« July 2, 2004 | Main | July 4, 2004 »

July 3, 2004

2004.07.03

母と買い物!

今日のいいこと!
★母とデパートへ買い物に行って楽しく過ごしたこと
★リーディングの時にアドバイスされたアロマオイルを購入し気分が晴れ晴れしてきたこと

朝から夫が仕事に行ってしまったので、思いついて母に電話をし、日本橋のデパートまで買い物に行ってきました。セールも始まっているしたぶん何か書いたい物でもあるだろうな、と思って。母は私と似てデパートをブラブラするのが好きです。ショッピング大好き。今日はピンクのTシャツとグレーのシャツジャケットを見立ててあげました。もう高齢と言える年なので若作り、とも言るけれど、ウエストが少し絞られたシャツジャケットを、襟を立てて試着した母は、5つは若く見えました。しゃっきり見えてなんとなく嬉しかったなあ・・。

体調の悪さばかりを語る、父のネガティブな空気に触れたくなくて今日は母だけを誘い出しました。父も来たかったら来ていいよと一応言ってはおきましたが・・(^^;)ランチを食べながら母の愚痴を聞いてあげました。相変わらず、朝から晩まで「今日は血圧がどうだ」「気分がすぐれない」という話ばかりで憂鬱になるとか・・。3月に病気で入院した時に、父と同じように悪いほうに悪いほうに考えて口にする母に、帆帆子さんの本を2冊プレゼントしたり、江原さんの本を貸してあげたりしました。そのせいか、少し母は前より、ネガティブな言葉を口にしなくなって、話しやすくなった感じがします。やはり母と娘。感じる所は似ているのかもしれません。(^^;)

相変わらず、ネガティブな父がもどかしくて、会うと「もっとしっかりしてよ」と強く言ってしまう自分が嫌いです。今、パラパラと開いた「新しき流れの中へ」の中で目に留まった文章がありました。
**********************
肉体的感情的健康に加えて、健康のために大切なことは、生きる目的と生きる意志を持っているということと、ある程度、自分の選択をコントロールできるという気持ちです。(中略)私たちは自分自身に「この病気やけがの中にあるメッセージは何だろうか?何に注意を向ける必要があるのだろうか?」と問いかけ始めているのです。病気になったのは、お前が悪いからだとか、病気になったのは、霊性を欠いているからだ、などと言うのは良くないと、マイルズは忠告しています。病気が根深い無意識のプロセスやカルマから生じているとしても、その人が自分で病気の原因を作っているとその人に向かって言うことは、逆効果で愛に欠ける行為なのです。(P341)
**********************
血圧が高くて薬を飲んでいるので、体調が悪いのは本当のこととしても、いつもネガティブな父の言葉に嫌な影響を受けるし、医者や家族になんとかしてもらいたい、病気なんだから可哀想がってもらわないと困る、という気持ちが受け止め切れません。「何でもいいから気分の明るくなる事を考えたり、やったりしてみなよ」と怒ってしまうのは「愛に欠けている」という事になるんだろうな・・。なんとか自分自身を改善しないと・・(><)

6/28にリーディングを受けた時、今の家の方角などからその部屋にあったアロマオイルを教えてもらいました。トイレにはラベンダーの香り。北側のPCの置いてある部屋には、ベルガモット。寝室にはパルマローザ、などです。今日オイルを買ってきて、とりあえずトイレと北側の部屋に香りをしみこませた物を置いてみると、気持ちがすっきりして気分が穏やかになってきました。私にとっては「香り」はとても大切なアイテムなようです。同じように不眠に悩む母、体調と気分のすぐれない父の住む実家にも、何か良いアロマを香らせてあげられたら、と思いました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« July 2, 2004 | Main | July 4, 2004 »