« July 7, 2005 | Main | July 11, 2005 »

July 8, 2005

2005.07.08

良く眠れるようになった!その秘訣は・・

最近のいいこと

★家庭内が少しづつ穏やかになってきていること
★最近良く眠れること

ロンドンでテロが起きました。悲しい。地球も人間もどんどん良い方向に進んでいると信じたいのに・・昨日オリンピック開催地決定のニュースに湧きかえっていたのに。物騒な事件があちこちで起きていて、一人一人の人間の心の安定からは程遠い場所に流れて行っている気持ちになってしまいます。

愛読している原田真裕美さんのブログにこう書いてありました。「何があったところで、逃げ惑うことを考えるよりも、奇跡的に助かってやる!と念じるほうが効果があると思います。何かありそうだったら、絶対自分にはわかるはず!と信じることが大切だと思います。魂に常日頃から、絶対に知らせてください!とお願いしましょう。」

災害が起こっても、生き延びてやるんだ!と強い意志を持って、念じていることって大切なのですね。

世の中のニュースとは裏腹に、我が家の雰囲気は良い感じです。私が夫を信じられない・・信じなくちゃ・・とモンモンとしていた時は、つい暗い顔になって悲しい、辛い、胸が痛いとばっかり考えていたけど、最近はその状態から抜け出せた自分がいる。あの状況を通り過ぎたら、心なしか彼の不信の行動も減ってきた気がする。細かいことをチェックして気にすることをなんとかやめて、自分の身の回りを整えたり、早寝を心がけるようにしてみたら、自分自身の気持ちも安定してきて、それが彼に伝わっているような感じです。

今までは「○○して、片付けて。こうしてくれないとダメ」などと細かいことで夫に当たる事がよくあり、彼も同じようにフラストレーションを私にぶつけてきた。先日、旅行に行く日の朝、洗濯物を干してくれていた彼が、突然「もうやだ!」と怒り出して、いつもならそこで喧嘩になっていたけど、その時は彼自身が荒げた声を自ら抑えて、1人でくつろげる場所(ベランダ)に煙草を吸いに行きました。それを見て私は「ああ、彼もフラストレーションを自分の中で処理する方法をみつけてくれたのかも」と嬉しかった。

いつもなら「こっちはやっておくからお化粧しておいで」と言ってくれるので任せてしまうのです。でもそうやって任せておくと、突然怒り出すことがあって。「いいよいいよ」と言っていても自分の中で突然嫌になるらしい・・。それなら最初から「これは出来ない」と言って欲しいのですが。(苦笑)

私自身が彼に「小言を言うのはやめよう」「自分の思うとおりに彼が動いてくれないからって、それに対してストレスを感じて当たるのはやめよう」と気持ちを切り替えて数ヶ月。最初はそれでもたまに出る彼の暴言に「どうしてそんなことを言うんだろう?」「なんで私は傷つくのだろう」とか分析したりして、一緒に怒ったり、きつい言葉を投げたりすることをやめました。暴言に、同じ調子で返しても、喧嘩になって雰囲気が悪くなるだけですから・・。

前にジョングレイの本を読んで、記事にもした、自分が気になって片付けて欲しいことを、相手がしてくれた時は感謝する・・・という方法が効果的でした。帰宅してから玄関で絶対に靴の向きを揃えない人だったのに、少しづつ「直しておいてね、ありがとう」とやっていったら最近ではちゃんとしてくれるようになった!細かいことなんだけれど、そんな小さなことで嬉しかったり。夜寝るまでお酒を飲んで、TVの前から離れられない人だったのに、最近では早く切り上げて、TVを消して、二人で少し話ししたりする時間も、持てるようになった。本当にこれって凄い変化!進化!あとは彼が自分1人でも休日を楽しく過ごせる人になってくれれば・・・と思っています。

私が変わったから、彼も変わった!と思い込むのは、なんとなく驕っているようだけど、でも、やっぱり自分が安定することで彼も安定してきたという実感が素直に嬉しいなあ。

不眠に悩んだり、眠りが浅かったりで、昼間の気分もイマヒトツの日も多くて。会社に行ってた頃、出勤して「今日は肌の調子がいいね」と言われる日がたまにあったけど、それはよく眠れた日!深く眠ることが私の究極の課題?でした。

夫のイビキが毎晩凄くて、朝起きるといつも「あーーもう今日もうるさかった」と不機嫌になっていました。前住んでいた家では別の部屋で寝ていて、それでもふすま越しにうるさくて眠れなかった。イビキ予防シールを貼って貰ったりもしたけれど「俺が眠れない」とか言って、続かなくて。耳栓して音が小さくなっても、その音に慣れてしまうし。また別の部屋に寝るのは「夫婦の仲たがいの原因になる」と実感したのでなんとか隣で毎晩我慢してました。それがどうでしょう!このところ深く眠れるようになり、耳栓も必要なくなってきました。

その秘密は「腰湯」。寺門琢己さんの本に出ていた「腰湯」をすると沢山汗が出て(夏なら昼間も汗かくけれど、出る場所が違う気がする)足腰が芯から温まって、凄く良く眠れるのです。45度ぐらいのお湯をおへそのちょっと上ぐらいまで15分くらい浸かる。首にはタオル、上半身にはTシャツを着て冷やさないようにする。これが凄く気持ちよくて。

家でクーラーは余り使わずにいても、足腰は冷えている。もともと疲れると腎臓に来るタイプで、水分代謝が良いとは言えない。だからこそこれからもこの「腰湯」で、良く眠って、精神的にもお肌的にも、ますますいい女を目指すことにします。(笑)

一人一人が自分を安定出来る気持ちの良い方法を見つけて、フラストレーションを抱え込んだり、周りの人にぶつけることもせず、安心、安定して生きていけたら、世の中が変わっていくんじゃないかなあ・・・・。

寺門琢己さんのブログ の「腰湯」の記事
http://terakadotakumi.cocolog-nifty.com/karada/2005/04/_zzz.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 7, 2005 | Main | July 11, 2005 »