« 絵本作家 ターシャ・テューダーの本 | Main | グレーの時間を減らしてみよう! »

2005.01.03

NHKドラマ「大化改新」

NHK古代史ドラマスペシャル「大化改新」が面白かったです。山背大兄皇子(やましろのおおえのみこ)役の山口祐一郎さん目当てで見たものの、鎌足役の岡田准一君も上手だったし、入鹿役の渡部篤郎さんも良かったです。何より大好きな奈良のお寺や、飛鳥の風景がドラマの中でふんだんに使われていて、さすがNHKだなあ、、贅沢に時間をかけてロケをしているなあ、と感心しました。こんな風にドラマとして描かれている中で、どこまで史実に沿っているのか?という所も気になるけれど、純粋にお話として楽しめるものでした。

山口さんは、出番はそれほど多くは無かったけれど、聖徳太子の息子としての威圧感、存在感があって、期待以上の素晴らしさでした。(ファンの贔屓目?)月に向かって動かす、あの手の振りが、妙にツボでした・・(笑)山口さんって舞台でも妙な手の動きをされる時があって・・それを思い出してしまったわけですが。(笑)でもでも、こういった時代がかった大げさ?と言っても良いような演技が似合っていたと思います。

大河ドラマ「利家とまつ」の佐々成政役が記憶に新しいところですが、これからも丁寧に撮影をするNHKの時代劇ドラマにどんどん出て欲しいなあ、と思います。あ、でも、舞台で拝見するのが少なくなるのは、困るのですけれどね・・。(笑)

その他の役では、中大兄皇子の小栗旬、宝皇女の高島礼子、南淵請安の仲代達矢、も良かったです。

大化改新HP
http://www.nhk.or.jp/taika/index.html

|
|

« 絵本作家 ターシャ・テューダーの本 | Main | グレーの時間を減らしてみよう! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/2470397

Listed below are links to weblogs that reference NHKドラマ「大化改新」:

« 絵本作家 ターシャ・テューダーの本 | Main | グレーの時間を減らしてみよう! »