« December 24, 2004 | Main | December 26, 2004 »

December 25, 2004

2004.12.25

新しい視点に気づく

tchクリスマスです。

クリスマスイブの昨日、とても素敵な出会いがありました。紹介されて伺ったアロママッサージのサロン。セラピストの女性がとても素敵な方でした。

最近眠れない夜が続き体調もいまひとつだったのは夫との仲が上手く行っていないせい。ストレスがあって辛かったけれど、色々な話を沢山聞いて貰って、今苦しんでいることが、苦しんでいて当たり前のこと、と肯定してもらえ、その上で教えられる所がありました。

結婚していても離婚したとしても、まずは「1人で生きて行ける」という心構えを持つこと、これが大切なのです。厳格で子供に依存し、コントロールしようとする両親に育てられ、その両親の元から離れて今の夫と結婚して両親から自由になったことで嬉しかったけれど、実は夫からも大きな束縛を受けていて、それから逃れたくて外の世界に逃げていました。私の中では「離婚する」ことはひとかけらも考えられず、夏に夫とひと悶着あった時「離婚だ!」と叫ばれると怖くて恐怖でどうしようもなかったし、また今回、夫に対する不信に陥って「どうしよう、どう受け止めたらいいんだろう」とばかり考えて不安と心配の中から抜け出せずにいました。

でも、たまたま今発売中の「AERA」で「おこちゃま夫」に関しての記事を読み、「世の中には同じような事に悩んでいる人も沢山いるってことじゃない」と思えたし、いざとなったら離婚する、という道だってあるんだ!と思ったら気が楽になってきたのでした。

両親からも夫からも大きく依存されていたし、私自身も依存していた。でもまずは自分は1人でも生きて行けると信じる。今あるものが全て壊れたとしても、なんとか生きて行けるはず。何度でも何回でもやり直しは出来るんだ。そういう信念をしっかり持つ、この視点が抜け落ちていたのです。

全て壊せば新しい世界が開ける。全て壊す必要もないかもしれないけれど失う物があればまた新しい物が手に入る。変化することは誰でも1番怖いこと。でも「離婚」だって、流れに身を任せていてそうなる時はなってしまう。今具体的に「離婚」という事にならないのは、その時期では無いだけ。大きな問題がやってきて流れが来たら、その中にもぐりこむしか無い。避けて通ったとしても必ずどこかでまた大きな問題はやってくる。とにかく進んで行くしか無い。

この1年ほど、精神世界系の本を読み、多くのことに気づかされてから起こった心の変化。結果的に夫を傷つけてしまったこともあったけれど、でもそれは仕方なかった部分も多くて。そうせずにはいられなかった、という所もあって。だから今起こっている全ての状況を受け入れて、それをしっかり認めて進んで行きたい。

その女性は、35才の頃から「ありがとうございます」という言葉を必ず入れる「夢ノート」を書いていて、40歳の現在、8割がたその夢が叶っているとか。「夢ノート」は書いたことはあるけれど感謝の言葉も入れていなかったし、それにここ最近は「どうせ自分の人生は、両親や周りの人に振り回されるだけで終わるのだ」という諦めがあって、こうなりたいなあ・・という夢については見ないようにしてきたのでした。

昨日沢山話せて覚悟が出来ました。人に依存させないし、自分もしない。依存する人は人から依存されるのも好き、ということが何かに書いてあったけれど本当にそうなのです。

いつだって1人になったって生きて行ける。何よりしっかりした体力と気力を持っていることに感謝しないといけないね、と言われました。サロンを訪れる人の中には、重い病気を患っている方も多いとか。そんな人だって来年に希望を持って、良くなっていく、良い方向に流れて行く、という希望を失わずに生きている。

健康な体と心を持っていることに、心から感謝したいです。そして素晴らしい人にまた出会えたことに、感謝するクリスマスです。

アロマサロン ピュアマナ
http://www2.odn.ne.jp/puremana/

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 24, 2004 | Main | December 26, 2004 »