わらず素敵な笑顔と声でしたよ。

Posted by: tamami | 2005.08.16 at 02:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/5437852

Listed below are links to weblogs that reference 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊:

« 帰省で、一区切りつけることが出来ました | Main | モーツァルト!8/7(マチネ)観劇(帝国劇場) »