« January 23, 2005 | Main | January 27, 2005 »

January 24, 2005

2005.01.24

レ・ミゼラブル「マリウスデー」のイベント

日比谷シャンテで行われたレ・ミゼラブル「マリウスデー」のイベントに行ってきました。

出演は2005年レミゼのマリウス役の3人の岡田浩暉さん、泉見洋平さん、藤岡正明さん、エポニーヌの笹本玲奈さん、コゼット役として(本公演ではマテロット役)西浦歌織さん、女性アンサンブルの、亜久里夏代さん、荒木里佳さん、井上珠美さんでした。アンサンブルの3人が司会進行をつとめ、最初に15分ぐらいレミゼの替え歌バージョンで大きく盛り上がり、マリウス3人と笹本さん、西浦さんが登場しました。

マリウスのナンバーをメドレーにして、交代しながら歌い綴り、途中で面白いトークが繰り広げられ、とっても楽しかったです。地方レミコンの合唱隊の中から抜擢されたという、西浦さん、コゼットの歌を美しく歌っていました。

岡田さんのほのぼのトークに受けてばかりでした。1番笑えたのが、レミコン、レミゼの公演を今までやってきて何かエピソードや思い出に残ることがありますか?という質問で、岡田さんが1番最初に「僕はうどんが大好きなので、高松に行って、朝から美味しいうどんを食べに行ったりして嬉しかった」みたいなことを言い、司会の井上さんに「旅日記じゃないんだから・・何か公演のエピソードを。」とつっこまれ、後ろにいた笹本玲奈ちゃんに「まぼろち、まぼろち」とささやかれて「あ、そうそう、名古屋公演の時に『彼女はまぼろし~』と歌うべきところを『彼女はまぼろち~』と歌ってしまったことです」と披露してました。(笑)井上さん曰く「平然としていたのは浩暉さんだけで、後ろはこらえるのに大変だった・・」とか。(笑)

今回の公演では、岡田さんは、3人のマリウスの中でも1番のベテランとなり「筆頭頭(ひっとうがしら)」と呼ばれつつ先頭切って発言をしたり、全体をまとめてみたりと、年齢なりの(?)奮闘をされていました。が、なんとなく岡田さんが話し始めると、ほわああ~ん、とほのぼのした空気が流れ、「岡田ワールドが出来ている」と指摘されていたのでした。岡田さんのあの空気は、なんとも言えない雰囲気で私は好きなんですけれど・・場がなごみますね。(笑)

その他、笑えたのは「コゼットに初めて会った時に、マリウスが心の中でつぶやく一言は?」という質問にコゼットに会うシーンを再現しつつ「後光が差してる~」と叫んでいたところ。「後光」って・・。岡田さん、阿弥陀如来じゃないんだから・・とこれまたつっこまれていました(笑)。

エポニーヌへの思いについて話していた中で、もしエポニーヌの気持ちに気づいてしまっていたらなんと言うか、と聞かれて「僕のことを思っても悲しいだけだよ」と言っていたのが、マリウスの気持ちそのものって感じだったのですが、玲奈ちゃんはそれを聞き、わーーん、と泣く真似をしていた可愛らしかったです。

初めて聞く藤岡正明さんの声量には、びっくりしました。とっても若いけれど、実力がありそうですね。張り上げた声が少々オペラチックなのも私は好みです。テレビ東京のASAYANでから出てきた方だそうで、期待できそう。ただ、ちょっと身長が低めなのが残念。

前回のレ・ミゼラブルでは、岡田マリウスが声も雰囲気も全てが大好きだったけれど、さて私は東京公演を見ることが出来るのでしょうか?わからないけれど、大阪梅田芸術劇場では12月にレ・ミゼラブルの公演があると発表されているので、12月に岡田マリウスに会えることを夢みつつ・・・2005年を過ごしたいです。って、1月なのに12月のことを思うなんて!早すぎですね~。(^^;)

引越し前に、生の岡田さんの歌声と笑顔に出会えて、とってもとっても幸せでした。

レ・ミゼラブル公式HP「マリウスデー」
http://www.toho.co.jp/stage/lesmis/event_marius_r.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« January 23, 2005 | Main | January 27, 2005 »