« April 19, 2005 | Main | April 21, 2005 »

April 20, 2005

2005.04.20

寺門琢己「プチ内観こころ塾」

naikan田口ランディさんとの対談集「からだのひみつ」を読んだことはあったけれど、寺門さんご自身の本は初めて買いました。語り口はソフトで、20代の女の子に向けて書いているのかなあ・・という感じ。でも内容はとても深いです。「大人の女の心を磨く」とサブタイトルにあり、きちんと内観できることで、気持ちが楽になったり、成長したり出来るんだなと理解できます。

私自身は、自分と両親、夫との関係という1番身近で重い問題を考え直さざるを得ない問題に直面してしまって、これをどうにかしなくちゃ・・って感じで突き動かされて来たけれど、特にコレと言った問題が無い、悩みもあんまりないよな~なんて思っている時期に、なんとなくほわっとした気持ちで「本当の自分ってどんな感じ?」と考えるのにもきっかけをくれる本だと思います。もちろん、きっかけをきっかけだけに終わらせず、掘り下げまくっていったら、様々な問題が噴出してしまうかも・・しれないけど。

「自分を変えたい」「今の自分なんて大嫌い」「自分を褒めることなんて出来やしない」「自己嫌悪ばっかりの毎日」・・etc
こんなふうに強く思ってしまうことって、ただ何となく生きているより凄いことだと思う。自分をもっとよく出来るのではないか?頑張れるんじゃないか?って、変わっていける、自分の中にある可能性に気づきつつあるわけだから。でもどうしていいかわからない、何をどうすれば楽になれるの?・・・空回りしてもんもんとして、不眠症になったり鬱っぽくなったり、、、気持ちと身体と心がアンバランスになっていくのだと思う。

春、という季節は、花が咲き乱れポカポカ陽気になって「さあ、始めるぞ」と前向きになれるけれど・・でもその半面「木の芽時」と言う言葉があるように、精神的にも体調的にも、バランスを崩しやすいことが多い。去年の今ごろ、私は2年前に引き続き、円形脱毛症に悩んで、一体何がストレスなのか?と自分のことが全然わからずにいました。どうしていいか判らない中で、本を読み、フラワーエッセンスについて知り、自分のストレスを明らかにしてもらいたくて、アドバイスを受けることにしました。そこから自分を苦しめていた自分の考え方など、問題点がはっきりしてきて・・そして今に至ります。やっぱり1番難しくて1番大切な事は「自分を知る」ことかな・・。自分を知り、自分を大切に出来るようになれば、他人もちゃんと大切に出来るようになるのです。

寺門さんのこの本を読むと、そうだ!そうやって自分の心を整理して行く習慣を身に付けてれば、自分の中に潜む可能性を発見できるのかもなあ・・と気づかされ、やってみよう!という気持ちになります。

寺門琢己ブログ
http://terakadotakumi.cocolog-nifty.com/karada/
「プチ内観こころ塾」

関連記事 
2004年10月25日 田口ランディ&寺門琢己「からだのひみつ」
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2004/10/post_21.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« April 19, 2005 | Main | April 21, 2005 »