« August 2, 2005 | Main | August 11, 2005 »

August 4, 2005

2005.08.04

ふわふわさんと、ふわおくさん(ミッフィー展より)

昨日、大丸神戸店で開催されている、ミッフィー展に行ってきました。東京で開催されてた時から気になっていたのですが、たまたま買い物に三宮に出ていたので、ふらっと見に行きました。ああ、本当にかわいい!子供の頃は「うさこちゃん」だけれど、大人になってからは「ミッフィー」と言うようになりました。キャラクター物って大人なってからも、ついつい小さく控えめについている文具などを買ってしまって、それはいつもミッフィー。他に好きなキャラは象のババールです。(^^;)

展覧会は原画が沢山展示してあり、製作したり、読み聞かせをするディック・ブルーナ、のフィルムが流れていたりと大人の私も十分楽しめるものでした。(夏休みに入ったため子供が多かったけれど)NHK教育で放送されていた3Dアニメの人形も展示されていたり、楽しかった・・!

じっくり見ていくうち「小さなうさこちゃん」の文章に出会いました。「ふわふわさんと、ふわおくさん」。うさこちゃんのお父さんとお母さんの名前です。うさこちゃんは、オランダ語でネインチェ・プラウス。ネインチェは「うさちゃん」、プラウスは「ふわふわ」という意味(福音館書店HPより)だそうなので、お父さんとお母さんの名前が「ふわふわさんとふわおくさん」なのでしょう。

「ふさふわさんと、ふわおくさん」という響きに、ドキンとしてしまいました。子供の頃読み聞かせてくれた母親の声が、頭の中に蘇ってきたのです。そしてとてもとても懐かしくて温かい気持ちになりました。ああ、そう言えば「ふわふわさんと、ふわおくさん・・」って私が字が読めない頃に読み聞かせてくれたんだ!そうだ!あの時、小さい私は母親の愛情をたっぷりたっぷり受けていたじゃないか!!

今までだったら、そういう小さい頃の母親とのことを思い出すと「嫌な気分」に襲われていたのです。でも、昨日はそんな気分が1%も湧きあがらなかった!自分のその感情に気づいて驚きました。私は確かにあの時母親から沢山の愛情を受けていた・・それはそれはとても幸せな時間だった。

母親から受けた女性性に関するネガティブな言葉を、1つ1つ思い出しては嫌な気分を追体験して、涙して「あの時あんなことを言われたから!」とずっと許せない気持ちでいたけれど、こうして「ふわふわさんと、ふわおくさん」と語りかけてくれた母の愛情をちゃんと思い出し、温かさを素直に受け止めることが出来たというのは、もしかして、母親を許しつつあるということなのかも・・・。

明日から実家に泊まりに行きます。大丈夫、両親ともきっと上手くいくに違いありません。

(「幸せの種をみつけよう!」をいつも読みに来てくださっている方、本当にありがとうございます。明日から数日間お休みさせて頂きます)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« August 2, 2005 | Main | August 11, 2005 »