« December 9, 2004 | Main | December 11, 2004 »

December 10, 2004

2004.12.10

「レ・ミゼラブル コンサート」観劇 at 川崎

「レ・ミゼラブル コンサート」観劇
12月10日(金)PM1時開演 ミューザ川崎 シンフォニーホール
ジャン・バルジャン/別所哲也 ジャベール/阿部裕 エポニーヌ/新妻聖子
ファンティーヌ/井料瑠美 コゼット/剱持たまき マリウス/岡田浩暉
テナルディエ/三遊亭亜郎 テナルディエの妻/瀬戸内美八 アンジョルラス/小鈴まさ記

ミューザ川崎のシンフォニーホールは本格的なクラッシックホールで、音響が素晴らしかったです。

去年の夏の本公演で見た以来の別所バルジャンでした。サイゴンでは残念ながらエンジニアの別所さんを見ることが出来なかったのですけれど、今日のバルジャンは素晴らしかったです。歌唱力が大幅アップ!という感じで、コンサートなので演技は少ないのですけれど、表情など細かい部分が素敵でした。

そして夏のレミコンより良かったのが、井料ファンテ。死んで行く時の場面が凄く良くて、感動しました。夏は調子が悪かったのでしょうか。ビブラートがいつもだと気になる所なのですけれど、会場のせいもあるのか、今日はそれほど気になりませんでした。

阿部ジャベールは、このレミコンでの初めての挑戦だそうですが、雰囲気も良くジャベールはお似合いでした。が、少し存在感が薄いというか、歌はなかなか上手だとは思ったのですけれど、濃い~感じのジャベールが好きなので物足りなく思います。阿部さんはグランテールが好きだったなあ・・。

初見キャストと言えば、来年のレミゼにもアンジョでの出演が決まっている、小鈴さん、ビジュアル的になかなか素敵で、歌も良かったです。けれど、会場を圧倒するような歌唱力が、アンジョ役の人には持っていて欲しいので、そう言う意味では声量がもっと欲しいし、熱血さも欲しいあ。でも、これから本公演をこなしていくと、きっと声もどんどん出てくるようになるのでしょう。

岡田マリウスとのビジュアル的な雰囲気も、小鈴アンジョは素敵でした。お兄さん的な雰囲気が良いです。でも岡田マリウスが妙に熱血に見えてしまいました。(^^;)

岡田マリウス、手振り身振りも絶好調で(笑)ちょっと笑えちゃう所もありましたけれど、でもそこがまた好きだったりします。剣持コゼとの雰囲気、声の組合せが大好きです。剱持コゼ、ソプラノが気持ちよいほど伸びがあって艶やかで良いなあ・・。

ラストシーンのバルジャンの告白から昇天までで、素晴らしい作品だよなあ・・とウルウル。別所さん好きです。

ということで、今日のカーテンコールは別所さんが司会となって、最後の公演となった阿部さんのご挨拶があり、そして会場からのリクエストで岡田さんもご挨拶。「僕はまだこれからも続くんですけれど・・(今日で終わりでは無い、という意味)」と最初に言った岡田さん、キュートでした。(笑)

今回は女子大生の合唱団が100人ぐらい入りましたが、「ワン・デイ・モア」と「民衆の歌」に加わったぐらいでした。男声も入ったらもっと良かったと思います。

レミコンは来週の水曜日から、名古屋中日劇場で公演があります。全部で8公演、うち山口バルジャンや綜馬ジャベ、村井ジャベ、などもあって気になるところですけれど、レミゼの本舞台を来年春に見るのを楽しみにしておきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

自分自身の中にしか答えは無い。

今日のいいこと!
★レミゼコンサートの観劇で、沢山の友人と楽しい時間を過ごせたこと

最近はまず自分1人の時間を大切にしようと思っていて、友人と会う時間が少なく、だからこそ気の置けない友人達と時間を過ごせた事がとっても楽しかったです。長電話もメールもネットサーフィンも、生活に占める割合がとても低くなってきて、そういう意味でも削ぎ落とされた生活になってきているからこそ、大切に感じられました。

今日のレミコンはミューザ川崎シンフォニーホールでした。本格的なクラッシックホールのため、音響が素晴らしく、火曜日の立川公演以上に感動して何度も背筋がゾクゾクしました。

レミゼの音楽もお話も、数年前に初めて見た時より数倍も、心の奥底に響くようになりました。少し前に友人に借りて読んだ小学生向けの分厚い「レ・ミゼラブル」の本、これが物語を理解するのに本当に役立ち、舞台を見ただけでは判らない細かいお話、登場人物の心の動きなどが理解でき、より深く感動できるようになったのです。(「レ・ミゼラブル 上・下」福音館書店)
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.jsp?goods_id=914

今日の公演はまた、心に深く染み入りました。素晴らしい音楽の力、人間の声の力、観客の集中力と、まさに会場全体が一体になっている感覚が体感出来たのです。(詳しくは別立てで記事にするつもりですが)

ジャン・バルジャンがパン1つ盗んだ罪を背負い、逃げながら、一生涯をかけて求めていたこと、人間はなぜ暗い道に嵌まりそうになりながらも、自分をふるい立たせて光を求めて神を求めて生きていくのか。答えはそれぞれの自分の中にしか無い、とつくづく感じてしまったのです。

ここ最近、どう受け止めて良いか判らない大きな課題を持っていて、それに関して色々に考えたり、親しい人に意見を求め、相談したりしているのですが、結局のところ答えは自分の中にしか無いのだ、答えは自分の心が知っているはずなのだからそれを発見していくしか方法は無いのだ、という心境に陥っています。相談にのって貰ったり話を聞いてもらえる友人がいること、これは凄く宝物のように嬉しい事だけれど、でも答えは自分しか知らない。自分が苦しみながら求めていくしか解決しない、自分の人生は自分しか責任を負うことは出来ないのだ、そんなことを感じています。

そう思いながら、でも、くだらない事で大笑いし、しゃべって飲んで食べて、楽しいひと時を過ごせる友人がいる嬉しさ。一緒にいるだけで自分の良い部分、相手の良い部分だけをお互いに共鳴しあっていける、素晴らしさ。人とのそんな関係を、もっともっと大切にして豊かに育てて行けたらいいなと思いました。

人は1人では生きられなくて、人と人は支え合っているけれど、でも依存して人に自分の人生を他人に判断して生きてもらうことは到底出来ない。自分自身が光を求め、心を白く透明に純度の高いものにしていかなければ、人の役にも立てず、真の幸せは感じられないのだと思います。

友達の笑顔や何気ない言葉や表情に、暖かい気持ちや信頼を感じとれる事、そういう友達を持てている事に感謝して生きていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 9, 2004 | Main | December 11, 2004 »