« February 20, 2005 | Main | February 22, 2005 »

February 21, 2005

2005.02.21

古い物を処分すること

今日のいいこと!
★家の中の片付けがちょっとづつ進んでいること。

ちょっとづつなのです。でも進んでいます。(笑)とにかく本や切抜きや書類やビデオテープなどがとても多くて。それでも夏ごろからは人にもらってもらったり、捨てたり、洋服はリサイクルに出したり。意識的に片付けていたつもりなのですが、引越しとなると「うーん、やっぱりこれは捨てるべきか?」とかなんとか、1つ1つ悩んだりして。あと1週間だからそんな暇は無いはずなのですが。

処分するかどうか悩む物って、思い切って処分して「ああ、とっておけばよかった」などとは思わないのです。「処分して良かった」と清々できるし、必要な人に貰われて行くととっても嬉しい。なんでも未練も無く、簡単に捨てられる人もいるようだけれど、ちょっとした物に、思い入れを持ってしまう性格だから、簡単にはゴミに出来ません。処分に時間がかかることを思うと、手に入れるとき買い物をする時に必然的に慎重になっていきます。本当に必要な物を必要な時に必要なだけ手に入れる・・そうできたらいいなあ・・理想なのですが・・。

少し前の新聞に載っていた大江健三郎さんのエッセイに、こんなことが書かれていました。45年来、数年ごとに主題を定めて本を読んで、締めくくる時に大切に思う本だけ段ボールにつめて2階の書庫に積み重ねてきて、東京の直下型地震の警告の事を考えると、どうにかしなければいけない、と年末年始に決心し、資源ごみに出すように整理し、自力で片付け、達成感を味わった。でもそこで、突然目のくらむほどの未練が噴き上げて、なんということをしてしまったのか!と思ったとか・・・。そしてでも「後ろ向きの未練に甘えているわけにはいなかい」と感じたそうです。

大江さんほどの立派な方でも、思い入れのある本を処分して、こんな思いをしたのだから、大好きな本や物に執着してしまう自分のことも「当然だよね」と思いました。「当然」なんだけれど、やっぱり処分しなくちゃいけない時はしなくちゃ。なかなか思い切れない物ばかりだけれど、頑張ります。新しい物を得るために、古い物をまず手放すことが必要ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« February 20, 2005 | Main | February 22, 2005 »