« May 13, 2004 | Main | May 15, 2004 »

May 14, 2004

2004.05.14

井上芳雄コンサート

井上芳雄コンサート 2004「A New Life」
東京 アートスフィア(天王洲アイル) 1階C列上手にて

第一部はミュージカル仕立て。
「モーツァルト!」からの「星から降る金」の曲で
白系統の衣装で全身を統一し、幻想的な雰囲気で始まりました。
その後、ミスサイゴンから「Why Got Why?」キャッツの「Memory」
コーラスラインや、クレイジーフォーユー、オペラ座の怪人、
ジーザスクライストスーパースターから、など、沢山の有名な曲を歌い踊る井上君でした。

一部最後の「僕こそミュージック」を聞いて
ああ、ヴォルフがまた見たい~~と強く思ってしまいました!
初演、再演のエリザでは、山口トートに心を奪われていたので
ルドルフの井上君は「歌が上手いなあ~」くらいしか思わなかったんです(笑)
でも、モーツァルト!では、魅力をとても感じてしまったから
このモーツァルト!をまた井上君のヴォルフで見たいなと思いました。

二部は、歌謡曲からクラッシックまで色々な曲を歌ってくれました。
「恋のバカンス」は決まってた!ミラーボールも回ってたし(笑)

卒業公演で歌ったと言う「オペレッタ『学生王子』よりセレナーデ」。
伸びのある歌声と、表現力が「並みの男じゃない」(笑)
この曲の時だけでは無いけれど、井上君の歌を聞いていると
なにか天国で奏でられている音楽を聞いているような
自分の心の奥から、懐かしいものや美しいものが沢山思い出されて
震えるような感覚を覚えます。
もちろん井上君の歌だけじゃなくて、山口さんの歌や、その他
素晴らしい音楽、歌、美しいものは昔自分がいたのかもしれない
美しい場所を思い出してしまう・・そんな感覚に襲われて涙してしまいました。

芸大卒業証書を見せてくれて、飛び上がっていたり凄く可愛らしかったです。(笑)
ビリージョエルの「アップタウン・ガール」がかっこよかった!
既に、ミュージカル曲として使われている、ということを初めて知りました。
ブログラムには「ミュージカル MOVIN’OUTより」となっていますね。

少し声が変わってきたかなと思う部分もありました。
低音が響く感じ・・。少しづつまろやかな声に成長して行くんでしょう。

うるるんで行った「ウズペキスタン」の話もあり、寝ていてダニに凄く刺されたとか、
へなチョコの部分ばかりを放送されてしまったとか。
トークも天然で面白いのは、いつものことです。

この所、心と体がダウン気味だったのですが
これで一気に元気になれました。
やはり、心の栄養は、定期的に取っていないとダメですね・・
その栄養は、品質の高い、素晴らしいものでないといけないし。
久しぶりに質の良い眠りに入れそうです。
井上芳雄CD SOTTO/VOCE

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« May 13, 2004 | Main | May 15, 2004 »