« DEAN&DELUCAのハーブ | Main | 観葉植物が元気に育つ季節 »

2005.05.22

第6チャクラ 理性の力

「今日のいいこと」で始める元気がなくて、自分の内面についてあれこれ書けないのだけれど、自分の心にフィットする言葉を、人から、本から、テレビから・・受け取れています。ああ、この言葉、今の私に対するメッセージだなあ・・と思って感謝しています。

心に残った本からの言葉を少し書き抜きだけします。全て「7つのチャクラ」の「第6チャクラ」の章からです。

******************************
(第6チャクラは)叡智のチャクラなのだ。第6チャクラが示す課題とは、心を開くこと、自分にとらわれない客観的な見方をもつ精神を育むこと、人間が作り上げた真理、誤った真理から自分の霊をよび戻すことなどだ。さらに内面の思慮分別によって行動すること、心の強い部分に動かされる思考と、恐れや幻想などで動かされる思考とを区別することでもある。(P241)

人生の実体験と、自己を切り離し、ものごとを客観的に見る視点との両方を通して、私たちは叡智を身につけていく。(P242)

(「自己を切り離すとは」)恐れにつき動かされた自分の声を静めることを意味している。この自分を切り離すという内面の姿勢を手にすることができた者には、完成された自己意識があるため、外の世界が意識を支配するような影響力をもつことはない。(P243)

高い意識とは、すべては適切なときにはじまり、すべては適切なときに終わるという気づきをもち、古いものを手放して、新しいものを自分のなかに包容することを意味する。人間は安定、つまり変化のない状態を求めるため、この真理を受け入れて生きることは難しい。高い意識をもつというのは、いまという瞬間に百パーセント生きること、どんな状況でも、誰であっても、まったく同じ明日は有り得ないと知ることだ。変化が実際に起きていくなかで、私たちはそれを人生のごく自然な一部と解釈し、老荘思想が教える道(タオ)のように、「流れとともに生きる」ことを求めるべきであって、逆らってはいけないのだ。ものごとを同じままにとどめておこうとするのは、無駄なことであり、不可能だ。私たちの課題は、自分が明日に体験することに、ある程度の影響はおよぼすことはできでも、コントロールすることはできないということを理解し、あらゆる状況に自分の最高の気(エネルギー)を与えていくことである。(P245~246)

私たちの直感が与える導きが、身体の力が失われていることに気づくように警鐘を鳴らすのだ。恐れがだんだんと落ち着いてくるにつれて、ほとんどの人は、内面に向かい、心のなかにあるもの、感情のデータなどを見直すようになったと語る。こうして理性と感情の調和がとれるようになっていく。別のいい方をすれば、自分の考えていることと感じていることのギャップに気づくのだ。癒しには頭と心がひとつになることが必要であり、ふつう変えなければならないのは頭のほうだ。日常の選択をしていくなかで、あまり尊重してこなかった心のほうに、頭を合わせていくことが必要なのである。(P250)

意識を高めることのひとつの側面は、いまという瞬間に生き、1日1日に感謝するということだ。(P251)

「7つのチャクラ」キャロライン・メイス 「第6チャクラー理性の力」より

|
|

« DEAN&DELUCAのハーブ | Main | 観葉植物が元気に育つ季節 »

Comments

 shiikoさんおはようございます。
どんどんいろんなことを吸収して成長しておられてえらいなって思います。
わたしは頭で考えてしまうくせがあるので
直感でいきるようにしたいなって思っています。
今日がshiikoさんにとっていい一日になりますように。

Posted by: あまね | 2005.05.23 at 09:04 AM

あまねさん、どうもありがとうございます!
私も頭ばっかり使っちゃうほうなので、心が感じていることを意識していきたいなと思います。
考えすぎずにシンプルに・・が目標かなあ。
お互い頑張って?進んで行きましょう。

Posted by: shiiko | 2005.05.23 at 01:49 PM

こにゃにゃちは
難しいですね。
過去の記事「鏡に映し出された自分」のところも読んでみたら<自分自身の魂の本質が私たちの前に鏡像となって現れる>というところで
これは!!子供のときはそうやって過ごしていたはずだ!と思いました。コスモワールドが子供のときはあったと、それがなくなっているーーと就職したばかりのとき指導員(11才年上の男性)に必死で訴えていた珍しい私。話を聞いてくれたその上司もいい人だったなあ。上にペコペコ下にエバリンコの悪い奴でもあったが・・。
大人になると悪いことマイナスなことが起こりがちなのは自然なこととして、激しく抵抗するより今を自分らしく生きることがグッドだということがわかってきました。Sちゃんの学びの園のおかげだー。ありがとうニャラ!

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.05.26 at 01:43 PM

コメントありがとう!
子供の頃のほうが、周りの出来事をシンプルに捉えていたよね。

成長するに従って、物事をシンプルに捉えることが出来なくなって来るんだね。

大人になると悪いことマイナスのことが起こりがち・・というより、
その「悪いこと」と一見思える出来事は、客観的に見て、その事から自分は何を受け取れるのか、学べるのか、と考えると「悪いこと」と片付けられなくなると思います。

悲しい出来事も、振り返ってみれば自分を成長させてくれたな・・って思ったりするでしょう?そういうことなのです。

Posted by: shiiko | 2005.05.26 at 04:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/4232699

Listed below are links to weblogs that reference 第6チャクラ 理性の力:

« DEAN&DELUCAのハーブ | Main | 観葉植物が元気に育つ季節 »