« 自分自身の中にしか答えは無い。 | Main | オリジンズのスクラブ洗顔料 »

2004.12.10

「レ・ミゼラブル コンサート」観劇 at 川崎

「レ・ミゼラブル コンサート」観劇
12月10日(金)PM1時開演 ミューザ川崎 シンフォニーホール
ジャン・バルジャン/別所哲也 ジャベール/阿部裕 エポニーヌ/新妻聖子
ファンティーヌ/井料瑠美 コゼット/剱持たまき マリウス/岡田浩暉
テナルディエ/三遊亭亜郎 テナルディエの妻/瀬戸内美八 アンジョルラス/小鈴まさ記

ミューザ川崎のシンフォニーホールは本格的なクラッシックホールで、音響が素晴らしかったです。

去年の夏の本公演で見た以来の別所バルジャンでした。サイゴンでは残念ながらエンジニアの別所さんを見ることが出来なかったのですけれど、今日のバルジャンは素晴らしかったです。歌唱力が大幅アップ!という感じで、コンサートなので演技は少ないのですけれど、表情など細かい部分が素敵でした。

そして夏のレミコンより良かったのが、井料ファンテ。死んで行く時の場面が凄く良くて、感動しました。夏は調子が悪かったのでしょうか。ビブラートがいつもだと気になる所なのですけれど、会場のせいもあるのか、今日はそれほど気になりませんでした。

阿部ジャベールは、このレミコンでの初めての挑戦だそうですが、雰囲気も良くジャベールはお似合いでした。が、少し存在感が薄いというか、歌はなかなか上手だとは思ったのですけれど、濃い~感じのジャベールが好きなので物足りなく思います。阿部さんはグランテールが好きだったなあ・・。

初見キャストと言えば、来年のレミゼにもアンジョでの出演が決まっている、小鈴さん、ビジュアル的になかなか素敵で、歌も良かったです。けれど、会場を圧倒するような歌唱力が、アンジョ役の人には持っていて欲しいので、そう言う意味では声量がもっと欲しいし、熱血さも欲しいあ。でも、これから本公演をこなしていくと、きっと声もどんどん出てくるようになるのでしょう。

岡田マリウスとのビジュアル的な雰囲気も、小鈴アンジョは素敵でした。お兄さん的な雰囲気が良いです。でも岡田マリウスが妙に熱血に見えてしまいました。(^^;)

岡田マリウス、手振り身振りも絶好調で(笑)ちょっと笑えちゃう所もありましたけれど、でもそこがまた好きだったりします。剣持コゼとの雰囲気、声の組合せが大好きです。剱持コゼ、ソプラノが気持ちよいほど伸びがあって艶やかで良いなあ・・。

ラストシーンのバルジャンの告白から昇天までで、素晴らしい作品だよなあ・・とウルウル。別所さん好きです。

ということで、今日のカーテンコールは別所さんが司会となって、最後の公演となった阿部さんのご挨拶があり、そして会場からのリクエストで岡田さんもご挨拶。「僕はまだこれからも続くんですけれど・・(今日で終わりでは無い、という意味)」と最初に言った岡田さん、キュートでした。(笑)

今回は女子大生の合唱団が100人ぐらい入りましたが、「ワン・デイ・モア」と「民衆の歌」に加わったぐらいでした。男声も入ったらもっと良かったと思います。

レミコンは来週の水曜日から、名古屋中日劇場で公演があります。全部で8公演、うち山口バルジャンや綜馬ジャベ、村井ジャベ、などもあって気になるところですけれど、レミゼの本舞台を来年春に見るのを楽しみにしておきたいと思います。

|
|

« 自分自身の中にしか答えは無い。 | Main | オリジンズのスクラブ洗顔料 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/2232920

Listed below are links to weblogs that reference 「レ・ミゼラブル コンサート」観劇 at 川崎:

« 自分自身の中にしか答えは無い。 | Main | オリジンズのスクラブ洗顔料 »