« 六甲高山植物園&弓削牧場 | Main | ロードクロサイトのブレスレット »

2005.05.30

女性性、母性を認める

sora日中の気温が高くて夏もすぐそこだなあ・・と思わせてくれます。

このブログも5月20日で1年になります。その前に「さるさる日記」で書いていた「いいこと日記」から通算すると2年になるのかあ・・と感慨深いものがあります。ブログは写真のアップや本の紹介が簡単で楽しんでいるのですが、過去の記事を一覧で見ることが出来なくてなんとなく不便に感じてしまうことも・・。過去の記事を含め少し整理できたらいいなあ・・と思っているところです。

なんだかやっと新しい自分になりつつある感じがします。上手く言えないけれどとにかく不安で心配でどうしようどうしよう、、と考えている自分から少しだけ脱却してきたかもしれない。最初は「こうだったらどうしよう」と不安に思っていたことが現実になって、現実を受け止めなければ過ごせないという切羽詰まった状況を受け入れられるようになったとも言えます。最近は本を買ってもあまり開く気がしなくて、新しい本との出会いも無い感じでだったけれど、買ったまま1ヶ月以上置いてあった江原啓之さんの新刊「いのちが危ない!」を読んでいて「この世の苦しみを一言でまとめると『失うことへの恐れである』」という箇所がありました。夫との生活を失うこと、これが私の苦しさの源だったかもしれません。

物質的価値観に支配されている世代(江原さんの言葉)の両親は、不安な気持ちをいつも手放すことが出来ず、娘の私にいつもそれを押し付けてきます。自分をも物質と見ているから、自分の物質的価値が低下してくると生きる意味を失い、地位や老化によって体が動かなくなると自分に価値がないと思っている・・。

このような両親に、良い学校、良い学歴、良い職業、世間的に認められる伴侶と結婚すること、などという価値観を植え付けられて育てられた私たち世代(昭和30年代をピークとしてその前後生まれ)は「主体性欠如世代」であり、親に認められるように愛されるために、と懸命に頑張るのだけれど心は孤独である世代だそうです。自分なりの価値観や判断力、主体性が欠如しているから大人になっても他者の基準によりかかって生きている。

「親に愛されたい」「親から認められたい」この気持ちが、ずっと私を支配していたのでした。子供は親に見捨てられたら生きて行けない。憎めない、嫌いになれるはずがない、いつも大好きで愛してもらいたい。このことに付いては、田口ランディさんのブログ「幼児虐待ということ」という記事にも書かれていました。幼児虐待のニュースが日常茶飯事で、聞くたびにやりきれない思いになります。少し前に40代の母親が小学生の子供を手にかけた、というニュースを聞いたとき、私は突然、母親の心情を想像して涙が流れてしまいました。子供を殺す苦しさ、彼女を追い詰めてきた気持ち。少し理解できてしまって。

私は「母親」になることをずっと心で拒否していました。親になっても、自分の親のようにはなりたくない。似るのは嫌だ。私が唯一知っている「母親」は感情的に子供に当たる人。父親も感情的な性格。もちろん親としての責任は十分過ぎるほどに果たしていたし、2人とも一生懸命すぎるぐらい子育てに熱中して、他人からは一生懸命な母親だったでしょう。「あんたたちの為に」が口癖だったから、私は親に認められる子供でいなければという気持ちでずっと過ごしてきました。

でも、認められようと頑張っても頑張っても、皮肉や冷たい言葉で、あしらわれることが多くて、傷ついてきました。母親は、自分の存在価値を子供に求めて、子供に見返りを求めている、そんな感じ。中学生ぐらいから女性性を否定される言葉も何度も投げられて(「男に手篭めにされる」「子供が出来ちゃったら早く言いなさい、早く医者に行かないとどんどん育ってしまうんだから」など)傷つけられた言葉を、やっと客観的に見つめられるようになって来たのは、小さい時から女性的だった私に対する嫉妬もあったのかな、とか母の気持ちを理解し始めたから。(妹は言われていなかったらしいので)高校生ぐらいでおしゃれすると「男の気を引こうとするなんて、頭がおかしい」とか言われてたし。

どんな事を言われても母のことは嫌いになれなかった。母のような母親には絶対になりたくないと思っていたし「母性的だね」とか「お母さんみたい」とか言う言葉は、私にとって「褒め言葉」ではなくて、嫌な気持ちにさせる言葉でした。「本当の母性」というものがわからなかった。

最近「母親に似ている」嫌な部分、は本当の私ではない。やっと母は母、私は私、という気持ちになったり、母親を理解出来たりしてきたら、されたこと、かけられた言葉は憎んでも、母親そのものは1人の人間なのだから、母親なりに辛くて悩んで答えの無い子育てのストレスをぶつけてきたのかな・・と思えるようになってきました。こう思えるまで、沢山泣いて考えて、辛かったけれど、でも夫との関係を見直す中でも、必要なことでした。

女性性を否定されてきたから、私の中に女性を見る夫を、馬鹿にして軽蔑してきました。スピリチュアル的に見ても、とても大切と言えるsexが汚くて大嫌いで、自分とは無縁の物として生きていたかった。でも、夫にはそれが理解できなかった。そして確かに私は夫を、軽く見てバカにもしていました。

沢山沢山本を読んで、自分の経験に照らし合わせて、信頼出来る何人かのヒーラーの方から客観的なアドバイスを受けながら、やっと私は今、生まれながらに持っている女性性を肯定的に見つめ、そして私に「女性」を求めてくる夫のことも肯定できるようになってきました。

夫を失うんじゃないかという不安、夫を信じられないゆえに見つけてしまった彼が秘密にしている事を突きつけて、感情的にぶちまけてしまいたいという欲求を、なんとか抑え、全体を見れば良い流れに乗っていることを信じなくては、という気持ちになれてきました。本当は知ってしまったことに胸がグサグサに切り裂かれる感覚になるほどに傷ついているけれど、それを「嫉妬」や「皮肉」「なげやりな言葉」に包んでぶつけたい気持ちも、なんとか抑えてやり過ごしています。「皮肉」や「嫉妬」の言葉は、私が母からずっと受けてきたことで、私も日常的に使っていたのですが。

そう、1番大切なこと「こうなってしまったらどうしよう」と想像すると現実になってしまう。こう言うことってやっぱりあるのです。不安なこと嫌なことは想像しない。そして、もし起きてしまった嫌なことからは、「自分の本性をあからさまに知って、磨かなくてはならない部分を直視させられ、成長のきかっけをつかめる」(江原啓之「いのちが危ない」P26)のです。

この江原さんの本に「幸せの種子」という言葉があったので、その部分を引用します。「逆に言うと、苦難を乗り越えなければたましいは成長できません。成長する喜びや幸せが得られません。ということは、苦難は幸せという花の種子なのです。それが理解できたとき、私たちには『苦難への感謝』が沸くのです。」(同 P41)

母の言葉、父の態度、夫の行動、そして自分自身も行き過ぎた夫を軽く見た態度、、すべて理由があり、すべて私自身が、当事者皆が、何かに気づき成長していくための物だと思えば、辛い辛い苦しいどうにかしたい、という気持ちも、少し癒されて行く気がします。

<6/2追記>
福島さんのブログ「ナチュラルにつれづれ」の記事「母親のコントロール」は、大変興味深い内容になっていますので是非ご覧になって下さい。

|
|

« 六甲高山植物園&弓削牧場 | Main | ロードクロサイトのブレスレット »

Comments

はあい
言いたいことが沢山あるんだけれど頭の中がぐるぐるになってよくないので・・少しにします。
まず、Sちゃん、ぶちまけたい気持ちを抑えているのはとってもストレスたまることだと思うのでヨーグルトなど食べて免疫力高めてネ
ヤオも今日朝食にキウイとアロエを入れたヨーグルト食べました。最近のお気に入りでアロエはもうすぐ棒状態。
ヤオはそういう気持ちを抑えることがまずできません。言ったほうがいいと思ってしまうの。夫が風俗らしきところに行ったのを(会社の後輩と!信じられない)突き止めたときぶちまけた。「先進国でエイズが増え続けているのは日本だけだ。熟年離婚、セックスレス不妊、10代の性病、全部の日本男性の性のモラルが原因じゃないの?育てた母親が悪い?いい年して親のせいにするか?DNAが悪いのか?政府も少子化対策なんていって補助金出しているだけじゃだめだ。会社でも咎められないからやってるんだろ?」って直接自分のためにならないところまで言っちゃう。
昨日、TVタックルでこのままニートが増えたら
その親の貯蓄はなくなっていくからニートが産んだ子供はストリートチルドレンになってしまう
という話をしていたんだ。私はかなり現実的な話だと愕然とした。政府は国債なんか発行している場合じゃなくて、どの分野の政策でもモラルのたて直しを最優先に考えてやってほしいと思った。1989年のアメリカ(ロンドンだったかもしれない。失礼)のストリートチルドレンのドキュメント映画が忘れられなくて。10歳ぐらいの子供が男女を問わず売春をしている・・実際、ストリートに高級車で寄ってくる大人のほうが社会の闇・病みを象徴していると思ったけど。日本は国の力が大きいから貧富の差対策や福祉・モラルの向上でちゃんと役割を果たしてくれるかが問題だと思うの。心配だニャーと。
(ヤオも夜明けに向けてさまよっていますが。)

PS
Sちゃんが「お母さんみたい」という言葉が好きでなかったのに小学校のときは何回も言っていたと思う。ゴメンコ。家に帰ってまで「Sちゃんて皆のお母さんに似ているんだよ」なんて話していたから。なんでもできるタイプでしっかりしていて落ち着きもありやさしく手を差し伸べる雰囲気などいいことだと思っていたから。でも当時は女性らしい身体つきというのが一番目立っていたかもしれないからSちゃんいやだったのかなあ。私はシモネタは好きなのにあまり性を意識するのは好きじゃないみたいなんだよね。身体は運動をして健康であるのが一番で、SEXのことも人に教わることじゃないしDNAがどうにかしてくれると思っているんだ。若いころから。ここを読んでからなんとなくMYBROGLISTの<ナチュラルにつれづれ>にカーソルが動いて読んだらそういう関係のこと書いてあってびっくり。私にも霊感があるのかな   またね

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.05.31 at 11:59 AM

「お母さんみたい」って言われて嬉しくなかったのは小学生の頃からだったんだけれど、それは私が「母性」を肯定的にとらえられていなかったから。だから良い意味で言ってくれてたのは判っていたから大丈夫だよ。それにそう言う風に言われたこと、一度や二度じゃないから。自分が嫌だと思ってみても、それは実は長所だったみたい。どうもありがとう。違う側面からみたら凄く嬉しいことです。(*^^*)周りの人のお母さん的存在になれれば本望かもしれない・・でもその「お母さん」は本物の母性を持った人間ということなのです。

「ナチュラルにつれづれ」は今の私が同じようなこと考えてるからリンクしてみたのです。読んで貰えてよかった~。私にとってもシンクロ。Yちゃんにとっても考えてみるべき課題だったってことかもね?(笑)

言いたいことを言わずにいたことなんて、今までの人生で殆どありません。いや、肉親に対してという意味で。それだけ素直というか開けっぴろげというか、感情をぶつける性格だったから。でも今回ばかりは、信頼出来る人2人からのアドバイスもあって、全体を見て、部分を見ない、ことに決めました。大丈夫。これで絶対上手くいくはずって信じているの。なんでも相手にぶつければいいってものじゃない、ってこと学んでいる所です。

Posted by: shiiko | 2005.05.31 at 06:05 PM

そうかあ。うまくいくと思うよ。
私は夫に怒ったあと、ふと夫の心は言動は悲しかったんだと思う瞬間もあるんだよね。自分のことだとどうも冷静になれないのだ。      ・・自分で成長するのだら~

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.05.31 at 08:05 PM

shiiko さんは今まで認められなかったご自分の女性性や母性を認めることができたんですね。よかったですね。どんどん成長しておられるご様子見ていて刺激されます。わたしもそんな風にひとつひとつ課題をクリアーしていきたいな。

Posted by: あまね | 2005.06.01 at 07:50 AM

「ナチュラルにつれづれ」の福島です。ブログ紹介、トラックバック、ありがとうございます。お返しTBさせていただきました。

やっぱり女性性、母性の問題って、難しいんですね。多かれ少なかれ誰もが抱えている、あるいは昇華してきた、あるいは、まだ気づいていない?問題なのだろうなと改めて思いました。

女性性を認めるにはずいぶん時間がかかりましたが、認められた!と思ってからも、その認め度合いがまたどんどん進化していくようです。一時は「女性」ってことをすごく意識していたのですが、最近はそれもバランス取れてきたのか、落ち着いてきました。

私は「幸せの種」に恵まれて幸せです(^^;)。
お互い、もっと幸せになりましょうね。

Posted by: 福島麻紀子 | 2005.06.01 at 10:31 AM

>ヤオちゃん
心配してくれて本当にどうもありがとう。
そうなのね。相手の心情を客観的に見つめてみることって
とっても大切だと思う。苦し紛れに、やむにやまれぬ気持ちで・・っていうことがあるかもしれない。人の行動には何かしら理由があるのだし。自分に置き換えてもそう。「悪いこと」と判っていてもせずにはいられない時、したこと自体が悪いこと、と自分では良く判っていて、でもどうしてもそうせざるを得なかった・・ということがあるから。
冷静になることは大切だよね。

>あまねさん
ありがとうございます。認めつつある・・という感じです。急にいきなり・・はやっぱり無理です。自分の気持ちも母の気持ちも、少し距離を置いて見ることが出来るようになってきた、という感じです。
あまねさん、あまねさんもご自身の課題にチャレンジしているのでしょうね。辛くて苦しい過程であればあるほど、乗り越える価値があると思います。
他人がどう捉えようと自分自身が自分を「よくやっているな」って思えることが1番大切ですよね。のんびり、でも着実に進んで行きましょう!

>福島さま
TBとコメントありがとうございます!!
本当に、女性性と母性の問題は普遍の問題のような気がします。

>>一時は「女性」ってことをすごく意識していたのですが、
>>最近はそれもバランス取れてきたのか、落ち着いてきました。
そうなのですか!今は「女性であること」を非常に意識している最中ですけれど、それから先はバランスが取れた人間に私も成長して行きたいなと思います。どうもありがとうございます。
またそちらにも伺いたいと思います!

Posted by: shiiko | 2005.06.02 at 10:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/4337545

Listed below are links to weblogs that reference 女性性、母性を認める:

« 六甲高山植物園&弓削牧場 | Main | ロードクロサイトのブレスレット »