« March 28, 2005 | Main | March 31, 2005 »

March 30, 2005

2005.03.30

原田真裕美さんの新刊「幸福純度100%の自分を生きる本」

最近のいいこと!
★こっちに来てから感じの悪い人に会っていないなあ・・とシミジミ思ったこと
★あやうく大怪我?となるはめだったけれど、大したこと無く済んだこと
★アルバム整理が進んでいること

買い物の時お店の人に、宅配配達員の人に、集金の人に、レストランで、、「ったく、感じ悪いよな~」なんて思うことって良くあったんですけれど最近は、特に引っ越してきてからまだ一度もありません!とっても嬉しいです!

浅見帆帆子さんの本を読むまでは、意識していなかったけれど「感じの悪い人に出会うということは、そういう人に出会ってしまう自分になっているってこと」とうことを気にし始めてから、ムッとする出来事に例え出会ってしまってもイライラする前に「あ~最近の私ダメなのかな~」なんて反省するようになりました。

引越し後は、全然無かったので嬉しいなあ・・と思ってて、でも、昨日から教習所に行き始めたのですが、予約機の使い方が判らなくて教えてくれたお兄さん、感じ悪くは無かったのですがいかにも「早く終えたいな~判るでしょう~?」という態度がミエミエでちょっと悲しかったです。

いつも優しく対応してもらえていると、それが当たり前になってこっちも「ふーん」という感じでクールに淡々としてしまいがちだったので、ちょっと反省しました。どんな人に対するときも、きちんと、ゆっくり心をこめて言葉を発しないといけないなあ・・と。目を合わせるのを、おろそかにしていたかもしれないなあ・・とか。

ということで、まあ概ねいい感じ、に毎日を過ごしています。日に日に暖かくなって沈丁花の香りが漂い始めて、ああこっちに戻って来られて本当に幸せだわ~とうっとりしながら昨日は自転車で買い物に出かけました。

いい気分でペダルを踏んでいて、踏み切りに差し掛かり、カンカンカンと音が聞こえて来たのですが「いっちゃえ~」と突入してしまったのです。普段あまりそういう無謀な事はしないのに、昨日に限って突破を試みてしまいました。

遮断機が抜ける直前に降りてきてしまって、腕で押したけれど、なんと顔にガツン!と当たってしまったのです。(涙)下唇に当たって口の中が少し切れて、凄く痛くなってちょっと涙も出てしまいました。ああ、なんて不注意だったのでしょう!フワフワそわそわしていたことを反省し、これが鼻に直撃とか目に直撃とかじゃなくて良かった!顔を切ることにならないで良かった!唇だから粘膜がすぐ復活出来て良かった!と思いました。こっちにきて自転車に乗ってあちこち出かけることが多いのですが、車や人が少ない分、信号無視も当たり前になってしまい、危ない!ということが何度かあったのです。痛い思いをしたから、本当にこれからは気をつけよう・・・。

古い物を整理したり片付けをしているのですが、数年分溜まったアルバム整理に手を付け始めました。整理したい・・とずっと思っていた物、いらない写真やネガを捨てて少しづつすっきりしています。子供の頃の写真も、少し前の「見るのも嫌!」な時が過ぎて今は「そうそう、この家族旅行のときは父親のこんな態度が嫌でたまらなかったっけ・・・」とか「この頃母親にこんなこと言われていたんだ」とか、思い出しても冷静なままでいられるようになりました。

原田真裕美さんの新刊「幸福純度100%の自分を生きる本」の中にこのような事が書かれていました。

**********************************
現在・過去・未来を見つめることで、満たされていない物は何かに気づける。自分の魂の満たされていない部分とは、生まれてから今までの生い立ちの中で出来あがった空洞みたいなもの。基本的には親との関係で満たされていない部分のこと。愛情面、経済面、精神面などで自分が親から与えてもらえなかったものをまず明確にする、それが自分の満たされない部分の原形。それを認識することで、どうして今の自分があって、将来どんな自分になっていきたいのか、をチェックする。

「自分の生い立ち」「両親の生い立ち」「両親の抱えている問題」「自分と両親との関係」について考え、今の自分にどう影響しているかを見てみる。そして自分が大切にしたい部分、自分が嫌いな部分、変えたい部分、努力して変えた部分は何か、変えたいけれど引きずっている部分は何か、今すぐ変えるとしたら何なのか?と考える。自分が親に深く傷つけられたことについても考えてみる。誰でも子供の頃は感受性が強いので、大人が何の考慮もなしに言ったささいな言葉に完全に痛めつけられて、深い傷を追ってしまう。親が自分の信頼や期待を裏切ると、長い間傷ついてしまう。親以外の人から受けた物も同じ。この傷を癒して傷跡を満たしていくために、今まで何をしてきたか?・・・これが完全に満たされた未来を作る過程。自分の土台の欠陥を見つけてそれを埋め、完成度の高い自分を目指して夢を持ってください。(P163~166 要約)
**********************************

子供の頃、親や周囲の大人の何気ない言葉に傷つけられそれをずっと持ち続けている人は多いと思います。私自身もこの1年はそれを突き詰めて感じてきました。そこに向かうのは辛かったけれど、やっと冷静に対処できるようになってきて、アルバムの整理も出来るようになってきました!親も不完全な人間なのだから責めても仕方ない、その時の親の気持ちが理解出来れば大丈夫、やっとそう思えるようになったけれど、他人に親の肩を持たれると傷ついた自分が悪いと言われているようで本当に辛かった。もしこれから先「傷ついた事があった・・」と誰かに話をされたら「傷ついた」心に寄り添える自分でいたいなあと思うのです・・。

原田真裕美さんの「自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本は大好きだったので、この新刊も買い求めました。こちらの「幸福純度100%の自分を生きる本」は、前回の本を具体的にどのように実践していくか、どのように魂と繋がった、魂の喜ぶような生活をしていくか、直感が磨かれていくのか、ということが書かれています。食生活など詳しく書いてあって、ちょっとづつでも試してみたいなあ・・という気持ちにさせてくれます。有機野菜を食べるとか、砂糖の沢山入った食品を控えるとか、生野菜のジュースを飲むとか・・。「魂と繋がっていると」は「自分が嫌なことには嫌と言えるとか、間違っているものは受け入れないとか、魂レベルで結びつきを感じない人や物事には振り回されないとか、自分にとって正しいものを迷わず選べるとかそういうこと」(P6)なのです。「自分のまわりに・・」がとても素敵な本ですが、こちらもオススメです。

<関連記事>
カチンエネルギーを飛ばす人には
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2004/12/post_5.html

<お知らせ>
左のバーの「私を変えた、本との出会い」のページが表示されなかったり、本の画像表示がされない状態のままになっててすみません。ADSLの切替がnifty側の都合で時間がかかってしまったので、今月一杯はHP領域が無い格安コースなっているのです。来月以降は表示出来るはずなので、4月から整理しつつ、もう少しこのブログも綺麗にさっぱりしたいなと思っています。

<追記>
原田真裕美さんのブログみつけました!
原田真裕美の魂的ブログ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« March 28, 2005 | Main | March 31, 2005 »