« 香りのないハンドクリーム2種 | Main | 愚痴を言ってしまったけれど・・ »

2004.11.11

相談事をされるのは苦手でしたが・・

今日のいいこと!

★最近ほんの少しづつだけれど、相談ごとをしてきてくれた友人を
 励ましたり出来るようになってきたこと。

昔から、相談事をされるのは苦手でした。「それはこうあるべきじゃないか?」という自分の考え方の披露に終始したり、断定したりする以外に何を言って良いか解らなかった。でも人の考え方ってそう簡単に変わるものじゃない。人にアドバイスされ、それを100%受け入れて「その通り」と思うなんて、自分に置き換えたらありえない。相談の話が、何となくすっきりしないまま終わる事もあって、一体何が悪いんだろう?・・と思っていました。

子供の頃から、男の子にも女の子にも先生にも、好きな人は多かったです。好きだなあ・・魅力的だなあ・・・友達になりたいなあ、といつも周りの友人に対して思っていました。そして情熱的なので、大抵自分から進んで「友達になろう」と態度に表して付き合ったり、ラブレターもどきのものを書いて文通してみたり。基本的に「人」が大好き。いいなあ、素敵だなあと思うとそれを相手に伝えたくなる。猪突猛進で片思いして砕け散る事もたびたび。

でも、、好きな友達に好かれたい!と思っても上手くいかないこともあって。そんな時、どうして良いか解らなくて、物に頼ってプレゼント攻撃してみたりするけれど、私に足りないものは何だろう?と思っていました。

そして今、すこしづつ学びつつあります。人は相談する時「意見を聞きたい」という側面もあるけれど「励まされたい」「今の自分を肯定されたい」気持ちも大きいです。夏にひどく落ち込んで辛かった時、心に寄り添うように暖かく励ましてくれた友人の言葉が、胸にしみました。だから、11月8日の記事に書いたように「相手の気持ちを繊細に感じ取ること」がいかに大切なことで、「相手の気持ちを尊重し、批判、非難はしない。」「相手がどんなに辛い気持ちでいるかを一生懸命理解しようとする」ことが1番大切なんだなとやっとはっきり気づきました。

今日、本社の仲の良い同僚から、お局さまとの関係が最悪のものになってしまって大変だ、という話を聞かされたとき、今までの私だったら「それはこうしたほうがいいんじゃないか」とか提案する事が多かったけれど、今日は「○○さん(お局さま)は本当に誰が見ても難しい大変な人だから、人と合わせるのが上手なTさん(同僚)が、大変だってことは、他にあの人と上手くやっていける人なんて、多分いないんじゃないかな。Tさんは本当に一生懸命やっているし、それより上手くやれる人はいないと思う。だから上手に気分転換を図って、なんとか頑張って下さいね」と言ってあげることが出来ました。

人はみな、その心の中に素直で暖かくて優しい部分を、絶対持っているはずなのです。だから、その場所をじっと見て、十分に引き出してあげられたらいいなあ。落ち込んでいる時は暖かく励ましてあげたい、と思います。

関連記事
相手の気持ちを繊細に感じ取る態度を育てる(シュタイナーの本より)
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2004/11/post_7.html

|
|

« 香りのないハンドクリーム2種 | Main | 愚痴を言ってしまったけれど・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/1934948

Listed below are links to weblogs that reference 相談事をされるのは苦手でしたが・・:

« 香りのないハンドクリーム2種 | Main | 愚痴を言ってしまったけれど・・ »