« October 18, 2004 | Main | October 20, 2004 »

October 19, 2004

2004.10.19

日経記事「夢『ゲット本』若い女性飛びつく」について思ったこと

10月14日の日経新聞夕刊に興味深い記事がありました。
「夢『ゲット本』若い女性飛びつく」と題され、"書店の一角に20代~30代女性が集まる一角があり、夢をかなえるという言葉が表紙に並び、前向きな生き方を指南する・・・「ストレス過多」「周囲にお手本が少ない」という現代女性を取り巻く環境が垣間見える"という記事です。

紹介されている本は、発行部数の多い順に・・()内、単位万部
「グッドラック」ポプラ社(110)
「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」幻冬舎(60)
「あなたが変わる愛されてお金持ちになる魔法の言葉」全日出版(30)
「あなたは絶対!運がいい」グラフ社(20)
「夢をかなえる人の手帳術」ディスカバー・トゥエンティワン(8)

記事の内容は、「読者はとにかく疲れている」「従来は癒しを求めた。今は夢に向け、背中を押してもらいたがっている」「核家族化が進み、生き方のルールを教える人に恵まれなくなった」とあり、“結婚=幸せを目指した母親世代や、キャリア形成に努めた30代後半から40代に比べ、『その下の20~30代は努力が報われないとの思いが強く、目標もはっきり設定できない』電通消費者研究センターの四元正弘氏はこう分析する。不安を抱く中で人生の指針を本に求める人が増えたが、これは占い本にすがる姿勢に通じるとも指摘する。東京心理相談センターの生月誠所長は、『失敗ばかり気になる人ほどストレスがたまる。ゲット本は前向き思考に変えるきっかけにはなる』と語るが『科学的根拠がない本もある』と注意を促す。”としめくくられています。

「グッドラック」「キッパリ!」は立ち読みしたし、帆帆子さんの本は大好きだし・・本に頼っている私のような人のことを言っているでしょう。新聞記事だから、分析はさすが!です。生き方のルールを教えてくれる人に恵まれているとは言えません。でも、果たして「若い女性だから」「核家族化で生き方のルールを教える人がいない」から、私はずっと不安で落ち着かない気持でいたのでしょうか??

確かに、男性より女性の方が時代に対する感覚は優れていると思うし、未知の物、新しい物に対して、抵抗無く受け入れやすい傾向はあると思いますが、でも「若い女性」に限った話では無いと思います。バブル崩壊後物質主義の価値観が崩れて行く中で、「生きていく」ということをどう捉えて良いか解らなくて悩み苦しんでいる人は、中年男性にだって、若い男性にだって、おばさま方にだって多いはず。特定の宗教に属す人の比率が低い日本人の中に、よりどころになる何かを求め、探り出している人が増えているのが現代なのではないでしょうか?

現に私は愛情溢れる、しかしある意味、物を沢山買い込むことが幸せに結びつく、と信じるような両親に育てられたけれど、やり場のない不安、というか心に満たされない物がある気持、はついて回りました。学生時代にキリスト教に触れ、この考え方で何かが変わるかもしれない?と思ったけれど、洗礼を受けるわけでも無く、それより哲学や倫理学に興味を持ち、今では精神世界系と呼ばれる本を読むようになりました。はっきり言って一歩間違えば周囲の「オウムのようにならないで・・」というような無言の圧力?を感じる事もあります。まあ「この子大丈夫かなあ・・」なんて心配してしまう友人にも会ったことがありますし。

でも、誰か1人を教祖のようにたてまつる宗教とは違うと思っています。本を読めば読むほど、知れば知るほど、共通する真理が見えてくるのです。この世の中で、人としていかに純粋に生きられるか、自分自身はもちろん、周囲までも納得するような良い人生を送れるのか。自分に起こる全てのことが自分を磨くためのことなのだ、と心から思えた時にそれは解ってきたような気がします。(まだまだ勉強中なのはもちろんですが)環境や周囲を恨んだり、不平を言っているうちは、気が付かなかったことです。自分独自の感覚で、間違ったもの、まがい物からは自分を遠ざけていられるか、信頼できるか出来ないか?を自分なりの評価基準にしっかりと照らし合わせ、受け入れられるだろうか?ダメだろうか?を分別しているつもりです。そしてそれは人に教えたり伝授してもらう事ではなくて、一人一人が模索して、直感として磨いて行かなければいけない感覚だとも思います。

自分の心がより透明で白に近ければ、悪いもの邪悪なものに付け入られる隙は無くなるはず。人間だから弱い部分ももちろんあって、ちょっとした隙に変だな?と思うこともあるかもしれない。でも、自分の中でこれは真実だ、人としてこう生きて行きたい、と確信が持てるようになるのなら、本に頼るのは悪い事ではないと思う。入り口は読みやすい本でも、そこから広がる世界は無限に広いのだから。

今まで生きてきて、特に立派な人だなあ、素晴らしい人間性を持っている方だ思う人が、何人かいて、悩んだ時、苦しんだ時は「その人だったらどうするだろう?どう言うだろう?どういう風に振舞うだろう?」と考えます。もちろん、そんなふうに完璧に素晴らしい、とは言い切れなくても、ああ、いつもニコニコと温かい笑顔を向けてくれる○○さんだったら、こんな時こう言う風に言ってくれるだろうな、とか、いつも冷静な△△さんだったらどう言うかな?とか、想像し真似してみたりするのです。そうすると、ある面に置いて凄いなあ、素晴らしいなあ、と思う人に、ほんの少しでも近づく気がします。自分を磨くということ、自分の人格を高めること、これが、夢を実現したり、幸せを感じられるきっかけになる、ということに繋がって行くのだと思うのです。

記事の最後「『科学的根拠がない本もある』と注意を促す。」と締めくくられているのが、妙に気になって熱く語ってしまいました。「科学的根拠」に基づいていない本は、信じてはいけない」とも読み取れ、違和感を覚えたからです。確かに「信じないほうが良い」ような本も巷にはあふれているし、気をつけないといけないとは思いますけれど・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

映画版「オペラ座の怪人」

「映画版「オペラ座の怪人」完成披露試写会  世界で8000万人が見たといわれるヒットミュージカルの映画版「オペラ座の怪人」(来年1月東宝洋画系で公開予定)の完成披露試写会が18日、都内で行われた。「キャッツ」「エビータ」などを手がけた英国の作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー氏やジョエル・シュマッカー監督も会場に駆けつけ、ウェバー氏は舞台あいさつで「永遠に残る映像にしたかった。映画としてもいい作品になった」と自信を見せていた。

nikkansports.com > 芸能TOP > 芸能ニュース

来年1月に公開予定の映画版「オペラ座の怪人」。今朝「めざましTV」で紹介されていました。豪華で見応えのありそうな雰囲気で、これは見に行かねば!と思います。舞台版を忠実に再現しつつ、映画版にしか無い場面もいくつかあるとか・・。

数年前に山口祐一郎さんのファンになってから、買い求めた劇団四季CDは、山口ファントム、石丸幹二ラウルでした。その後、市村正親ファントム、山口ラウル版も聞いてましたが、山口ファントムがとっても好きです。擦り切れる程?聞いていました。舞台も見たことありますが、山口さん退団後でした、残念!(笑)

ロイド・ウェバーの曲は大好きなので(「エビータ」とか)映画の公開が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« October 18, 2004 | Main | October 20, 2004 »