« くこの実茶&にらのジョン | Main | エリザベート団体観劇2回目(山口トート) »

2004.05.02

ネガティブな気持ちに引きこまれない(実家で・・・)

今日のいいこと!
★実家に行って、おだやかな時間を過ごしたこと

少し前に、実家で父と激しく口論になってしまってから
実家に行くのが憂鬱でした。父のネガティブな言葉、気持ちに
イライラして嫌になって、父に「ダメだよそんなことでは」と
つい強く言ってしまって、空気が悪くなる。そんな自分が嫌なのです。
他にもどうして、こんなに気が重いのだろう?と考えてみたら
両親に依存されていること、「こうあって欲しい」と期待されていること
全てが重苦しく、疲れる・・という気持ちでした。

でも、考えてみたら私は友人に、好きな人に、今まで
過大な期待を抱いたり、「こうして欲しい」「こうあって欲しい」という
自分の気持ちをガンガン押し付ける事が多かったなあ・・
自分の気持ちをストレートに出すことって「長所」だと思っていたけれど
それは相手の負担になることもあるわけで。。。

恋愛でも友情でも失敗して、そう言うことは学んでいたはずなのですが
でも親子の関係を考えてみたら、私は親からそういう事を身を持って
まだまだ経験して学ばなくちゃいけないのかな、などと思いました。

実家に行く途中の電車の中でイメージトレーニングしてみました。
「父からネガティブな言葉や気持ちをぶつけられても
自分のポジティブな元気な気持ちを決して失わない。
父から何を言われても、私は満たされたまま。自分の中に起こる嫌な感情に振り回されない、
笑顔のある、揺ぎ無い存在でいよう」と・・こういうふうに考え、前に本で読んだ
自分の周りに綺麗な色のオーラで満ちた、卵の殻を作る・・・ことを
イメージしてみました。

実家に行ったら、まず最初に父が開口一番、「顔色が悪いな」という
言葉をぶつけてきました。確かにちょっと寝不足だったけれど
それをいきなり言うなんて・・とムッとしてしまったけれど
ここでこのネガティブな言葉に振り回されてはいけない!と思って
「そう?部屋が暗いせいじゃない?」と交わして
洗面所に逃げてみました。

その1番最初のやりとりが自信となって、父に対して普通に
腹を立てることなく、おだやかに話したり食事したりして過ごすことが出来ました。
母の愚痴も少なかったし。

親との関係からは逃げられない。逃げられないなら仕方がない。
自分なりに「人間として良い理想の自分」をしっかり持っている、と
イメージして、悪い意識に影響されないぞーー自分は良い意識だけを
周りに発するようにするぞーーと決意し、実行する自信を付けることが出来た、
良い一日でした!!

|
|

« くこの実茶&にらのジョン | Main | エリザベート団体観劇2回目(山口トート) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/527440

Listed below are links to weblogs that reference ネガティブな気持ちに引きこまれない(実家で・・・):

« くこの実茶&にらのジョン | Main | エリザベート団体観劇2回目(山口トート) »