« 「癒す心、治る力」アンドルー・ワイル | Main | Amazonのマーケットプレイス »

2004.04.20

話したかった人から電話をもらった!

今日のいいこと!

★おしゃべりしたいなあ・・・と思っていた人から
 何年かぶりで電話がかかってきて話せたこと!
★図書館に寄って読んだ雑誌の中に、今の自分の行動が間違っていないという
 答えを発見したこと。

何年も前に知り合いになって、最近話したい人がいました。
BOWIEファン繋がりの人なのですが、活動を色々されている方なので
今回の来日の時には電話をせずにいました。
でも、きっと色々面白い裏話があるんだろうな~と思って
話したいなあ・・でも、お忙しいだろうし、なんて思って
過ごしていたら、今日、電話をもらったのです!!
やっぱりBOWIEの来日の時は大忙しで、でも年賀状を見ていたら
私からの物があったので、電話してみたと言ってくれました。
そしてなかなか興味深い来日裏話を聞かせて頂けた!(笑)
とってもとっても嬉しかったです!

新聞のバックナンバーと、AERAのバックナンバーが読みたくて
図書館に寄りました。お目当てのAERAは無くて
(小さい図書館だったので)まあ、またどこかで探そうと思って
ふと目に付いた今週号の「婦人公論」のスピリチュアル人生相談を
立ち読みしました。江原啓之さんのこのコーナーは
私ぐらいの年代の女性にはちょうど良い相談事が載っているので
よくチェックしています。

今回の相談事は「義理の両親から同居するか、または経済的援助を
して欲しいと言われているが子供も生まれたばかりで、義理の両親と
対するのがちょっと苦手意識があり、どうしたらいいか」という内容でした。
江原さんの回答は、自分の生活の中で出来る範囲で経済的援助をしてあげること
同居するにしても、まだもう少し様子を見てどうしても2人が困っているようだったら将来的にする方向を考えること、
そして「いつかは一緒に住みますから」とその予定を口にしておくこと。
どんなに苦手でも、今は出来るだけ両親の元を訪ねて寂しさを紛らわせてあげること、などの回答でした。
そして義理の両親に当たる人に向けてのメッセージとしては
なるべく若いうちから、子供が訪ねてくるだけが楽しみになるような老人には
ならないようにして下さい、とありました。(苦笑)

私の場合は、実の両親なわけです。でも、近くに住んで欲しいとか
もっとこうして欲しいという期待・依存、が大きすぎて悩んでいました。
すぐに近くに住むわけには行かないから、なるべく訪ねたり電話したり
出来る範囲で「両親のことを忘れてはいないよ」という意思表示をしていこう
という、私のやり方は間違っていなかったかな、と思えました。

おとといの日記、今読み返してみて、だいぶ感情的だったなあと思います。(^^;)
父親に「ネガティブな思考をやめないと幸せは感じられない」と言うことを
強制するような感じになっています。
本心はそう考えていますけれど(苦笑)でも、娘のお説教をハイハイと
聞くような素直な父だったら、こんな問題児では無かったと思うのでした。(^^;)
だから、やっぱり、父に強く言ったことは良くなかったことかと思います。
感情に振り回されていたのは私自身です。
もっともっと成長していきたいと思いました。

|
|

« 「癒す心、治る力」アンドルー・ワイル | Main | Amazonのマーケットプレイス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/484039

Listed below are links to weblogs that reference 話したかった人から電話をもらった!:

« 「癒す心、治る力」アンドルー・ワイル | Main | Amazonのマーケットプレイス »