« 「SHIROH」観劇 | Main | 卓上の加湿器を愛用しています »

2004.12.22

世界の半分は人の心でできている

11月20日の記事にも石田衣良さんのエッセイについて書いたのですが、12月16日の日経新聞のエッセイもまたまた素敵でした。

「世界は確かに厳しくなっているかもしれないけれど、その世界の半分は人の心でできているのだ。モンテーニュもいっている。『人間は、物事それ自体によってではなく、彼らがこれに関していだいているところの考えによって苦しめられている』ぼくもこの意見に賛成する。外の世界が暗いとき、自分の心まで暗くしてはいけない。自分の心の暗さや明るさ、温度や湿り気を決めるのは、それぞれの人に任された仕事なのだ。たいへんな1年だったけれど、なんとか今年ものり切ることができた。日々を懸命に生きている人の暮らしなら、必ず心の隅を照らすようなちいさなエピソードが、この1年であったことだろう。あなたの家族あるいは好きな人に、なにかいいことは起きませんでしたか。そういう小さな『いいこと』を胸に灯のようにかかげて、ちょっと早いけれど新しい年も、ゆっくりとすすみましょう。」
(12月16日付 日経新聞夕刊より抜粋)

あともう少しで2004年も終わります。私にとって中身が濃すぎるぐらいの1年で、振り返ってみれば辛いよーーーーと叫びたくなることが多かったけれどでも、起こった出来事を、自分がどうとらえるかによって、自分の心を暗くも明るくも出来る。自分の心をの中を明るくしようと努力することで、周りの人も明るく出来るし、またその努力する上で、周りの人の暖かさや優しさを再認識して感謝出来る。自分も回りも少しづつだけれど良い方向に流れていける・・・そんなことを実感した1年でした。

大好きな観劇も、昨日の「SHIROH」で終わり。観劇して、大好きな観劇友達とおしゃべりして笑い合う、貴重な時間を昨日も過ごすことが出来たのでした。本当にどうもありがとう!!

来年は、この素敵な時間や素敵な友達に感謝しつつ、本当の意味で人に優しく出来る芯の強い人間に成長したいなと思っています。先週受けた今年最後のリーディングで、今の私の課題も明らかにしてもらえて、それはやはり女性というセクシャリティと母性に関するものでした。チャクラで言うと第2チャクラ。創造性、物を生み出す鍵となる場所のようです。否定的に見ていた母性を肯定して、強く優しい人間に近づくことが来年の目標です。

|
|

« 「SHIROH」観劇 | Main | 卓上の加湿器を愛用しています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/2342705

Listed below are links to weblogs that reference 世界の半分は人の心でできている:

« 「SHIROH」観劇 | Main | 卓上の加湿器を愛用しています »