« 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 | Main | 「星の王子さま」観劇 8/8(月)ソワレ 新国立劇場中劇場 »

2005.08.16

モーツァルト!8/7(マチネ)観劇(帝国劇場)

8月7日(日)PM12時半開演 帝国劇場 2階S席XA列下手

ヴォルフガング/井上芳雄  レオポルト/市村正親 
コロレド大司教/山口祐一郎  コンスタンツェ/木村桂乃
ナンネール/高橋由美子  ヴァルトシュテッテン男爵夫人/香寿たつき
シカネーダー/吉野圭吾  セシリア・ウェーバー/阿知波悟美 
アルコ伯爵/花王おさむ  アマデ/伊藤渚

観劇して何日も経ってしまったけれど、覚えていることだけ書いておこうと思います。

XA列での観劇は初めてでしたが、舞台が近くて良かった~。6月の大阪以来のモーツァルト!はより一層進化していて、素晴らしかったです。梅芸で見ていた時より音が拡散する感じがしたのは、梅芸の音響が良くなっていたせい?帝劇は古い重々しい雰囲気は好きだけれど、音の面や、座席の見易さでは改装してほしいよなあ・・といつも思うのです。(^^;)

この日の井上ヴォルフ、本当に素晴らしかった!以前は余りヴォルフに感情移入することって出来なかったのだけれど、今回のモーツァルト!では井上君の演技力表現力に驚かされつつ、感情移入できることも多くなりました。自分自身も「親子の関係・あり方」について深く考えることが多くなってきたからかもしれない。

天才の人生に自分を重ねるなんて・・という感じだけれど、「天才だって凡人の私が悩んでいたようなことと同じ事を悩んでいたのだなあ」と思えるのです。そこが演劇のいいところなのですよね。他人の人生を体験したり、自分自身の経験に引き寄せて感じることが出来たり。

香寿さんのヴァルトシュテッテン男爵夫人が「星から降る金」を歌う場面にはからずも号泣してしまい、そして2幕のベットの上で苦悩し、床を転げ周り、舞台上を所狭しと駆け回る、狂ったようなヴォルフのシーンにも。大阪あたりではこれほど舞台上を駆け回ってはいなかったので、井上君の演技もどんどん変わって行っているのでしょうね・・・。

コロレド大司教の山口さん、馬車の中での表情がなんとも可愛らしくて好きでした。(笑)

初めて見る木村コンス。予測はしていたし、噂にも聞いていたけれど、やっぱり歌が厳しい~~!もともと声質が余り良くないのですよね。ミュージカルにはどうかな?という感じだったけれど、でも存在に華はあったし、はちゃめちゃな雰囲気が「悪妻コンス」の私のイメージに重なる部分があったし、演技的にもいい感じの部分があり、悪くはないと思いました。あとは歌だけ!歌を頑張って欲しいです~(><)

意外だったのが、コンスがヴォルフに出会った瞬間から「大好きモード」だったこと。今までの松たかこコンス、西田ひかるコンスって、だんだん気になる存在になった・・という演技だったみたいなのだけれど、木村コンスは、最初からヴォルフ大好きな感じでした。わざとなのか、無意識なのか・・、所作が男っぽくて、スカートの中見えるよ?って感じで、足を広げて靴を脱いだりするところ。女優さんらしからぬ所作は、はねっ返りコンスのイメージ作りで、わざとなのかなあ・・・(苦笑)

井上ヴォルフも、プラター公園でのシーンで、木村コンスに合わせてテンションあげているみたい。木村さんの顔を両手で挟んで、かわいい~って感じの仕草があったりしたのが新鮮でした。元気一杯のコンスに合わせて周りも変わっていくのでしょう・・。

と、まだまだ進化していきそうなモーツァルト!ですが、私がこの先見る予定があるのは、名古屋の大塚ちひろちゃんコンスと、一路さん男爵夫人。キャストが変わると周りも変わっていくし、面白いですよね・・。

この日は、初めてモーツァルト!を見る友人2人を連れて行きましたが、二人とも香寿さんの「星から降る金」に感激してました。でも1人の子は「レ・ミゼ」や「ミスサイゴン」のような作品の方が好みと言っていた・・・スケールが大きいからだったみたいです。(^^;)山口さんの圧倒的存在感には、2人とも驚いたと言っていました・・。凄すぎるって・・。(笑)はまり役のコロレドの山口さんを見てもらえて嬉しかったです。(笑)

|

« 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 | Main | 「星の王子さま」観劇 8/8(月)ソワレ 新国立劇場中劇場 »

Comments

帝劇で見られたのですね。
私も8月12日に2回目のMOZART!を見に行きました。2階のA席のセンターに近い席でした。前回は1階センターブロックの前から10番目くらいでしたので、井上君の汗までよく見えましたが、今回は2階でしたので、床の音譜が良く見えて、登場人物が音譜の上で動いているように見えるのが面白かったです。何度も行くと色々な席で見てみるのも楽しいですね。
また、前回はストーリーを追うのに精一杯でしたが、今回は場面場面が楽しめました。井上君は、ますます伸び伸びと歌っているし、前回は顔ばかり見ていた吉野さんの踊りの足の動きの切れの良さに注目することができました。
木村さんの歌は、回りの水準が高いだけに辛いものがありましたが、とても綺麗でしたね。
shiikoさんは、一路さんの男爵夫人も見られるのですね。私も一路さんの男爵夫人見てみたいです。いいな~♪

Posted by: 野ばら | 2005.08.16 02:52 PM

野ばらさん!コメント早速ありがとう~♪2度目ご覧になったんですね。2階からだとまた舞台セットが綺麗に見えて良いですよね?いろいろな場所から見る楽しさを覚えてしまうと、ついつい・・・(笑)
吉野さんのダンスのキレは、抜群ですよね。シカネーダははまり役なので、大好きです。吉野さん以外考えられないっ!!
そうそう、名古屋は近いですし、一路さん見に、遊びに行くというのはいかがですか~?(笑)

Posted by: shiiko | 2005.08.16 04:41 PM

そうですね~♪
思い切って名古屋まで行けばいいんですよね。
計画してみようかなぁ!

Posted by: 野ばら | 2005.08.16 08:14 PM

M!観劇うらやましいです。私は最後に見てから、もう2ヶ月も見てません(泣)
進化しつづける井上ヴォルフに早く会いたいです。
次は私も名古屋です。
木村佳乃さんは・・・だったんですね。次のちひろちゃんはどうでしょうかね?
そして、泉佐野まで来られてたんですね。もうちょい先まで行けば、私の家です。
ま、何もないところです(笑)

Posted by: メイ | 2005.08.17 12:38 AM

>野ばらさん
そうそう、日帰りで帰って来れると思いますよ~。名古屋名物でも食べて楽しいかも?(笑)

>メイさん
メイさんは東京は諦めてしまったのね~。木村コンスは、歌がねえ・・でも、演技とか雰囲気はなかなか良かったのです。大塚コンスの方が心配かも(とっても若いので・・^^;)
泉佐野の近くなのですか!穴子美味しかったよ~♪

Posted by: shiiko | 2005.08.18 11:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーツァルト!8/7(マチネ)観劇(帝国劇場):

« 新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊 | Main | 「星の王子さま」観劇 8/8(月)ソワレ 新国立劇場中劇場 »