« 少しづつ・・ | Main | お気に入りのマスカラ♪ »

2005.06.29

心に染みこむ言葉を贈れるかどうか?

今日のいいこと

★さっき雷とともに、大雨が降ったこと

なんとなく・・・、ここにあれこれ書きたい気持がダウンしていました。特に理由はないのだけれど、ただなんとなく。毎日暑くて、水不足のニュースが新聞を賑わせ、干上がった水田の写真が目に飛び込む。

以前、ある人に指摘されたことがあります。shiikoさんは、水が無い所はダメだよね、って。「水がないところ?私は木があるところが好き、海というよりも森」と答えた記憶があるけれど、もしかしたら湿った空気の中に漂っているのが好きなのかもしれない。昔から水泳は得意じゃないし、ギラギラした太陽の照りつける海辺はもっと苦手。でも、湿度の高い水っぽい所にいるのは好き・・。

先日も書いたけれど、また数日前、別の古い友人から「その後そちらは如何ですか?うちは相変わらず・・・・なんだけれど・・」という携帯メールが入ってきて。20年位の付き合いになる古い友達。ママでフルタイムで働いていて、マイホームも持って。私と同じ牡羊座で、彼女を見ていると自分を見ているような気持ちになって、姉妹のような気分で「あなたは○○しないのが悪い」とか「○○してたらダメ」とか、つい言いたくなってしまう。(実際はそんなふうには言わないけれど、心の中で思ってしまう)

旦那さんと上手く行っていないこと、数ヶ月前からの新しい職場での人間関係が悩みらしい。「夫は私をオブジェとしか見ていない」「子供のためにも離婚はしたくないけれど寂しい」などとメールしてくる。ついつい「自分が変わらない限り、何も変わらないんだよ」とメールしてみる。昨晩は「それでshiikoちゃんは、旦那さんのことが今でも好きなんだよね?」ときた。問題を突きつけられたような気分になってしまう。

「好きか嫌いか」って言われたら「嫌いじゃないから好きなんだと思う。でも、恋人時代とか新婚時代みたいなそういう好きじゃないよ」って返信した。大切に思っている。まるで自分の分身のように、彼が苦しむ姿を見ると自分も苦しい気持ちになる。それも自分のせいで彼が苦しんでいるとしたらどうしようもない気持ちになる。それが本当の今の気持ち。

1番好きな人とは結婚できない、などというジンクスめいたことを聞いたことがある。夫とは恋愛結婚だし、その頃、他に結婚したかった人もいない。学生時代から厳しかった両親の目をかいくぐって、なんとか5年も付き合いを続けて、結婚して。両親の束縛から私を救い出してくれてありがとう、という気持ちが大きい。結婚してからのほうが、自由になった。でも、彼からの束縛、結婚してからも逃れられなかった両親からの束縛、そこから逃げるために私は何かに没頭せずにはいられなかった。

人は1番好きな人、相性の良い人と結婚するのではなくて、自分がクリアしていかなくてはいけない課題を、一緒に取り組んで行ける人と結婚するのだと思う。両親を選んで生まれるということも同じ。今、夫との生活の中で、私自身の問題をクリアしていけなかったら、また同じような過ちや苦しみを経験しなくちゃいけなくなる。他人に依存しがちで、他人を束縛することで、自分の不安な心を満たしてもらいたいという、私の癖は、両親も持っているもの。夫も同じだから、私自身が学んで自分を満たして行く方法を身につけて、自分自身がフラストレーションやストレスを溜めずに安定した自分になる姿を見せて、夫にも両親にも妹にも、こうしたら楽になれるよ、ということを見せて行けたらいいなと思う。

新しい住まいで、掃除すること整えることの清々しさを実感して、物をなるべく減らす事の楽しさを感じている。こんな小さなことが、自分を安定させてくれている。些細な日常生活の積み重ね。目に入る生活環境を整えることや、早寝早起きで気持ちと身体を安定させることなど、自分を安心させてあげるためにできることは幾らでもある。

携帯メールで相談してきた彼女のことを「本を読んでくれたらわかるのに」「相手に優しくしてもらいたかったら、自分からまず相手に優しさを伝えるべき」「彼女が愚痴る内容は、彼女の欠点そのもの」と思ってしまう・・けれど、でも「なんだかいつも寂しくて」というメールの一言に心が動く。そうなんだ、誰が悪いとか、何何しないから悪いとか、彼女の考え方は間違っているとか、そんなことは指摘することでは無い。人は誰でも正しい。その人なりの理由があって、行動したり、落ち込んだり、周りに攻撃的になったりするものなのだ。誰も悪くない、ましてや彼女の旦那さんも彼女自身も。

自分自身の中に「良くなりたい」「幸せになりたい」という気持ちがある限り、なぜ悪い方向に流れてしまうのか、という根本的な理由に少しづつ気づけて行ければ、本来誰でもが持っている暖かい心の一部分を思い出して、攻撃的になってしまう部分を消して行って。自分にも周りにも愛を与えられる人になれるんだよね。

携帯メールのやりとりだけで、どれだけ彼女を力づけられるか判らないけれど、さっき降った大雨が乾いた土の中に染みこんで行くように、彼女の心に少しでも染みこむ言葉をメール出来るように、考えてみようと思う。「本を読んだら判るはずなのだから読んでみなよ」と言う事はたやすい。自分が学んだ事を自分の言葉にして、人を力づけられるようにならなくちゃ本当に学んだとは言えないんだ・・。6月14日に書いた記事「添う」「並べる」「待つ」の気持ちを、忘れてはいけないのでした。

<追加>6/30
この記事を書いて少ししたら、彼女から「shiikoちゃんもいろいろ大変だったんだね。(最近夫との間に起こったことを少し書いた)でも前向きに頑張っているんだね。前に勧めてくれた本、あの時は会社関係は上手く行ってて読んでもピンと来なかったけれど、でもまた読んでみる」という返事が来ました。人にアドバイスを求めるのと同時に、自分なりに何かメッセージを受け取りたいという気持ちで、本に接してくれるといいなあ。辛い時、苦しい時にしか人は学べない、ということはある。全てが上手い具合に流れている時には、問題点には気づくことさえ出来ない。流れが滞ってきたら、それは自分を振り返って考えてみなさいというメッセージなのだ。

それから、夫に対する思いで「自分自身の分身のように思える」と書いてしまったけれど、これはまだ未熟な私の考え方なのでした。それではダメと指摘されたことがあったのを思い出しました。

他人の中に自分を投影して生きていく癖は、もうやめなくてはいけないのです。私は私。彼は彼。母親は母親であり、父は父。「私はこう思う」「私はそれは出来ない」「人はどう思っても自分はこうだ」こういう「自分」の感覚をはっきりさせていかなくてはいけない、とアドバイスされたことを思い出しました。反省です・・・

|
|

« 少しづつ・・ | Main | お気に入りのマスカラ♪ »

Comments

 shiikoさんは早寝早起きの方だからもう眠っていらっしゃるのでしょうね。私も早寝早起きにしたいのですが、なかなか実現できず・・・。
 HNの件ですが、当初は自分の芸名が「清百合」なので《lily》にしました。でも《Lily》さんに出会ってしまったので、《rose》にしました。『バラ色・・・』だから。『バラ色の人生』は私のブログです。
 これを機会に次回からは《rose》に変えさせてください。

  お友達に対して色々アドバイスしたいことがあっても、なかなかその人のレベルに合わせて話すのって難しいですよね。その人が自分で気づくよう祈りながら、さりげなくヒントみたいなものを示したり・・・。私も色々悩みます。
 

Posted by: lily | 2005.06.29 at 11:08 PM

はあい  ニャオです  昨日は赤い疑惑を見ましたが12時前に寝たらやっぱり快調。10時~AM2時のゴールデンタイムに寝ていないと免疫力が下がるって知っていたのに夜更かしのくせがついていたのー。寝る前に縫い物するとストレス解消になるんだけどキリをつけるのが難しくてAM1時半に寝る日が続いたらゲリしたんだよーSちゃん大当たりです。
Sちゃんのともだち、子供がいても寂しいことがあるんだとしみじみ思いました。子供がいたほうが寂しい姿も見せられないからかなと思ったけど、子供なりのやさしさたくましさで見ているからそれは大丈夫だよね。Sちゃんのいうように心身共に成熟?して安心安定感のある人になりたいものです。早寝早起きの他に「自分を客観的にみる」くせをつけようと思ってるこのごろなの。   
ヤオは水瓶座だけどやっぱり水が好き。雨も好きで海より森が好き。同じだよ。お茶も海の味がする静岡茶より岐阜などの山のお茶が好き。今までの絶品は郡上八幡の番茶だけどあとでネットで調べたら現地でしか買えないのだ。自然の牛も木の実みたいなものすごくおいしい味したなー。Sちゃんの行ったもうひとつの八幡もいつか行きたいところのひとつです。

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.06.30 at 11:35 AM

>lilyさん
HNの件教えて下さってありがとうございます。lilyさんのブログを開けて「バラ色の人生」と言うタイトルが目に飛び込むと、なんだかわくわくするような、素敵な気分になります。バラ色って・・私の場合はピンク色だけれど、バラの色だから何色でもいいんですよね?(笑)文字のパワーって素晴らしいな。

人から悩みを受けて、答えるのは難しいです。だって私はその人自身じゃないし、事情を100%理解しているわけではないし。私の想像の範囲内で言えることって限られているし、私の頭の限りを尽くして言葉を出してみても、的外れである可能性は高い。だからこそ、自分の考えを伝える時は謙虚でなくては・・・。これは自分が悩んで辛かった時に実感したこと。苦しかった時間はとても有意義だったと思っています。

>ヤオちゃん
早寝すると調子がいいでしょう?実感してもらえてよかったです。一時期私もずーーっと12時前に寝ない生活だったよ。眠りの質が良くて、短い時間でも深く眠れていればそれでも大丈夫みたいなんだけれど、少しバランスを崩したり、季節の変わり目だったり、そんな時はやっぱり早く寝るに限る!私の周りにいる、元気いっぱいで前向きに活動している人って、本当に早寝早起きだもの。美容と健康のためにも実践したいね。

この記事に書いた友達は、私が昔から望んでいた生活(正社員で責任のある仕事をし、子供を持つ)を手に入れている。けれど、やっぱり他人から見るのと、本人が感じていることとは違うんだね。空虚な思いは、子供でも仕事でも埋められない。そういうことを感じる人は現代においては、子供を持っていても、仕事を持っていても、結婚していても、していなくても、大勢いるんじゃないかな。やっぱり物質的に満たされた生活をしていても、それだけじゃダメという気持ちになってしまうのかも。自分なりの価値観というが判らなくなってしまうのか・・。「うつ」になっているかもしれない、という彼女が心配だけれど、やっぱり根本的な事に気づいて欲しいな。これも私がアレコレ言うことじゃないんだけれど。でも、<追加>に書いたように、自分なりに何かを求めて行動を起こすことにしたみたいだから、見守って行きたいな。

Posted by: shiiko | 2005.06.30 at 02:55 PM

shiikoさんこんにちは~♪
海より森が好きなんですねー。
私も海水より清流に浸る(というか水浴び)のが大好きなんです。
その光景といったら、まるで子供です。汗
旅行もついつい山や渓谷がメインに。
森の中ってマイナスイオン出てるというのもあるけれど、なんか妖精でいっぱい~な気がして元気分けてもらってるような錯覚に陥ってしまうのです。
こんなこと言っている三十路ってどうなんでしょう?笑

「夫にも両親にも妹にも、こうしたら楽になれるよ、ということを見せて行けたらいいなと思う。」

ああ私もそう思います!
両親・姉・夫にも伝えたい。
その為にも私がまず実践していこうって。
活字を読んでても、いつも生活に活かせてなくて失敗ばかりしているのです。とほほ。

Posted by: viola | 2005.06.30 at 06:28 PM

にゃお  今日は大宮の図書館が閉まっていて、交番で大宮東という図書館を教わり「自転車なら15分ぐらいかな」という言葉にそそのかされ行ってしまいました。田舎だった。収穫は帰り道の野菜直売店で買った重~いかぼちゃ。これから煮るよ。そちらでは炊くっていうでしょ。  今日は掃除も少しして家を出たけど外に出るといろいろ気づくことあるよね。オットが身勝手に見えて評論家みたいで行動力のない私のことを歯がゆく思っているのでは?とか。「パートナーをイメージでとらえて赤だとけんかしやすく攻撃的になっていて、ピンクだと安心しているんだって。」    私、正社員で子供も育てているのってスーパーウーマンだと思う。彼女の夫はあまのじゃく野郎だと思ったけど、こういうのダメ? でも瞑想みたいな時間を持って自分だけの自分づくりの計画をたてるって楽しいよね@*~

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.06.30 at 07:02 PM

shiikoさんの言葉を読んで思い出しました。斉藤一人さんによると結婚は修行なんですって。だから一番相性の悪い相手とくっつくんだって。面白い考え方でしょう?幸せにしてもらおうとか思っちゃだめで、ああ、修行させてもらってるんだって思えばいいんだって。そう思ったら結構気が楽になって余裕がもてるようになりました。

Posted by: あまね | 2005.07.01 at 12:16 PM

>violaさん
やっぱり森林がお好きですか?(^^)
木からは沢山エネルギーを受け取れますよね。そばに立っているだけで・・。海辺にいてももちろん同じなんですけれど、私の場合、直射日光が苦手だけなのかも。(笑)
>>その為にも私がまず実践していこうって。
>>活字を読んでても、いつも生活に活かせてなくて失敗ばかりしているのです
ほんと、ほんと、言葉で何を伝えるよりも、まずは自分が実践することですよね。失敗したっていいんです。少しづつ進んで行ければ。
目指す自分の在り方を持てている、これが大切なんだと思います。

>ヤオちゃん
家の中で家事に励む時間が、私の中では瞑想みたいなものになっているかな。外に向かう時間じゃなくて、自分自身と向き合う時間。外で人に会うことも大切だし、自分に向かい合うのも、もちろん大切。何ごともバランスが大事だね。
旦那さんが自分どう思っているか、とか、自分を客観的に見てみよう、とか、それはとっても良い方向に行ってると思うよ!

>あまねさん
本当ですね~。結婚は修行ってその通り!結婚だけじゃなくて、会社でもご近所関係でも、友人関係でも「辛い、上手く行かない」と思える時は全て修行。自分の在り方を客観的に見直さなくちゃいけない、ってことなんですよね。だから相手に何かを求める前に、自分自身を振り返ることが大切・・。
そうやって、頭でわかっていても○○さんが△△するのが嫌になっちゃう、とかつい外に原因を求めようとしてしまいそうになるんですけれど。でも、なんとか「自分自身を変えていこう」と思えれば、気が楽になるものです。人は変えられないから・・。

Posted by: shiiko | 2005.07.04 at 09:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/4759084

Listed below are links to weblogs that reference 心に染みこむ言葉を贈れるかどうか?:

« 少しづつ・・ | Main | お気に入りのマスカラ♪ »