« ふわふわさんと、ふわおくさん(ミッフィー展より) | Main | 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 »

2005.08.11

帰省で、一区切りつけることが出来ました

sora久しぶりの上京を満喫して、昨日帰宅しました。

毎日毎日、友人としゃべり、観劇もして、合間に病院に行ったり(胸のシコリを定期的に見せている)夫の実家に行き義父に会ったり、元の職場に顔を出してランチしたりと、大忙しの6日間。朝から晩まで神奈川・東京・埼玉と行ったり来たりしていました。(笑)

今回1番不安で気が重かったのが、実家に泊まるということ。それも3泊も!自分で決めたことなのに不安でした。でも大丈夫ちゃんと乗り越えることが出来ました。昼間はなるべく友人と会ったり用事を入れていて、両親と顔を付き合わせて食事をしたのは数回だったけれど・・。その時間の中で、何度も「・・・・」と嫌な気分になったけど、それも予測できたことでした。

妹も来ていた最初の夜「ここのうなぎは美味しいね、久しぶりで楽しいね」と食事をしていると、何の話の脈絡からか突然父が「どうせ、老人二人はそのうち布団の上でくたばって、それを見つけるんだ」とか言い出したり「たまに帰ってくると優しくして貰えて嬉しいな」と言うと、母が「そのうちお母さんが面倒みてもらうんだから」とか言うし。

夫の転勤で兵庫県に住んでいるのに「近くに住んで欲しい」と言うし、やっぱり相変わらずの両親なのでした。不安で心配でたまらない気持ちを、あれこれぶつけてこられても、特に大病を患っているわけでも、体が不自由なわけでも無いのだから、希望通りに近所に住むなんてムリなのです。

親から愛情をもらっても、それが即「親の期待や希望をかなえてあげなくてはいけない」というモードになってしまうのは、自分達の面倒を見てもらったり、不安や心配は解消してもらう、という条件があるんだから・・その条件を忘れるんじゃないよ、というような言葉をかけられ続けていたから・・・・。いろいろやってあげているんだから、自分達の気持ちも満たして欲しい。そういう親の言葉に何十年もしばられてきました。父も母も、私がそんな事に苦しんで来たなんて、想像もしないんだろうなあ・・。冷静に自分の気持ち、両親の気持ちを観察することさえも出来ました。

嫌な気分になる態度をされたり、言葉を投げられたり、いつまでも不機嫌そうな顔でいられたりしても、それを真正面から受け止めず「期待にかなうように行動すること、希望を叶え続けることだけが、相手の為になるわけじゃない。私は親不孝ではない」と自分自身に言い聞かせて、とにかく両親のネガティブオーラに巻き込まれないように、同じように不機嫌になって喧嘩にならないようにと、自制することができました。不機嫌な二人の前で、一生懸命、明るく、楽しく、穏やかに振舞うことは難しかったけれど、期間限定だったから上手く出来たのかも・・。

妹の所に泊まった時も、イライラを妹からぶつけられたりしたけれど、冷静に「そういう言い方は無いでしょう?」と言うことが出来たし。イライラや我侭に巻き込まれて、振り回されないように、自分を安定させることが出来る、、そういう自信をつけて帰宅しました。

今までずっとこのブログに、沢山家族との関係の悩みを書いてきたけれど、この夏私は1つ乗り越えることが出来たような気がします。考えるだけ考えて、自分の中で消化したり乗り越えたり。そして実際に会っても大丈夫、上手く出来たじゃない!と思えました。

これからは、まずは自分と夫との生活を1番に大切にして、自分のやりたいことを少しづつでも実現させて、ネガティブパワーをぶつける人に出会った時は、巻き込まれないように、でも逃げるだけじゃなくて自分自身をしっかりさせて、生きていきたいなあ・・。一区切りつけられたかなあ・・

大好きな舞台「モーツァルト!」と「星の王子さま」を観劇して、大好きな大好きな愉快な友人達と、終電近くまで飲んで語って、本当に楽しかった~~~!!なんでこんなに、くだらなくて楽しいんだろう?こんな時間と仲間がいとおしい。幸せな時間と友人を持てて本当に嬉しい。

観劇仲間だけではなく、短い間に沢山の友人知人と話しました。私自身が、夫や両親とのことを話していたせいでしょうか。自分の事を、目に涙をためて話す友人知人の表情が心に染みました。みんな苦しいんだよね。なんとか自分の中で消化して乗り越えようと、頑張っているんだよね。難しい面も沢山あるけれど、でも、困難に当たって考えて苦しんで、その結果、本当に大切なこと、忘れてはいけないこと、を身に染みて実感できるんだよね・・そんな風に心の中で語りかけています。

独身で1年に何回も海外旅行を楽しむ友人、小さい子供二人を母親に預けて観劇に来た友人と、3人で「なんだかんだと言っても、私たちは幸せなんだよね」としみじみ言い合ったのが印象に残りました。そうなのです。こんなふうに、自分の好きなことをして、好きな人に会える時間が持てるなんて、なんて幸せなのでしょう。実り多い6日間に感謝です。

(写真は、帰りの新幹線の中から、空がとても綺麗だったので映しました。岐阜あたりかな・・)

|

« ふわふわさんと、ふわおくさん(ミッフィー展より) | Main | 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 »

Comments

 お帰りなさい。楽しく6日間過ごされたのですね。本当に良かったです。ご両親や妹さんとも無難に過ごされたのですね。
 私の場合は状況は全然違いますけどね、来週は母と妹と接することがありそうです。不満や怒りを覚えないように、相手に何かを求めずに、無理せず行動を共にしようと思っています。

Posted by: rose | 2005.08.11 08:10 PM

roseさん、、どうもありがとうございます。
なんとかやり過ごすことが出来ました。
物理的に距離が離れているので楽なのですが。
roseさんも、来週はお母さま、妹さんとお会いになるのですね・・。
不安や気の重さなども感じられると思うけれど、自分自身を責めないようにしてくださいね。自分自身の味方であることが、1番大切なことかと思います・・・。

Posted by: shiiko | 2005.08.12 06:52 PM

こんばんは。お疲れ様でした~。
こちらは夏休みに入ったとたん、毎日の様に義父母のところに行くか、電話攻撃…。
電話は3回に1回は留守電にして知らん顔しますけれど。
shiikoさんの話を読んでいると、義父の態度が似ていると思います。何かというと「生きていても楽しいことなんかない」とか、「あっちがイタイ、こっちがイタイ」「あの医者はこの痛さがわからないんだ!」とか…。
いつも機嫌が悪くて、義母に当たりまくり。その後は義母が必ず電話してきて愚痴愚痴はじまります。実の親なのに主人は逃げるのが上手なんですよね~。全部私におっかぶせてる。笑。
ま、義父母の言うことにいちいちカチンときていたら身が持たないので右耳から左耳にスルーか、話題を変えるか、あんまり愚痴が長引くと「お義父さんて本当に酷いですよね。お義母さんがもっと怒らなくては!お義父さんがどんどん我が儘になりますよ!」って、一緒になって悪口を言っちゃう。笑。そうすると「お義父はそんなに悪くないのよ。」って庇いモードに入ります。たいていそのパターン。笑。
結婚して17年も経つと、上手に受け流す術を取得してきたなと、我ながら感心している今日この頃。
良い嫁でいるのは無理なので、開き直り「出来の悪い嫁ですみませ~ん。」作戦です。いざという時の為に力は残しておかなければなりませんからね。

Posted by: tamami | 2005.08.16 02:25 AM

お久しぶりですtamamiさん!
そうですか~義理のお父さまお母さまもそんな感じなのですね~。子供に満たしてもらいたい気持ちで一杯の年配の方は、日本には沢山いるんだろうなあ・・。仕方ないですねえ。自分はそうならないようにしなくちゃ。無意識のうちに、両親と同じ悪い部分を受け取るのはやめよう・・。エネルギーを与えるだけが、本当の愛ではないということを学んでいる所です。子供時代からの刷り込みが、随分自分自身を縛っていたから、距離を置くってことさえ、親不孝に思えて出来なかったのでした。義理の両親だったらもっとドライに出来たのかしら・・?(涙)

レス一緒になっちゃいますけれど、井上君出演の誰ピカ、tamamiさんの書き込みで思い出しました。直前まで覚えていたのに~悲しい~~(><)

Posted by: shiiko | 2005.08.16 12:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帰省で、一区切りつけることが出来ました:

« ふわふわさんと、ふわおくさん(ミッフィー展より) | Main | 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 »