« お財布を忘れてしまったけれど・・ | Main | 会社の人間関係の改善 »

2004.04.15

色々繋がって不思議なことが

今日のいいこと!

★朝の通勤電車の中で続きを読んでいた本で猛烈に感動してしまったこと。
★今日、会いたいなと思っていた友達に待ち合わせもせず偶然会えたこと、それも3人に!(笑)
★映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」の試写会に行ってきたこと

こうやって並べると、本当に一瞬一瞬が充実していた一日です。
仕事もまじめにやったし、今やりたいことにも取り組んでいる・・し。
朝の通勤電車で席が開かなかったので本に集中しました。
おとといから読んでいる「田口ランディの人生相談、神様はいますか?」です。
今日は田口さんが小説を書くに至った経過、そして最初の3部作は
「喪失した家族を探す物語」だったということ。
実の兄を自殺で失い、その直後に自分に子供が産まれ、
その子供の顔を見てから実の母を亡くし、今肉親は父だけだと言う。
その父に「喪失した家族を探す物語」を読んで貰った時の文章に
涙してしまった。酒乱だった父のことを沢山書いてしまったから
激怒されると思っていたのに「ありがとう、お兄ちゃんも喜んでいると思うぞ」
と言われた・・というくだりである。
心臓がつぶれるかと思った、としたこの瞬間の筆者の気持ちが
なぜかひどく胸に迫って、涙が出てしまいました。

仕事の後、試写会まで時間があったので帝劇まで散歩に・・(笑)
そしたら今日、会って話したいと思っていた友人に全て会えた!
「会いたい」とは思っていたけれど「会えなかったら困る」とは
思っていなくて「会えたらいいな・・楽しいだろうな・・」と
思っていた人たちだったので、本当に嬉しかった!

そして試写会。先日一緒にエリザを見た友人が誘ってくれたのです。
映画の内容は純愛そのもの、という感じで素敵だったけれど
見ているうちに、「ああ、今私がこれを見ている理由が何かあるのかも
しれない・・」と思うほどに、「生と死」に対して考えさせられる映画でした。
初恋の相手の「死」とその喪失感、そして今を生きるとうこと。
これこそがこの映画の主題だったのです。
なんか不思議だなあ・・自分で「行きたい」と選んだ映画ではなく
「誘って貰ったし、興味も持てたので」足を運んだ映画だったのですが。
なんだか繋がってるなあ・・なんて思いながら見ていたら、また不思議なことが・・。
朝読んでいた本の中に「アイヌ、も、アボリジニ、は人間と言う意味」と
言う文章があり、アイヌはともかくアボリジニってどこの国の
先住民族だったっけなあ・・オースラリアだったっけなあ・・なんて
考えていていたら、映画の中でまさしく、オーストラリアのウルルという
場所に主人公2人が訪れ、アボリジニの民族の「生と死」の考え方を
聞かされる・・という場面があったのです。
「田口ランディの人生相談 神様はいますか?」 マガジンハウス

なんだか不思議だなあ、とか、嬉しいなあ、とか色々感じた一日でした。

|
|

« お財布を忘れてしまったけれど・・ | Main | 会社の人間関係の改善 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/446823

Listed below are links to weblogs that reference 色々繋がって不思議なことが:

« お財布を忘れてしまったけれど・・ | Main | 会社の人間関係の改善 »