« November 23, 2004 | Main | November 27, 2004 »

November 25, 2004

2004.11.25

横森理香「地味めしダイエット2」


jimi

横森理香さんの新刊「地味めしダイエット2」を読みました。「ダイエット」と銘打っていますけれど、「ダイエット」に興味の無い人にとっても、「体に良い食生活で綺麗になる」ことに興味があれば、大いに参考になる本です。いわゆる玄米菜食の勧め、なのですが、前回出版された「地味めしダイエット」よりも随分とゆるやかな雰囲気です。

私が「地味めしダイエット」を最初に手にとった時、それは「乳がん」の疑いを持った時期でして、高カロリーの物、乳製品大好き、の食生活を見直そうとしていました。チョコレートは年に1回のお楽しみにとっておく、とか、厳しいなあ、、って感じでしたけれど、今回の「2」は、そうは言っても頂き物のお菓子は1つは頂いてみる、とか、ゆるやか~な感じ。簡単レシピもカラー写真付で沢山載っています。

マクロビオテックを少し勉強して、今は私も冷蔵庫にバターやチーズを常備しない生活をしていますけれど、でも、たまには食べたくなるし、何よりも好きな人と好きな物を食べる、という時間を大切にするためには「○○は食べない主義だから」と言って、その場の雰囲気を壊すことをしたくない、という気持ちはよくわかります。だから、この「地味めしダイエット2」には大いに共感しました。

「らでぃっしゅぼーや」がどれだけ便利か、何が美味しいかのオススメリストも書かれているので、らでぃっしゅ愛用者には嬉しい本です。そして、やっぱり、ヨガやピラティス、ベリーダンスのススメも載ってて、横森節炸裂~♪な雰囲気です。

また、後半の「ココロの地味めしダイエット」には「他人と自分、他人と他人を比べない」とか、心の持ち方の話があったりします。ちょうど「お母さんを選ぶ赤ちゃん」の本の話から「子供がどんなお母さんでも大好きなのは、自分が選んで生まれてきたから」という件に、「そうなんだよなあ・・どれだけ母親のことを、ああだ、こうだ、と引いて眺めてみても、結局私は母のことが大好きなんだよなあ・・」としみじみ思えてしまったりしました。

*********************
フツーの生活を、俗にまみれてするのが、この地球で「幸せ」を感じるには得策だ、という結論に達したのです。だから私は、基本的にはオーガニックの野菜多めですが、今は何でも食べ、フツーに生活しているのです。(P201)

スピリチュアリティに目覚めるのは大切だけれど、そこにばかり走ると「現実の幸せ」というのを味わえなくなりがちです。何事もバランスが大切で、そのバランスというのは、人間を構成している●BODY(肉体)●MIND(心・精神・考え方)●SOUL(魂=スピリット)この3つに分散されるのが理想形です。(P202)
**********************

ネガティブな感情をできるだけ減らして、優しさや思いやりで日々を過ごすように努力する。心を磨いてオーラ美人になろう!という結論には「そうだそうだっ!そのおとりっ!」と強くうなずいたのでありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« November 23, 2004 | Main | November 27, 2004 »