« June 22, 2004 | Main | June 24, 2004 »

June 23, 2004

2004.06.23

笑顔を向けられて・・

今日のいいこと!

★優しい笑顔に出会って、凄く嬉しい気持ちになれたこと!

今日行った大学病院で・・と書くと、連日病院通いの毎日のようですね。(苦笑)4月に受けた人間ドックから病院とお友達の日々が続いていますが、深刻なものでは無いので、大丈夫!今日は、大学病院に行ってきました。

受付で応対してくれたのは今日からのアルバイトらしき学生さん。私の質問に対して誰に聞いたらいいかもとっさに判断出来ない状態で、ちょっと困ったなあ~と思ったけれど、側にいた指導係のベテランの50代位の女性が、彼女に指示を出し、フォローしつつ、「受付は済まされましたか?」と優しい笑顔を向けてくれました。学生さんの素早いとは言えない応対に、ちょっぴりイライラする気分が沸きあがってしまったけれど、その笑顔に出会ってすっかり吹き飛んでしまいました。

出口に向かって歩きだした私から視線をそらさずに「大丈夫?」と向け続けてくれた笑顔。深刻な病気で来ていたわけでも無いのに、特に心が弱っているわけでも無いはずなのに、心にじーんときて涙が出そうになってしまいました。

毎日顔をあわせる人では無くて、たった今この時に偶然出会い、ひとことふたこと言葉を交わした人の暖かい笑顔に、涙ぐみそうになるくらい嬉しい気持ちになることが、最近たびたびあるのです。すれ違ったらもう二度と会わないかもしれない人から、向けられた笑顔や言葉にひどく感動してしまうのです。その時、ひどく困った状況だったという訳でもありません。

今、毎日暮らしている中で、流れてくるニュースは、子供が子供を手にかけたり、親が子供を虐待したり、その反対だったり、信じたくないような悲しいものばかり。世の中どうにかなってしまっているのではないか?と考えることも日常的なこととなり、横森理香さんが本の中で言う「ニュース断食」をしてみたいとまで思えてしまうのです。ネガティブなニュースばかりを無意識のうちに立て続けに取り込み続けていると、悲しくて辛い気持ちで心が満たされてしまうから、ネガティブなニュースを遮断するための「断食」だそうなのですが。

人からの優しさにひどく敏感になっているのは、なぜでしょう?
ああ人間って、暖かいなあ、素敵な笑顔を受け取れて嬉しいなあ、私も同じような笑顔を返してあげたことが出来ただろうか?と考えます。

もしかしたら、笑顔を向けてくれたベテランの女性も、ある一面では暗く苦しく悩む時を過ごしているのかもしれない。イライラしたりネガティブになったり、悪い面も沢山持っているのかもしれない。でも今朝のあの一瞬、私はあの人の1番素晴らしい心を、愛に満ちた笑顔を、受け取ることが出来た。誰でもが必ず心の中に持っている、神様のような愛の部分に触れる事が出来た。その事に心が震えるほどの嬉しさを感じてしまいました。

心からの笑顔を、相手の目を見てちゃんと送れる人になりたいです。恥ずかしがり屋なんですけどね、私。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« June 22, 2004 | Main | June 24, 2004 »