« 小さい変化を感じ取る | Main | 神代植物園 »

2004.04.10

エリザベート観劇(山口トート)

帝国劇場 ソワレ観劇(1階O列下手サイド S席)
エリザベート:一路真輝 トート:山口祐一郎 フランツ:鈴木綜馬
ルドルフ:浦井健治 エルマー:藤本隆宏 少年ルドルフ:苫篠和馬

今日の閣下は、クールで冷たい表情が多かったです。
今まで優しい笑顔の雰囲気が多かったので、ちょっと意外な感じ。
それもまた良いのですが・・。
少年ルドルフとのシーンでも、にっこりしながら笑顔で
剣でツンツンと刺すような感じだったのですけど、今日は余り
笑っていなかったです。
この剣を持つ山口さんの白くて長い指、とっても素敵です。

「私が踊る時」を歌う前に、馬車から降りるのですが
その降りる前に、ぱっと上着を脱ぎ捨てて、背筋がピンと伸びてる所
とっても好き。(*^^*)そしてちょっと拍子とるような仕草で
手と頭をメロディーと一緒に動かして歌う「お~ど~るなら~」の部分
大好きなんですよねえ・・賛否両論ある仕草だとは思うのですが。(苦笑)
まろやか~な声がまたまた私の心を溶かしたのでした。

今日はUC貸切公演ということで、カーテンコールの時
山口さんは両手を挙げてそのままU~C~に持っていき
会場を沸かせていました。
男性の声で「ゆーいちろーー」コールもあったりで
盛り上がっていました。
カーテンコールの雰囲気はキャスト皆が和気あいあいで和んでしまいました~

|

« 小さい変化を感じ取る | Main | 神代植物園 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エリザベート観劇(山口トート):

« 小さい変化を感じ取る | Main | 神代植物園 »