« May 9, 2005 | Main | May 13, 2005 »

May 12, 2005

2005.05.12

田口ランディさんのブログから

愛読している田口ランディさんのブログに「エネルギーのチャージ」についての話がありました。枯渇したエネルギーについて感じることがランディさんもあるのかあ・・と不思議な感じがしました。作家とか物を書くのを生業としている人は、書いても書いても枯渇することは無い、湧き上がるエネルギーは無尽蔵、というイメージがあったから。

「ある転機ということ」というこの記事には納得できることが沢山書かれています。(以下一部抜粋)

*********************************
それからは、気功とか、山登りとか、友達とか、自分がしたい仕事とか、そういう自分の身近なこと、人との関係とか自然によって、だんだん身体が元気になっていって、かつての自律神経失調症、不眠、ぎっくり腰、倦怠感は、いままったく感じないまでに回復している。

 気功の先生に「あなたは小説を短い間に書きすぎましたね。そんなに魂を込めてしまったら、自分の魂が薄くなっちゃうんですよ。充電しながら小出しに書かないと、魂も消費されるんですよ」って言われた。

 つまりそういう「魂の力」というのは、この空間にたくさん充ち満ちているのだけれど、それを取り込むには性能のいい脳と、バランスのとれた身体が必要らしい。そして、どうやらそのエネルギーは人に与えるとなくなるらしい。だから常にチャージしていなくてはいけない、そういうものらしい。

(中略)

元気だけど自己中心的な人は、周りの人から大量のエネルギーを勝手に吸い取って元気になっているだけ。けっこう迷惑な人なのだ。そういう人のそばにいて、どよんとして元気がなくなっている人は他人にエネルギーをあげてしまうけなげな人だったりする。

 あまり元気はつらつな人は、その元気が実は他人のものを吸い取っているのかも……と、考えてみたらいいと思う。そういう例はすごくよく見る。不自然なほど元気な奥さんがたまにいるけど、だんなさんは、けっこうしょぼい。奥さんに吸い取られてるなあ……って思う。もちろんその反対もある。

 二十歳も半ばを過ぎたら、あんまり元気なのは不自然かもしれない。そこそこでいいんじゃないかな。過剰に元気になろうとすると、やっぱり周りから吸い取るしかなくなるよね。自分ではみんなに元気をあげているつもりでも、一番身近な人の元気を吸い取っていることがある。

 みんなが奪い合うように他人の精気を吸い取っていて、分け与えている人がとても苦しんでいる。もらったものは分かち合うのがよいらしい。分かち合うというのは、実はお金やモノだけではなく、この生命エネルギーも同じことみたい。分かち合えれば、あとは明るいも暗いも前向きも後ろ向きも個人の趣味嗜好の問題で、どうだっていいんじゃないかな。

とはいえ、その分かち合いの方法も実は私にはまだよくわからない。そうしたいなあ……と思っているだけなんだけどね。
**********************************

元気に、とにかく前向きに活動的に!とはつらつに過ごしているつもりでも、実は周りの人のエネルギーを奪っていただけ、ということはあるみたい。自己中心的なな活動に周りの人が振り回されていただけとか。

私はずっと両親からエネルギーを奪われていて(奪われないように対処する力を持っていなかったということ。決して、そんな両親が悪いと決め付けているのでは無い)その奪われていた物を取り返そうと、夫からエネルギーを奪っていた。自分が両親から言われたりされたりしていたことを、無意識にそのまま夫に対してしていた、ということなのだけれど。夫から奪うだけじゃ物足りなくて、もっと満たしてくれるもの、それは何だろう何だろう???と探してあれこれ頑張ってきた。「いつも元気だね」って言われるのが嬉しくてフル活動していた。他から奪うエネルギーには限界があって、自分の中にエネルギーの源があることに気づけなくて、枯渇して辛くて苦しくて。

ランディさんが書くように、エネルギーを満たすために第一に必要なのは「自分したいことをする、自分の本心から喜ぶことをする」。これをまず意識するのがいいのかなあ・・。

GW中に、またもや不眠とめまい、倦怠感に苦しんだけれど、でも10年前からこういうことはたびたびあり、最近は少なくなってきたほうだと思う。少しづつ少しづつ、心身共に健康を取り戻していると思う。例年なら必ず何回かは、熱を出す風邪をひくのに、今年の冬は一度も風邪をひかなかったのはそのあらわれだと思う。(家にいる時にいつも精油で芳香浴をしていて、免疫力がアップしていた?)

「聖なる予言」を去年の夏に読み返してから「エネルギー」に関して特に意識するようになり、人からとか、他の物(仕事や趣味など)に依存してエネルギーを受け取ろうとしても、いつかはどこかに歪みが出るから、依存してはダメ・・と思っていたのだけれど。

最近、とっても大好きだった教習所の指導員のSさん。「恋に落ちた」「大好き」なんて思う気持が、実はちょっと「依存」の現象に結びついていたことも意識した。夫との関係に不安感を持ってしまった時に「恋」をするなんて、どこかに自分を受け止めて欲しい、理解して欲しい、という欲求があり、それを「恋」に結び付けていたのかなあ・・と気づいたのでした。

「恋」は素敵な時間をプレゼントしてくれるし「恋」が無い人生なんて考えられないけれど・・でも今までの私は現実生活で「辛いよ~」と思うと「恋」にひたる癖があるみたい。

なんだか話が飛んでしまったけれど、今私は、人にどれだけ与えても枯渇しないエネルギーを持ち、何に依存しないでも、幸せだなあ・・と、感じられる人になりたいなと思う。ネガティブな物からも、自分を守れるエネルギー。

ランディさんが「分かち合えれば、あとは明るいも暗いも前向きも後ろ向きも個人の趣味嗜好の問題で、どうだっていいんじゃないかな。」と書いているけれど、明るくて前向きで、元気はつらつ、が必ずしも「正しい」のでは無いことはわかっている。暗くて後ろ向きだったとしても、自分が自分を癒す枯渇しないエネルギーを意識して持てる人になれればいいんだと思う・・。これがとても難しいことなのですよねえ・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

黄色いバラの花言葉は・・

ba★自分のネガティブな思いグセ「嫉妬」に気づけた!

昨日は、明石の試験場に試験を受けに行き、見事合格!(笑)やっと・・運転免許を再び手にすることが出来ました。あーよかった。さび付いた頭をフル稼働して勉強したのは、何度も受けに行くのは嫌だから・・。

我が家から明石までは1時間ちょっと。三ノ宮までは阪急電車で行き、三ノ宮からJRの新快速で明石に向かいました。あの脱線事故以来のJR。気づいたら2両目に乗っていて、ちょっとドキドキしちゃいました。やっぱりJRは早いなあ~と感心しつつ、こうやって速さを追い求める気持ちが、あのような悲惨な事故を招いたのに違いない、日本の鉄道は時刻ぴったりに走ることで海外からもお手本とされるらしいけれど、その几帳面な国民性を極めて極めて極めてしまったら、どこかに歪みが出てくるのかもしれないと思います。時間に遅れるとを寛容に認める社会になれ、と言う訳ではないけれど、安全より時間が優先されることは決してあってはならないと思うのです。

三ノ宮から明石に向かうJRの窓から、美しい瀬戸内海と明石大橋を眺め「海だ~海だ~!!」と心の中ではしゃいでいました。なんせ海無し県で生まれ育ったのです、「海」は非日常なのです。悩みを全て洗い流して飲み込んでくれるような、深い深いブルーの海・・お天気が良くて本当に綺麗だった!携帯カメラで撮影しようとトライしたけれど、速度があり、ここだ~!とシャッターを押しても、電柱やら建物で遮られた写真しかとれなくて。ここでお見せ出来ないのがとっても残念!

合格したご褒美に、黄色いバラを買って帰宅しました。昔から黄色いバラが大好きなのです。が、黄色いバラの花言葉は「嫉妬」なのです。好きなんだもん・・と気にしないでいたけれど、昨日もこのお花を無意識に選んでから、そうか、やっぱり今の私のテーマは「嫉妬」なのかもしれないと思ったのでした。

自分でも意識するのですが、私は些細なことで嫉妬しやすいのです。「いいなあ・・どうして私は・・・・」という思いについ浸ってしまいがち。やめよう、人と比べても何の意味もない。私は私の良さがある!と思うようにしているのですが。

最近も、仲良くなった教習所の友人が、予約を効率的に取ってタイミングよく検定に合格したのを「いいなあ・・どうして私は予約しておけなかったんだろう」とつい思って「あれ?どうして予約取れたの~?」とか言葉に出してしまったり。

そう言えば職場でもそうでした。年齢が近かったり立場が似ていると、つい競争意識をかきたてられる。競争し意識して、上手くいかないと嫉妬に陥る。子供に恵まれないことも、今ではすっかり自分の中では消化しているけれど、でも「羨ましいなあ・・どうして私は・・」と良く考えていたっけ。

母親から自分の女性らしさに関して、嫉妬されていたことに気づいてから「嫉妬」という感情を意識し始めました。今でも妹や母と話していると、些細なことで彼女たちが抱く、嫉妬の感情に気づく時がある。上手く受け流しているつもりだけれど、女同士の嫉妬はきついなあ・・とか思ったり。「人は人、自分には自分の良さがあり、人には人の人生がある。嫉妬はやめよう」と意識しないと私も同じような感情を他人に対して持ち、つい言葉や態度に出してしまうことがあると気づくことが出来ました。

黄色のバラの花は大好きです。これからもずっと好きだと思う。でも自分の中に芽生えがちの「嫉妬」の感情と上手く付き合って「私は私で頑張ろう」と思える原動力に変えて行きたいなあ・・と思いました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« May 9, 2005 | Main | May 13, 2005 »