« November 19, 2004 | Main | November 22, 2004 »

November 20, 2004

2004.11.20

さつまいものお菓子

satuma.jpg
沢山届いてしまった「さつまいも」を消費するために、お菓子を作りました。蒸かして裏ごしして、クリームチーズとシナモンとグラニュー糖と牛乳を少し混ぜ、茶巾絞りに。ねっとりした感じで美味しかったです。新聞に出ていたレシピは、バターを混ぜて作るものでしたが賞味期限の近いクリームチーズがあったので、チーズケーキにしてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

石田衣良さんのエッセイから・・

作家の石田衣良さんが好きです。でも、作家の方なのに著作は一冊も読んだ事が無くて、じゃあなぜ好きなのか?と言いますと・・ビジュアル・・という訳ではありません。(笑)新聞でコラムやエッセイを読むたびに「この人の感受性や考え方って、私の持っている物と凄く似ている!」と思えるからなのです。何年も前からそんな風に感じていて、だからこそ、著作を読むのがためらわれています。著作を読んで「嫌い」になったらやだな~とか。(笑)

小さいお子さんをお持ちのせいか、子育て関連のNHKテレビのトーク番組に出演されていたりします。そのテレビ番組では「親は一般論としての価値観で子供と話すのではなく、自分の価値観を話すべき」とおっしゃっていたのが印象的でした。そしてまた、11月18日の日経夕刊のエッセイも「こどもの運命」という親子問題に関するものでした。

「子供たちは自分自身の運命をもって生まれてくる」
「ぼくが日本中の父親母親にいえることがあるとすれば、ひとつだけだ。なるべく子どもたちがもっている運命の邪魔をしないでほしい。自分の果たせなかった夢を押しつけたり、愛情という名のもとで息もできないくらいに子どもを縛りつけるのはやめてほしい。子どもたちは、自分が好きになる対象を勝手に選ぶだろう。その情熱の深さも才能のひとつである。選んだ道の果てに、なにが待つか予測不可能だけれど、親にできることなど、はらはらしながら見守るだけでしかない。子どもの人生の主役は子ども自身で、親は脇役なのだ。まあ、のんびりいきましょう。全国のおとうさん、おかあさん。」(11月18日木曜 日経夕刊より抜粋)

子持ちじゃないので、自分を子どもの立場に感情移入し読みました。同世代の大半は、親の立場で悩んでいたりするわけです。でもまあ、親として悩むと言うことは、同時に自分が育てられた環境に思いを馳せるという側面もあるだろうし、親子の問題というのは永遠のテーマに違いありません。

「愛情という名のもとに縛りつける」というくだりに、グサリと来てしまいました。「私たちはお前(達)を本当に大事に思っている。いつもお前(達)のことを1番に考えて生きてきた。」と言われ続け、「だから、それなら、私は何をどうしたらいいの?両親の為に生きて行くことしか出来ないの?」という気持ちになっていました。

数日前、年上の小学生の2人の子供を持つ友人と話した時「親は子供が幸せなら、幸せなんだから」と言われて「そうなんだよな、いつもいつも親の言いなりになっていることが、果たして本当に親子とって幸せなのかは解らないし、自分が元気に幸せに暮らしていくのが1番大切な事なんだ」と思ったのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« November 19, 2004 | Main | November 22, 2004 »