« February 18, 2005 | Main | February 20, 2005 »

February 19, 2005

2005.02.19

自分で自分を安定させるとは?

「自分で自分を安定させるとは?」この所そのことをずっと考えています。気分が落ち込むと身近な家族に不機嫌を思いっきり出して、あたる。気持ちが満たされないとどうしていいか判らなくて、何が原因で落ち込んでいるのかも、どうしていいのかも判らなくて、自分が嫌になって落ち込む。落ち込んだ気分を引き上げてもらうために、以前の私がしていたことは、あても無くデパートをさ迷ったり、本屋をさまよったり、友人に話を聞いて貰うために長電話をしたり。憂鬱な気分のままに悩み相談して「大変だね」「あなたは悪くないよ」と言って貰ってその時は一瞬安心できる気持ちになれる。

でも、そうやって友人相手に愚痴をこぼしても心が晴れなくて、それどころが余計落ち込んじゃったり。まるで自分の周りの人が皆私を理解してくれなくて、のけ者にされているような被害妄想にはまりこんで、どうにもならなくてイライラしたり。

周囲に愚痴をこぼし、期待するような言葉を貰いたいと他人のエネルギーを奪おうとしている、その事に気づいてからは、本の中に元気にしてくれる言葉を求め続けてきました。どんどんどんどん思いつくままに読んでいくと、本当に沢山の感銘を受ける言葉に出会えました。

沢山の本を読んで判ったこと。それは自分を安定させて自分の心を落ち着かせられるのは、自分しかいないということ。方法は色々あるけれど「心配しない」「ネガティブな考えにはまり込まない」「周りの人のネガティブなエネルギーには振り回されない」「起こる事は全て良いことと捉えて、物事の良い面に着目する」など、一見簡単そうで、でも、はまり込んでしまう癖がついていると、きちんと意識しないと出来ない、心の持ち方こそが自分を安定させてくれることだったのでした。

愚痴はなるべく言わないようにしよう。起こった事に対していつも感謝の気持ちを持つようにしよう。嫌な人に出会った時は、自分に照らし合わせ、同じようなことをしていたんじゃないか?何かを教えてくれているのではないか?と捉えてみよう。落ち込んだり、イライラしそうになったら明るい気持ちになれるアイテムを試してみよう。などなど。自分をいたわって、自分が自分の1番の味方になって、考えている以上に自分は本当によくやっているんだ、と思い始めたら、自分自身を安定させることが少しづつ出来るようになってきました。

むっとするとすぐ顔に出してしまうことも多かった。でもその出来事の裏側に潜んでいる自分に対するメッセージを探そうとするだけで、客観的に捉えて、一段高い目線から物事を見る事が出来るようになってきました。

そうやって、自分の気持ちをいつも穏やかに優しい気持ちを保つように努力していると、いつの間にか、友達との長電話は必要で無くなり、ネガティブなエネルギーから自分を守る為に自分を強くし労わる時間を、少しづつ大切に出来るようになりました。1人で家にいることが辛く無くなってきました。以前はとにかく誰かに何かに繋がっていないと不安で仕方なかったのに。

自分の気持ちをいつも穏やかに、明るく保つ。ワクワクすることを考えて、人に何かをしてあげることで、自分がワクワク出来ることをしてみる。人にしたことは「自分の為にしたことだから」と思って見返りは期待しない。

意識しないでこんなふうに出来るようになるまでは、まだ時間がかかりそうだけれど、常に「ああ、また悪い癖にはまりそうになってる」と意識することで、少しづつ軌道修正していけているような気がします。

ここ半年ぐらい、当たっているなあ・・と思いながら毎週金曜日の更新を楽しみにしている「ジャンスピラーの星占い」。今週の牡羊座のメッセージはちょうど「心配をやめること」について書かれていました。
http://www.cainer.com/japan/aries.htm

新しい生活、新しい流れを、心配しないでわくわくしながら迎えようと思いながら、引越し準備頑張っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« February 18, 2005 | Main | February 20, 2005 »