« May 11, 2004 | Main | May 13, 2004 »

May 12, 2004

2004.05.12

女性より男性のほうが気弱?

今日のいいこと!
★お昼休みに退職したNさんが遊びに来て
 元気で楽しい昼休みを過ごせたこと!
★そろそろフットケアに行きたいなあ・・と思っていたら
 割引券を送ってきたこと!

胃がんで胃の全て取ってしまったNさん。
手術は2年前の夏でした。退院して会社に出てきたとき
「悪い所は全て取ってしまったのだから、あとは元気に頑張ろう!」
と前向きな心を持っていた、Nさん。本当に尊敬しています。
今はお芝居やコンサートに積極的に足を運んで楽しく過ごしている様子。
「本当に○さん(私のこと)は凄いねえ・・山口さんも井上君も
○さんが目をつけていただけあって、今もう大人気だね」なんて言われてしまいました。(^^;)(笑)

数ヶ月前に、直属の上司(男性)も大腸がんで入院し、肝臓の一部や
その他も摘出して1ヶ月ほど前に職場復帰しました。
その上司はSさん、というのですが、Nさんの時に比べると
随分落ち込んだままで、顔色もあまり良くないし覇気が無くて
やはり辛いのかなあ・・と心配になってしまいます。

そんな話を今日、昼休みに皆でしていたら
やはり、男性と女性では、女性の方が元気で前向きに頑張ろうという
気持ちを持ちやすいのではないか、という話になりました。

1つ年上のYさんは、病院を胃カメラの検査で1人で訪れた時、
同じ検査をする年配の男性が奥さんと子供と一緒に来ていて
この世の終わりのような悲壮感を漂わせていて、
その検査がそれほど大変なことなのか・・と怖くなってしまったという話もしていました。

ちょうど数日前、私の父も、
1年以上前から受けなければいけないと言われていた大腸検査を、
季節の良い5月に・・と言うことで都内の病院に予約したのですが、
近所の主治医に相談したら「後々の事を考えたら近所の医者で受けたほうが良いかもしれない」と言われ、
予約していた検査をキャンセルしたと嬉しそうに(苦笑)電話してきました。
父は、都内の名医と言われる医者のいる病院で検査を受けると決心して
1週間前に予約し、私か妹に付き添って欲しいと言ってきていたのですが
上のような理由で、検査を延ばしほっとした口ぶりでした。
検査が本当に嫌なんだなあ・・・と苦笑いです。(^^;)

70を超えた年齢だし、それほど嫌ならもう受けなくてもいいかもしれないとは
思うのですが、去年盲腸で入院した時、手術前にベットの上で恐怖にかられていた
父の姿を思い出すと、女性より男性の方が概して、病気に対して気が弱くなって
しまうのかもしれない・・・と思いました。(^^;)

父の検査はともかく、上司のSさんのことは本当に心配です。
実はちょうど、見て貰わなくてはいけない仕事があり
それは毎回「自分の得意分野では無く、理解し難いためか、Sさんが部下の私に理不尽な物言いをする」
という仕事です。
なるべく明るい笑顔で「また期限が来ているので、見ておいて下さい」と
チェックしてもらうべき仕事を持って行ったのですが
苦虫をつぶしたような顔で「他の部署にはリストは配ったの?」と言われ
「まだS部長の所だけです、最初にチェックして下さい」とお願いしました。

銀行の海外畑で活躍してきたS部長にとって
今の不動産会社の総務部長という肩書きは、自分の得意分野からはずれていて
理解しがたく、厳しい仕事ばかりなのかもしれません。
私のような下っ端の、仕事の深い内容を知らない身分の者が想像することですが、
得意分野でないことをしなくてはならない、というストレスが
大きな病気を引き起こした要因の1つになっているのかも
しれないなあ、と思うのです。

どうかS部長が、仕事に対して、毎日の生活に対して
少しでもより良い方法を見つけて、明るい気持ちで仕事が出来ますように、
病気が再発することの無いよう、前向きな気持ちで日々過ごせるように
なりますように、と強く思います。
私に出来ること、、、それは何だろう?と考えながら
その仕事内容を判るように、理解してもらえるように上手く説明し、
上司と上手に仕事を進めていけたらいいなと思います。

今日の日記はちょっとまとまりが無い内容になってしまいました。(^^;)

仕事で出会う人も、自分を成長させてくれる人なのだと思って
S部長のとの仕事も、きちんと考えていきたいです。
会社の中の人が、少しでも幸せを感じながら過ごせるように
自分自身が出来ることをしたいなと思ったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 11, 2004 | Main | May 13, 2004 »