« June 23, 2005 | Main | June 27, 2005 »

June 26, 2005

2005.06.26

モーツァルト!6/26(マチネ)千秋楽観劇(梅田芸術劇場)

6月26日(日)PM1時開演 梅田劇術劇場メインホール 1階S席7列目下手寄り

ヴォルフガング/中川晃教  レオポルト/市村正親 
コロレド大司教/山口祐一郎  コンスタンツェ/西田ひかる
ナンネール/高橋由美子  ヴァルトシュテッテン男爵夫人/香寿たつき
シカネーダー/吉野圭吾  セシリア・ウェーバー/阿知波悟美 
アルコ伯爵/花王おさむ  アマデ/黒沢ともよ

モーツァルト!大阪公演千秋楽に行って来ました。今回初の中川ヴォルフです。初演の時に、読売演劇大賞などを受賞した、アッキーヴォルフ。ちょっと苦手だった、ミュージシャンっぽい歌い方の癖(歌い始める時に、少し遅れて入る感じ)が余り気にならなかったので、歌唱力で聞かせてくれる歌の世界にすんなり入ることが出来ました。中川君も成長したんだなあ~さすがの出来の歌い方で、千秋楽ならでは、らしい、アレンジ部分も多くて、高音を思う存分堪能しました。それにしても、思い出すのは初演大阪楽の、1幕終わり、鼻血出しながら、腕からはフェイクの血を流しながらの大熱演。あの時は本当にびっくりしたけれど、命削って歌っている感じが良かったなあ・・(^^;)

井上ファンなので、、なのかもしれないのですが、最近は、濃い井上君の演技を見ていたせいか、演技の部分で、ちょっと物足りない感じがしました。特に2幕のコンスとのやり取りの所とか、ベッドの上で狂う部分の迫力とか・・。でも歌でガンガン盛り上げてくれる、中川ヴォルフは、天才的な雰囲気が作品の雰囲気に合っている気がする・・。ハチャメチャな雰囲気があるので。井上君は、やっぱり端正な貴公子のイメージがありますから・・。(^^;)

他のキャストも、皆力が入った演技で、メリハリもあって素晴らしかったです。ナンネールの高橋由美子ちゃんと、コンスの西田ひかるさんが、良いなあ・・と思いました。小さな部分まで、演技がぴしっと締まっている!市村パパも素敵。

コロレド大司教は、楽バージョン?で飛ばしていました。(笑)「何処だモーツァルト!」でも「シェフのコースメニューをチェックする~」の「チェック」の部分が力入りまくっていたし。トイレのシーンでは、馬車の上でああ~っと言って左手でお腹を押え、右手をあげてグーにしていました。(笑)ソロソロと馬車から降りてから、上半身をブルンブルンと回したため、鬘が乱れ、衝立の陰でもっと逆立てたらしく、にょっきり顔を出したときには、鬘が大変なことに・・。アルコ伯爵、笑いをこらえるのに苦労しながら、上着を着せてあげる時に、撫で付け、直してあげていました。初演の帝劇楽公演を上回る、サービス精神旺盛すぎのコロレドなのでした。(^^;;)

お取り込み中のシーンでも、美女に囲まれてベッドの上に座っていて、なぜか両足をベッドと同じ高さにピーンと前に伸ばしていて、両足首をグルングルン回していました。体操じゃないって・・(苦笑)

コロレドの歌はとってもいいのに、山口さんにぴったりにの役柄なのに、遊びすぎです!と言いたくなってしまう~。(><)好きなんですけど。(笑)

井上ヴォルフの時は、余裕が無くて余り見れない、シカネーダの踊りや、アマデの表情もばっちりチェックしました。吉野さんのシカネーダは、やっぱりキレがあって素敵。1人キメキメのポーズに目が釘づけ。井上君と中川君だと、微妙にセリフや、立居振舞に違いもあるので、そこをチェックするのも楽しかったです。「ちょっぴりオツムに・・」の最後、吉野シカネーダーにステッキを突き立てるとき、中川君はわざと急所を狙うらしく、吉野さんは「エッチ」と言っていました。(笑)

今日のアマデ、黒沢ともよちゃんは、可愛らしい子で、表情が愛らしく、なんだかとっても気に入ってしまいました。井上ヴォルフとも組んでくれたらいいのになあ・・。

カーテンコールではプリンシパルの方々の短いご挨拶があり、山口さんも「昨晩から考えていた挨拶を感激のあまり忘れました・・」みたいなことを言っていました。変な山口さんを見て笑っている、市村パパの表情を見て、和んでしまった・・(笑)市村さんと山口さんの二人が同じ舞台にいる作品なんて、本当に豪華だよなあ・・とシミジミ思いました。

初日から、アンサンブルのシーンの完成度も高くて凄いなあと思ったけれど1ヶ月経って、ますます良くなっています。8月には東京に、9月には名古屋に行って、違うキャストも見る予定なのが楽しみです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« June 23, 2005 | Main | June 27, 2005 »