« May 24, 2003 | Main | May 26, 2003 »

May 25, 2003

2003.05.25

幼い頃を思い出して・・

今日の ♪いいこと♪ は・・
●自分の幼少時代のことを思い出せたこと と、
●吉祥寺のバス停で100円拾ったこと!(笑) 

今日は妹の旦那さまの、バイオリンの発表会を見に、某区民ホールに行ってまいりました。
ピアノとバイオリン、両方の発表会だったのですが
幼稚園生から社会人、おじいちゃままで、幅広い年齢層のお弟子さんの演奏を見せてもらいました。

妹は、旦那さまのバイオリンに合わせて、ピアノ伴奏をしていて
うーん、なんだか絵になる夫婦だわ~と感心感心。
ピアノ、私もまたやってみたいなあ、と思うのですが、
狭い社宅住まいで、置くところが無いので、残念ながら今のところ実現出来ません。

発表会の最初からずーっと聞いていて、もう懐かしい曲が一杯!
ブルグミュラーの「アラベスク」「貴婦人の乗馬」
エルメンライヒの「人形の夢とめざめ」クレメンティの「ソナチネ」に
シューベルトの「即興曲」と言ったら、私も発表会で弾いた~!と、胸が踊ってしまいました。
「人形の夢とめざめ」なんて、楽譜にお人形の絵が付いていたことまで、思い出しちゃった・・(笑)

小さい曲ばかり、本当に練習曲、なのだろうけれど、ステキな曲ばかりですね。
自分が練習していた頃は、気付かなかったけれど、
こうして改めて聞いてみると、メロディもハーモニーも美しい曲ばかりでした。

一緒に行った母親の隣で見ていて、自分がピアノの発表会で、どんなお洋服を着せてもらったか、
どんな風にドキドキしていたかを、まざまざと思い出してしまいました。
妹とお揃いのワンピース、髪にはお揃いのリボン。
厳しい先生についていたので、ピアノのレッスンは余り好きじゃなかったのですが、
発表会に来てもらったお友達に、可愛いファンシーグッズのプレゼントなどをもらってしまって、
ドキドキわくわく、楽しい1日だったなあ・・。
そう、私たち姉妹は、両親から人並み以上に大切に育ててもらっていたんだなと
当たり前の事だけれど、また改めて気付くことが出来ました。
母親の付き添いで足を運んだ発表会だったけれど、収穫あり・・かな?帰り道で100円拾ったし。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 24, 2003 | Main | May 26, 2003 »