« April 23, 2005 | Main | April 27, 2005 »

April 25, 2005

2005.04.25

世の中を作っているのは一人一人の人間

今日のいいこと!
★高速教習が楽しかったこと
★世の中で大変なことが起こっている、と嘆きたくなるけれど、でも大切な事は・・と考えたこと

JR史上最悪と報道されている福知山線の大事故。この事故が起こる時刻に高速教習を受けていました。ラッキーにも指導員は先日恋に落ちた(笑)Sさんで、女の子3人と和やかな雰囲気の中の教習でした。高速道路を運転するのは恐かったけれど、でもドライブは楽しかったです。

今日は楽しい気持ちだったけれど、でも事故のことを思うと・・。大勢の人が一瞬の内に大事故に巻き込まれ亡くなるなんて、本当に胸が潰れる思いです。その上この春は、いつもより以上に沢山の、悲惨な事故が連日のように報道されているような気がする。電車のホームから人を突き落としたり、子供を突然襲ったり。次から次へと信じられない!という事件が起こって、ニュースに対する感覚さえ麻痺してしまっていく。「世も末だ」と良く両親がつぶやいていたけれど、本当にそうなのか?と思えてしまう。

テレビをずっと見る習慣は無いけれど、何気なくチャンネルを合わせたワイドショーで、事件の裏側や、加害者、被害者のそれまでの様子、などを放送しているとつい見入ってしまうこともある。そしていつも思うのは「加害者は特別なのだろうか?」「自分が被害者にも加害者にもなる可能性はないのだろうか?」ということ。被害者になることは容易に想像できても、加害者になることは想像できなくて、この犯人は特別・・と思いがちだけれど、でも誰でも心の中には、何か犯罪を犯してしまいたくなる要素を隠し持っているのかもしれない、と思うと、自分とは無関係ときっぱり思えはしない。身体、精神、どこかを病んでそしてふと犯罪に手を染めてしまうとか。自分で自分の衝動が抑えきれなくなるとか。

学校が悪い、教育制度が悪い、昔は良かった・・凶悪事件が起こるたび、さまざまに論じられる。もちろん良い方向に改革していくべき課題は、大勢の人の間で論議されなくてはいけないと思う。でも、1番大切な事は「私が、自分が、出来ることをして精一杯生きる」ということだろう。自分自身の中に暗い面と明るい面があるのと同じように、犯罪者の心の中も決して100%黒一色のはずは無いのだと思う。

こんな事を言うのは奇麗事かもしれないけれど、でも生まれつきの犯罪者はいないと思うし、生まれつき神様のように白一色の人もいないと思う。だから大切なのは「自分自身がどう生きるか」「自分がどう生きるかで周りに良い影響を与えていくか」ということなのだと思う。

今日の朝の事故をニュースで知った、母親や義父、親戚、友人たちから「宝塚線と言っているけれど大丈夫?」という電話やメールを受取り、大勢の心配してもらえる人に囲まれているんだなあ、ありがたいなあ・・と感謝の思いにかられました。いつどんな事故に巻き込まれて、いつどんなハプニングで、自分の生を終わらせてしまうこともあるかもしれない。そう思うと、今こうして元気に生きていることこそ、感謝したいことに思え、生きている、その「生」を最大限に生かすにはどうしたらいいか、と考えずにはいられません。

少し前の朝日新聞「池田晶子さんからあなたへ」という記事がとても素敵だったので紹介します。

**********************************
(前略)「生きる」の何であるかを知るためには、我々は考えなければならない。考える、すなわち、内省する。しかし、「内省する」と言って、人はその意味すら理解しなくなった。外ばかりを見ているからである。そして言う、内省などしていては、生きてゆかれない。しかし、その「生きる」の何であるかが、我々の最大の問題なのではなかったか。話は初めから転倒しているのである。
 自分が生きているとはどういうことか。「自分」とは何か。考え始めるなら、人はこの当たり前のことがおそるべき謎であることを理解するはずである。謎とは別名、奇跡である。この当たり前の奇跡の前には、天下国家などいわば些事である。そのういう視点を、人は必ず獲得するはずなのである。
 世の中のことは、どうなる?
 しかし、世の中を作っているのは、一人一人の人間以外の何ものでもない。一人一人が、自分が生きているという奇跡に自覚的に生きる、それ以外に確かな道などあるわけないのである。 全員の自覚まで、なるほど少々時間はかかります。しかし、宇宙を思ってみればよろしいのです。
(4月11日朝日新聞)
*********************************

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

大事故が起こってしまいました

兵庫県尼崎市のJR福知山線で大事故がありました。
住んでいる場所からそれほど遠くない所で、このような事故があったとは驚きです。

今日の午前中は、教習所の高速教習で、中国自動車道を宝塚インターから三田へ往復していました。大阪方面に、姫路や明石の消防車やパトカーが何台も走って行ったので「何か事故があったのだろうか?」と話していたところでした。

電車内には、まだ救出を待つ方が残されているようです。どうか被害がこれ以上大きくならないように・・。怪我をされた方が出来るだけ早く回復されますように。亡くなられた方のご冥福を祈り、二度とこのような大惨事が起きないようにお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« April 23, 2005 | Main | April 27, 2005 »