« 教習所に通っている意味 | Main | 恋に落ちた!(笑) »

2005.04.14

ジョン・グレイ博士の「大切にされる女」になれる本

john少しづつ夫との関係が上手くいきつつある、今の時期に出会えた素敵な本です。以前この本を本屋で見かけた時は題名からの印象で、「可愛い女にならないと愛されない・・」ような事が書いてあるのかな、男っぽい性格だと認識しているし、女らしい女、になんてなれっこないよ、、と勝手に思い込んで手にも取りませんでした。でも少し前に古本屋さんで同じジョン・グレイ博士の「愛が深まる本」を何気なく買って読んでみたら「著者は男性なのに随分女性の心理が判っているのだなあ・・」と驚いたのです。グレイ博士の本は「ベストパートナーになるために」が有名らしく、横森理香さんの新刊「がんばらないでも幸せ」にも紹介されていましたが、まだそちらは読んでいません。

この「大切にされる女」になれる本 は、「女はこうであるべきだ」というのでは無く「女と男ではこういうところが違う・・・・だからパートナーにそれを理解してもらうために、女はこういうアプローチを行うと良い」という語り口となっています。読み始めた時「グレイ博士は女性の心理を理解しているけれど、私の夫は全然ダメ。この本を読んで勉強してもらいたいよ」と思いましたけど、どんな具体的なアプローチをすれば、女の気持ちをわかってもらえ、自分の欲しい物を相手から受け取る事が出来、それによって相手にも素敵なプレゼントが出来るようになるのかがきちんと述べられているので、試してみようか!という気にさせられます。

女は感情が不安定になると、まず話をしようとするが、話しているうちに自分の感情について考えられるようになる。だから、何か問題を解決する必要がある時も、まずは「感情」を外に出し、誰かにそれを聞いてもらい、そこで初めて考えることができる。(中略)一方、男は感情が不安定になると、まず行動を起こそうとする。行動することで考えがはっきりしていくからだ。(中略)男と女は“脳の働き方”がまったく違っている。男は基本的に、コミュニケーションを自分の考えを伝える手段として使い、それによって目的を遂げたり問題解決をはかろうとする。一方、女は男と同じ理由で話をすることもあるが、おもに、自分の気持ちをつかむため、また、考えをはっきりさせるために話をする。女にとってコミュニケーションは、男よりはるかに大きな意味があるのだ。(p44~45)

女性は、男には静かに自分の気持ちと考えを見つめる時間が必要なことを本能的に理解できない。反対に男は、女性が自分の気持ちを話す必要があるということがわからない。だから、男と女はお互いに果てしない欲求不満を感じるのだ(P45)

そして、男の方が「パートナーの問題を解決してやらねば」という責任感を忘れ、彼女の話に耳を傾ける訓練を積んで、それに慣れてくれば、パートナーの話を聞くことで自分も1日のストレスを解消できるようになる、という。夫もグレイ博士と同じように、テレビのニュースを見るのがとても好きだ。私にはちっとも理解出来ない。ニュースなんて新聞で読めば充分だと思えるのに何がそれほど面白いのだろう?と。でも博士は書く「問題を解決する必要性を感じなくて済むから1番息抜きが出来る」と。そうだったのか!男のリラックス方法は「問題解決を迫られずにいること」なのか!

だから女のほうからパートナーに話を聞いてもらいたい時は「ただ私の話をきいてくれる?」という一言を前置きして、解決を急がずにただ思いやり深くじっと話を聞いてくれればよいことをわかってもらうようにすればよい。これによって男は「パートナーを幸せにしてやっている実感」を持てて、女は大切にされる実感を持てる。話を聞くモード、に男を切り替えさせるには「あなたはちっともわかってくれないのね」という非難がましい言葉の代わりに「ちょっと待って、もう一度同じ事を別の言い方で言わせて」と言ってみる、これは「あなたは私の言っていることが、まだはっきりわかっていないようね」という意味をきちんと伝えていて、非難がましくない。解決策が欲しいわけではないことを早めに伝えれば、男も「解決する」ことから「話を聞く」モードに頭を切り替えられる、という。

そして「実際は大したことではなく、大げさに聞こえるかもしれないけど覚悟してね」とか「聞いてくれてありがとう。私の言葉をじっとやり過ごしてくれて感謝しているわ。つらかったでしょう」というような言葉によって男は、もっと話を聞くための努力をしてみようと思えるが、それは「最愛の人から不満を聞かされることほど、たまらないことはない」と、女性がわかってくれていると実感できるから。「愛があるなら話を聞いてくれるのは当たり前」という態度をされると、話を聞くのは辛くなる。また、男性にとって耳の痛いことを言うのなら、前もって「あなたを非難したり批判したりするつもりはないの。ただ私の気持ちを聞いてもらえれば支えられていると思えるから」というよう言葉で心遣いをみせると良いという。(P53~P74要約)

女は話す事で自分の気持ちや考えを確認していく、というのは実感できることだ。このブログに考えを書いてまとめていくこと、心優しい友人にあれこれと話を聞いてもらうことで考えや気持ちがしっかりしていく。夫があまり気持ちをあれこれ話さないことが理解できずにいたけれど、そうだったのか、男は自分の気持ちを確かめるには、まず自分の殻に入って沈黙し、行動してみることが必要だったのか・・。話を思いやり深く聞いて貰うために「何も言わなくていい、あなたを非難するつもりは無い、ただ気持ちを吐き出したいだけ」ということを伝え、聞いて貰えたことを感謝すれば良かったのか。。。

人の話を聞くこと、相手の愚痴を聞いてあげることは、その人に自分の時間をプレゼントしてあげることになる、と、どこかの本で読んだことがあるけれど、夫との間でもそうなのだ。あれこれ自分の気持ちを聞いてもらってすっきりしたら「聞いてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えなければいけない。そして次はあなたの話を聞くから、でも今のこの幸せな気分を壊したくないから明日にしてくれる?と言ってみるとか・・。幸せそうな女の姿を見せれば男は自分の怒りなんてどうでも良くなることもあると言う。

そして特に目からウロコ!と思ったのが、例えば相手が靴下を部屋中に散らかす癖があって片付けて欲しい時は、自分でそれを片付けてしまってはいけない。「靴下を拾ってくれる?私が洗濯したいから」と非難がましくなく押し付けがましくないように頼み、綺麗になってきたらそれに気づいてお礼を言う。なぜなら相手は靴下が部屋に散乱していても気にならない性格だけど、それを片付けるのは、頼んでいる女のためにしているから。そのうち自分のために片付けるようになってきても「ありがとう」というお礼の気持ちはずっと表現していけば、女から感謝されている実感が持てて男は満足できるという。

また「話を何にも聞いていないのね」と言う言葉では「身を入れて聞いて欲しい」という本心は伝わらず、かえって心が離れてしまう。「あなたは私の話を身を入れて聞いてくれないのね」と言えば本心は伝わるし相手を非難しても良い結果は生まれないという。

人は誰でも女性性と男性性の両面を持っているけれど、私自身も男性性のほうが強くなり、女性らしさはどんどん失われていたのかもしれない。女らしさを大切にする方法として、エステやマッサージに通ったり、周囲の人の手助けをあてにしたりと、いろいろな方法の例もあげられている。現代の傾向として、女らしさは意識しないと失われる一方なのかもしれない。

「女性は自分の感情について話をし、それを聞いてもらわないと心がときめかないし、一方で男性は行動に感謝されないと、彼女のために何かしようという気になれない」(P209)

夫婦の間でもやはり非難や批判は禁物、大切なのは感謝の気持ち、ということですね・・。早速使ったタオルを家中に散らかし放題の夫に対して「またここに落ちている!」と非難し、拾ってくれたら「偉かったね」と子供扱いするのをやめて「片付けてくれてありがとう」と言えるように努力したいなあ・・。

|

« 教習所に通っている意味 | Main | 恋に落ちた!(笑) »

Comments

こにゃにゃちは年賀状でブログを教えてもらったYだよ。小学校の時しもやけを揉んでもらったYだよ。このコメントは登録しなければ公表されないのかな。確実にわからないのでSさんと呼ぶね。1月にSさんのブログを1回開けたときはSさんのこと元々知ってるからいろいろ心配しすぎちゃうと思ったんだけど、10日ぐらい前かな、夢に出てきたの。Sさんがオープンテラスでひとりの女性の一緒にいるところを私が訪れてまた去っていくという。きっと私の中で
Sさんが宝塚に引越するということが気になっていたのかもね。宝塚のイメージがオープンテラスだったのかな。それでまたブログを開けたら
とってもおもしろくて感性が自分と案外似てると再発見しました。上の子と下の子の違いがあるというのは子供のころから本能で感じていたけど。Sさん私からみると友達なんだけどお姉さんらしいやさしいところがあるから。ところで今日J-WAVE聴いていたらブログ自慢で100万当てようっていうの応募していたよ。私はあまりPCに向かわないのでほとんどSさんのブログしか知らないけどアクセスも多いしとってもいいと思う。等身大の癒し系?で文章がそのまま本読んでいる錯覚おこすぐらい読みやすいよ。  話は最近の日記のコメントになっちゃうんだけど、Sさんのだんなさん理系っぽいね。私の夫も理系。男性がニュース番組好きだってあったけど理系の人はニュース番組好きだよ。私の母がそうで父が違う。父は総合の対談とか文学芸術系が好きで昔お楽しみには「エマニュエル婦人」とか見ていたけどね。?私は文系と言うのは恥ずかしいけど理系ではない。この分析は去年東京での生活に疲れ金沢夜行一人旅にはまって旅館の女将とお知り合いになったとき話に出たの。女将は母と同じ年の人で他に客が1組しかいなかったとはいえずっと私の部屋で話相手になってくれた?の。珍しい経験だったけど、私の母は口下手であまり話さないから経験を積んだ女将の話は女性の生き方として大事なことを教えてもらった気がしてすごく元気になったんだ。日本海の魚のせいもあるけれど。そう、Sさんも書いていたように現代は女性も男性も中性化してそれぞれの良さを体現できないしくみになってるってあると思う。また話は変わるけどボリジ、種からそんなにきれいに育ったなんていいな。今、与野に引越してすぐ植えたワイルドベリーが花を咲かせたんだけど近くにボリジを植えると相性がよく土がカルシュウムたっぷりになって鉄分ミネラルたっぷりのベリーがなるって知って植えようか迷っていたの。早速植えることにした!ボリジの砂糖菓子も素敵。高級なケーキ屋さんにありそう。Sさんの過去の日記で知ったレンコンの梅肉あえも先日作ったんだよ。とってもヘルシーで翌日まで身体すっきり。ときどき作ることにします。レンコンは温めたときとナマでは作用が違うってなるほどと思った。私は温めたほうがいい体質だけど前に恵比寿のベトナム料理店でベトナムではセレブに人気だというレンコンの茎のサラダというのを注文して夏だったのですっきりさわやかになった経験があったの。茎も穴が開いてるんだよ。とりとめのない便りでごめんね。教習所がんばって。私は週一で着付け習ってるけど先生がよくて生徒たちが和気あいあいで久しぶりに女性だけの楽しみ味わってるよ。20代~60代の人までいるからいろんな気遣いが雰囲気よくしてるのかと思ってる。あとボケ防止に経済学勉強している。不動産鑑定士の1科目なんだけど古い体質の世界なので資格は取らないかもしれないけど大学の経済学部で習うようなことはじめてちゃんと知って難しいんだけど苦手意識があった分野なのに知ってよかった経済学って大事なことだったんだと感じてる。長くなっちゃったおやすみまたね

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.04.23 01:45 AM

わお!Yちゃんじゃない?見ててくれたんだね~コメント沢山ありがとう。最初誰だか全然判らなかったけれど、小学校から高校まで一緒のYちゃんだった!(笑)夢に出てきたの?私・・なんだかとっても嬉しいよ。一緒にいた女性って誰だろう?確かに、宝塚歌劇の劇場にはひろーーいオープンテラスでお茶飲める場所があり、先日ちらっと通りました。お茶は飲まなかったけれど、そこの場所だったりして。ブログの内容?文章?褒めてくれてありがとう。とってもとっても嬉しいです。知っている人に読んで貰うのは超恥ずかしいけれど、でもYちゃんにはお知らせしちゃった!(笑)

>>現代は女性も男性も中性化してそれぞれの良さを体現できない
>>しくみになってるってあると思う。

これって凄く問題なことみたい。私も昔は、男も女も関係ない!って思っていたの。仕事でも家事でもなんでも同じ・・「平等」というより「人間としてどうあるべきか」みたいな考えかたしていたの。でもね、やっぱり女性が女性らしい部分を意識して発揮すること、男性が男性らしい部分を意識して発揮することって、大切だなあ・・自然なことだなあ・・と思うようになったよ。男だから女だからという制限で何かが出来ない、しなければならない、というより、人間として出来ること、私だから出来ること、夫だから出来ることってあると思うから・・。

経済学を勉強中なんだね!私も最近哲学をちゃんと勉強してみたくなりました。でも誰々派・・みたいになるのはなあ・・。どうかな・・とか思って躊躇しています。尊敬できる哲学者に出会えればその人について行きたい所だけど。昔からキリスト教学とか倫理とか哲学とか好きな科目だったんだよね・・。

って、今度はメールで話しましょう!(笑)

Posted by: shiiko | 2005.04.23 08:49 PM

初めまして。「ジョン・グレイ」+「話を聞いてもらいたい」で検索してこちらのサイトに参りました。ブログの日記(2012/01/21)にこのページをはらせていただきました。(よろしかったでしょうか? 問題がありましたらお知らせ下さい。) スピリチュアルなことにも関心がありますので,また訪れます。

http://plaza.rakuten.co.jp/shineikenkngw/diary/201201210000/

Posted by: 英文法ルター | 2012.01.21 02:48 PM

リンクありがとうございました。
この本は本当に名著ですね。
私のブログから買って下さる方が、大勢いらっしゃいます。
こんな風に皆が考えられたら、皆が幸せになれるのにな~って思います。

Posted by: shiiko | 2012.01.23 12:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジョン・グレイ博士の「大切にされる女」になれる本:

« 教習所に通っている意味 | Main | 恋に落ちた!(笑) »