« June 21, 2005 | Main | June 23, 2005 »

June 22, 2005

2005.06.22

余計な心配をしないようにして・・

今日のいいこと!

★新しい友達との付き合いで、1人でアレコレ考えていたけれど、悪く考えないようにしようと思っていたら、上手く進んだこと。

新しい生活が始まって3ヶ月が過ぎ、新しい友人知人も少し出来ました。出会う人皆、感じの良い方ばかりで、嬉しいな嬉しいな、生まれ変わって生きて行くのに素敵な友達は大切だもの!とウキウキしていたのも束の間、自分が思い描いていたようにことは進まず、ちょっとヤキモキしていたことがありました。

例えば、社宅で新しく友人になった人が「ああ、私だったらこうするのになあ・・」とか、自分の基準、常識、と考えていることと比べてしまったり。

住んでいる社宅は、うるさいことは殆ど無いのです。社宅の主、のような方もどんどん引越ししてしまって、若い人も多いし。でも今まで、年上の社宅の友人と付き合うことが多かったので、自分なりの基準と言うものが出来てしまっていて、それにあてはめて「どうして○○してくれないんだろう」という考えに陥って、心の中でモンモンとしたりしていました。

でも、彼女には彼女なりの何か理由があるはず。常識、と思っている事だって、私だってその通り出来ないこともあるわけだし、気分がのらないことだってあるわけだし、と思って、否定的なことは考えないように考えないようにしていました。以前の私だったら夫に「○○さんはさあ、△△しないんだよ。普通××するよね・・」とか愚痴をこぼすこともあったけれど、あえて口にしないようにしていました。

そうしたら、とても久しぶりに今朝、一緒に外出しようとその彼女からお誘いを受け、会っていろいろ話してみたら、やっぱり私が「好きだなあ、、いい人だなあ・・穏やかだなあ」と思える彼女だったのでした。一緒にいて嫌な気分になることは一度も無かった。否定的でネガティブな雰囲気が全くありません。社宅の付き合いって、距離の取り方が難しい。立ち入るべきではない部分もあり、でも女同士でそれぞれの旦那さんについて、話したりもするし。良い距離を保って、良い隣人関係を築いていきたいなあと思います。

また、社宅以外で友達になった人。どうして連絡してきてくれないのかなあ、とかやっぱりアレコレ考えたりしてたけれど、自分からちょっとしたメールをしてみて、ちょっと会ってみたら、やっぱり心優しい素敵な友達なのでした。一緒にいて穏やかな気分になれるし、素直な人だなと思える。専業主婦で毎日家にいる私より、数倍忙しい彼女だからこちらからちょっとしたきっかけを作れば、素敵な時間をまた過ごせるんだよね、と思ったのでした。

私はもともと、人に好意を表現するのが好きなタイプ。好意というか、私はあなたの敵ではない、という意味をこめてる感じなんだけれど。だからその好意にのってくれないと、ちょっと悲しい~と落ち込んでしまう。でも人はそれぞれ何かしら理由があって、それなりの行動をしているわけで、他人には想像も出来ない事情もあるわけで。1人でいる時、余計な心配をするのがいかにマイナスなことなのかを身を持って体験したところです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« June 21, 2005 | Main | June 23, 2005 »