« July 4, 2005 | Main | July 7, 2005 »

July 5, 2005

2005.07.05

「祝福」とは誰かの幸せを願うもの

今日のいいこと
★とてもとても尊敬している方が、ある企業の役員に就任されたと知ったこと
★悩める友人に、なんと言っていいか判らなくて、ヒントを見つけようと開いた本から良い言葉を見つけたこと

正社員で働いていた時にとても尊敬していた上司がいました。会社を辞めた後は、なかなかお会いすることは無いのだけれど、でも辛い時に相談にのって頂いていました。去年の冬、夏から続いていた夫との最悪の危機を、なんとか乗り越えられたのもこの方のアドバイスがあったからです。「目を見て“いってらっしゃい”“お帰りなさい”ときちんと言うこと」。単純で大切なこのことを、ちゃんとするようにと言われたり、私がどうしても手放せない「潔癖であること」を「長所でもあるけれど今は短所になっている」と指摘してくださいました。

心配をかけてしまったけれど、元気に暮らしていることをお知らせしなければ、と思って電話したところ、新しい職場に変わって1年でなんと役員に就任されたと聞きました。人間的にとても素晴らしい方です。単身赴任して仕事をされている今、生死の境をさまよう程に身体を痛めつけて仕事をしながら、それが評価されて・・役員になられたとのこと。なんと素晴らしいことでしょう。

今まで生きてきて、凄いなあ・・と尊敬する方に何人も出会ったけれど、この方は本当に特別に素敵な方なので、大変嬉しいニュースでした。

それから、、やはり正社員時代から仲良くしている友人から、久しぶりに電話があり、いつも明るく前向きで、不眠やノイローゼとは無縁だったのに、この2ヶ月ほど、悩みの穴にぽっかりはまってしまって、食欲も落ちるほどになっていたと聞きました。やっと電話が出来る気分になったとか・・。彼女の悩みの原因は、一見「そんなに悩んでしまうなんて・・!?」と言うような、でも私が経験したことが無いようなこと。彼女曰く、受験でも就職でも結婚でも、こんなに後悔して落ち込んだことは無い、というのです。命に関わるような事では無いよね、と言いながら、でもその他にどう言うべきか判らなくて、「それは○○のように考えた方がいいんじゃない?」などとしか言えなかった。でも彼女自身が「今回のことは、他人の意見を聞き入れることが出来なかった傲慢さが引き起こしたことだと思う。良い勉強になった」と言っていたから、随分判っているのだなと思ったのでした。

電話機を置いた後、彼女を力付けさせる言葉、心を軽くするような言葉を言えただろうか?と自問自答してみました。ああ元気が出た、心が軽くなった!と思って貰えるような言葉は言えなかったような気がします。だから手紙を書くことにして、いつも何かヒントを受け取れる本「癒し大全」を開いたら「祝福」の項目が目に入りました。

「祝福する」と言う言葉は、キリスト教などでよく使います。でも本当の意味はわかりませんでした。

*****************************
祝福はマインドとハートの力を使って、誰かの幸せを願うものです。批判に対する1番の解決策であり、私たちを犠牲から守ってくれます。もし誰かを批判すると、その人のあり方によって自分が迷惑をかけられているように感じます。被害にあったような感じがしたり、あるいは状況に対し不愉快に感じたりします。(中略)呪うと気分が悪くなりますが、祝福は私たちを気持ちよくしてくれます。他の人たちにかけた願望は必ずやあなたに戻ってきます。それを免れることは決してできません。誰かが否定的に振舞っているのに気づき、それが助けを求める声なのだとわかれば、祝福だけが真実で、適切な対応の仕方だと言えます。助けが必要な人たちへの最もすばらしい対応は祝福から始まります。それは私たちを引き上げ、自らを気高く感じさせてくれます
 あらゆる人や状況を祝福すると、その祝福の流れが自分に戻ってくるのがわかります。いいことがやってくる予感がぴたりと当たります。なぜなら、すべての人と状況にとっていいことが起きることを願い、選択しているからです。同様に、自らを常に祝福すると、いいことが私たちとまわりの人に押し寄せるのです。
******************************
「癒し大全」チャック・スペザーノ P156

祝福とは、相手の幸せを心から願うことだったのです。私は友人のことを思い出し、今の状況を乗り越えて、良い伴侶と元気な子供に恵まれている、という幸せを改めてちゃんと感じとれるような彼女に戻ってくれるように、そして辛い気持ちで過ごした2ヶ月が、自分の学びの為に必要なことだったと気づいて(ほとんど気づいているようですけれど)今の状況を乗り越えて元気になってくれるように、心から祈りながら、手紙を書いて送ることにしました。

親しい友人だけではなく、自分の敵と思えるような人までも祝福できれば、それが1番素晴らしいことだと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

Backstreet Boysの新譜「never gone」

BS少し前まで、プロモーションの為に来日していた、Backstreet Boysの5年ぶりの最新アルバム。美しいハーモニーはそのまま、よりロックな音が、私好み!毎日毎日こればっかり聞いている近頃。胸がキュンとしてしまう曲が沢山詰まっているのです・・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« July 4, 2005 | Main | July 7, 2005 »